デザイナーズマンションは投資効果を高めるのか?

公開日: : | マンション投資 |

Pocket

賃貸マンション経営をはじめようと考えたなら、まずは収益を生み出すマンションを購入する必要があります。どのようなマンションを購入することができるのか?と考えたときに多くの人は、ポータルサイトを利用して情報収集することから始めます。

物件の調査方法は、価格帯から絞る込み、マンションを探す人が多いですが、実際には「エリア」「間取り」「築年数」などを参考に価格帯を調査することで、大まかな相場を理解することから始めることが重要なのです。

多くのマンション情報を見ることで、価格帯とそのほかの条件の関連性が理解できてから、入居率を高めるための条件(付加価値)を加え検索していきます。「ペット可」「2世帯住宅」「ガレージハウス」のように検索を用途別で行うこともできます。用途別項目の中には「デザイナーズ」という項目があります。どのような特徴を持ち、入居率を高めるためにどのような効果を持ち人気となっているのかを紹介していきます。

 

そのマンション一番高く貸せる不動産会社が見つかるサイトはこちら

↓ ↓ ↓

↑ ↑ ↑

たった60秒で分かります

 

デザイナーズは、生活機能よりも個性重視

戸建住宅、マンションに関わらず生活には、機能性や使いやすさが重要とされ、ライフスタイルに合ったデザインが行われており「家族構成、家族の年齢に合わせる」「趣味」「リラックス空間」など、日常生活を豊かに、居心地の良い空間を作るため、デザインや間取りが決定されるのが一般的とされています。

住まいは、さまざまな面で広い可能性を持ち合わせているため、デザインから間取りや設備を選ぶこともできるのです。そのようにデザインから生み出された空間を「デザイナーズ物件」と呼ばれているのです。住宅におけるデザイナーズには、定義が決まっていないため、デザイナーズマンションを選ぶ際には、その価値を自分なりにシッカリと見定める必要があります。

住宅のデザインにおける流行は、洋服や靴、バッグなどのデザインのように、流行を仕掛ける人がいて初めて生まれます。しかし、洋服や靴などと違い、幅広く披露する機会を持ち合わせていません。〇〇という設計士がデザインしたから、これは世界に通用する一流のデザインで、誰もが認める価値を持つなどのような「評価」が付きにくいのが、住宅におけるデザイナーズの定義を難しくさせる理由と考えられます。

デザイナーズ物件とそれ以外の物件を明確に判断するには、住宅雑誌や不動産情報誌などのサイトで「デザイナーズ物件」とアピールされることで初めてデザイナーズ物件となるのです。

定義が曖昧なため、複数のデザイナーズマンションを見ているうちに、マンション1つ1つが何処にコダワリを持ち、デザインに取り組んでいるのかが判るようになります。

・ユニットバス、浴室の形

・採光を取り入れ、広さを感じるガラス張り

・海外から輸入した塗装壁

・むき出しの梁と柱により生み出された解放感

デザイナーズ物件とは、このように使い勝手以上に、住まいをする人の好みに重点をおかれたデザインであることをポイントとしているのです。

注意が必要なのは、デザイナーズ物件と評価するにはお粗末なマンションがあることです。外観の一部にガラスタイルを使用しただけ、扉や手すり、ドア枠の色をおしゃれな色に塗り替えただけで、内部には全くデザイン要素の無い元来の汎用性の高い間取りを活用しているものまで、デザイナーズマンションとして紹介されていることがあるのです。

色の使い方が独特なだけで、高い家賃を払おうと言う人は、存在しないでしょう。デザイナーズマンションの購入を考えた人は、生活の利便から少し離れた多角的な視点で考える必要があるのです。

 

デザイナーズマンションを購入する利点と注意点

他の物件との差別化を生み出すためのテーマとして取り上げられるデザイナーズマンションですが、賃貸経営用としても積極的に活用されるようになっています。コダワリのデザイン、材質を活用して建築されるため、家賃は相場よりも1~2万ほど高いのが一般的です。

立地的に多少不便であっても、デザイナーズマンションとして入居者を募集することで、空室が抑えられます。また、むき出しの梁、柱、壁を活用することで、退去時の原状回復コストが抑えられます。このような利点を多く持つのが、デザイナーズマンションです。

しかし、デザイナーズマンションには利点が多いからといって、入居者の条件を大きく外れてしまっても大丈夫という訳ではありません。駅から遠い、周辺の治安が悪い、人口流出の激しい地域、などの物件を賃貸経営用に選んでは、確実に入居者を得ることができるとはいいきれません。デザイナーズマンションの効果に過信せず物件を選び、時にはデザイナーズマンションであっても思い切ったリフォーム・リノベーションを行う必要も出てくるのです。

 

まとめ

デザイナーズマンションに興味を持つのは、女性よりも圧倒的に男性が多いです。それも入居者募集のターゲットを選ぶ際のポイントとして考える必要があります。

女性であれば、ライフスタイルを重視した、利便性の高い内装、利便性の高い駅側、治安の良さやセキュリティーの確かさで物件を選びます。

しかし男性は、多少駅から離れていても、他の物件とは違う自分の個性を活かした空間を求める人が増えているのです。そのような傾向を利用し、駅から少し離れたマンションを安く購入し内装をデザイナーズマンションとしてリフォーム・リノベーションして活用してみてはいかがでしょうか?

 

そのマンション一番高く貸せる不動産会社が見つかるサイトはこちら

↓ ↓ ↓

↑ ↑ ↑

たった60秒で分かります

関連記事

賃貸マンション経営時のリフォーム費用対効果

賃貸マンション経営において入居者が退去した後の空室は大きなリスクです。しかし、次の入居者を募集する前

記事を読む

公務員は、賃貸マンション経営を副業に選べるのか?

副業に専念することで、本業を疎かにする危険性があることから副業を禁止する民間企業は多いです。では公務

記事を読む

賃貸マンション経営者の失敗に見られる法則

マンション・アパートを1棟単位で賃貸経営するということは、区分所有では得られない大きな利益を得ること

記事を読む

オーナーの積極経営による経費をかけないマンション空室対策

賃貸マンション経営では管理の全てを管理会社に任せ、オーナーは「家賃が通帳に振り込まれて来るのを確認す

記事を読む

賃貸マンション経営は、経費以上に人同士の関係性が大切

賃貸マンション経営の運用には、良質な管理が必要です。しかし経費を無尽蔵にかければよいというわけではな

記事を読む

マンション経営の成功には、質の高いマンション管理と出口戦略が重要

賃貸マンションの経営において、1棟マンションならではの重要となる要素があります。それは管理の品質です

記事を読む

マンションの資産価値は、管理会社で変化する

分譲マンションなどの集合住宅を購入した場合、共用部分に関してはマンションの全所有者で維持・管

記事を読む

ロマンと豊かな生活を生み出す「ヴィンテージマンション」

都心を中心に不動産投資・マンションブームが到来。 1964年に開催された東京オリンピックを契機

記事を読む

投資用マンションを買うなら新築と中古どちらがお得?

不動産投資としてワンルームマンションが人気です。 間取り以外にも人気要因として、立地、階層、間

記事を読む

難易度が高い中古マンションの入居率をためるアピール法

投資用マンションを購入するときに最も重要視されるのは、高利回りです。 投資用物件として宣伝広告

記事を読む

人気記事一覧

 
PAGE TOP ↑