独立する前にマンションを買うべき、これだけの理由

会社員でいることの優位性を活かし、サラリーマン・OLなどの賃貸マンション経営参入が増えています。会社員であることで安定した収入があること、これが借入返済、空室時などの対応への信頼に繋がり、ローン借入れ

築30年以上のマンションは、お買い得?

日々、新築マンションが建てられるものの、その立地はマンションブームの頃に厳選された立地と比べれば見劣りする場所となり、今後マンションが増えれば増えるほど立地条件は落ちることが予測されています。

民泊ビジネスブーム到来と共に増えるマンションリフォーム

一般の住宅を旅行者に貸し出す民泊ビジネスが2018年1月に全国で解禁予定となっています。解禁に伴い民泊管理を行う専門業者は、近隣トラブルの対策におけるルール作りに試行錯誤している状態です。管理会社が民

賃貸マンション経営を始める前に知っておきたい確定申告の基礎知識

賃貸マンション経営を始めるなら、所得が発生するのですから確定申告は必要不可欠です。個人経営者などの事業主でなく、サラリーマンなどの副業であっても給与以外に年間20万円以上の所得があるなら、確定申告が必

公務員は、賃貸マンション経営を副業に選べるのか?

副業に専念することで、本業を疎かにする危険性があることから副業を禁止する民間企業は多いです。では公務員による副業はどうか考えたことはありませんか? 国家公務員(私企業からの隔離) 国家公務員は、営

マンションの大規模修繕、費用を抑え効果を高めるための方法

マンションの入居率を維持するためには、入居者から見て「住んでみたい」と考えさせることが大切です。住んでみたいと考えさせる要因の一つには美しい外観も一つの要素です。しかし、屋根や外壁は常に寒暖の気温差、

変化するマンションオーナーのビジネス手段

マンションの空室増加・家賃相場お低下に伴い、十分な収益を確保できなくなったオーナー達の対策として、賃貸マンション経営からのビジネス変更という人も少なくありません。 民泊ビジネスには、2種類の経営

マンションの空室を利用した民泊ビジネスの「ウリ」

不動産ビジネスとして新たな展開を見せている民泊事業も、顧客が他にないからという気持ちで宿泊先に選ばれる程度では、観光シーズン以外の客は期待することができません。ビジネスとして成功させるためには顧客に「

収益に影響を与える区分所有マンションのランニングコスト

賃貸マンション経営に必要な月々のランニングコストは2種類あり、固定費・流動費に分けられます。どちらも収益に大きく影響を与えるため賃貸マンション経営を行う際には注意を払う必要があります。例え、購入を考え

今後の賃貸マンションの入居率には、外国人を無視できない

日本の人口減少を受け、東京都では地域からの人口流入を促すための政策に重ねて外国人流入を促進するための政策を導入しています。東京オリンピックの建設促進をするための建設労働者の募集、高齢者の増加に伴う看護

マンションの評価を高めるホームステージングサービス

マンションを売却するとき、 「同じビル、同じ間取りの部屋が売りに出されている」 需要と供給バランスが、需要に傾いていれば同じマンション内での売り出しが重なったとしても高く売却できます。しか

固定経費を無視したマンション購入は、マンション経営を失敗に導く

賃貸マンション経営において、よいマンションを見つけ購入しさえすれば、それで成功が約束されるという訳ではありません。安定した収益を継続して出し続けるためには、維持管理に伴うさまざまな費用がかかります。賃

マンションの賃貸経営と異なる民泊管理とランニングコスト

不動産投資の新しいビジネスモデルとして注目を浴びている民泊は、人口の集中する東京だけでなく観光施設のある地であればどこでも顧客が見込めるというメリットがあるため、幅広い地域でビジネス展開が可能というメ

「売却しやすい」物件の選び方、つくり方

賃貸マンション経営用のマンションを購入する際に気を付けることの1つに、売却時を想定することです。少しでも良い条件で売りたいと考えるのなら、資産価値を高める条件を理解しその条件にあった物件を購入すること

単身用マンションで重要視されるポイントとは?

全国宅地建物取引業協会連合会で毎年実施されている「一人暮らしに関する意識調査」の2017年度調査結果では、2015、2016年と比較した際に、所得格差の広がりが感じられる結果となりました。 調査

PAGE TOP ↑