マンションを購入して後悔している!?失敗した理由をランキングで紹介

公開日: : 最終更新日:2017/03/03 不動産の購入

Pocket

087

マンションを買った人の本音とは

戸建やマンションに限らず、住宅を購入するということは人生最大の買い物になっているはずです。念願のマイホームを手に入れて幸せいっぱいのはずが、意外と「後悔をしている」人は少なくありません。

後悔している内容は人それぞれですが、どちらかというと戸建よりもマンションを購入した人の方が後悔している確率が高い傾向にあります。

今回は、マンションを買ったけど、「実は後悔している」という生の声を集めてランキングで紹介します。これからマンションを購入する予定の人は参考になりますし、今現在、すでに後悔している人には、役立つ解決策を紹介しています。

マンションを買って後悔している箇所ランキング

私が実際にマンションの購入者から聞いた「買って失敗した・後悔したこと」をカテゴリ別に分けて、1位〜5位までをランキング形式で紹介します。

1位 【住宅ローン】

戸建と同じ考えて3,580万のマンションを購入。マンションの場合、固定資産税の他に「管理費」「修繕積立金」もかかります。住宅ローンの月返済額だけをみて決めたことが後悔しています。

築5年中古マンション買って後悔しています。買って一年経つのですが、将来の子供にかかるお金が増えると思うとだんだん後悔するようになってきました。ローン2680万 月々80000円。管理費積立金駐車32000円。手取から住居費を引くと140000円しか残らない月があります。

新築マンション購入から10年が経ち、管理費が2倍に値上がり数年間 夫の給料が減額されたりと色々とあって繰上げ返済どころかローンの返済が苦しくなり、借り換えをしました。少し楽になりましたが、まだまだ生活は苦しくてどうして賃貸のままにしておかなかったのか、後悔しない日はありません。

現在住んでいるところから徒歩すぐのところに出来たばかりの新築マンションを見つけ、自分たちにとってのロケーションのよさからこれはなくなってはいけない!と、急いで申し込み・手付け金振り込み・本契約まで行いました。ですが、いざローン契約の段階で、私たちにとってはややムリ目の返済ではと気づいた時には遅かったです。私たち夫婦にはもっと安くて早くローン完済できる場所のほうがよかったと、今はノイローゼ気味です。

マンションの住宅ローンの問題は、戸建住宅を購入する時よりも慎重になる必要があります。なぜなら、マンションの場合、固定資産税の他に「管理費」「修繕積立金」がかかってくるからです。

だからこそ、今、住宅ローンで苦しんでいる人や、これから家を購入する人も含めて、「家計の見直し相談センターの住宅ローン診断」で住宅ローンの比較見極めをする必要があります。
難しくて面倒な各銀行の住宅ローンを比較表で代わりに説明してくれます。他にも、繰上げ返済や金利の変動を含めた返済シミュレーションもわかりやすく説明してくれますので、不安や心配がある人は一度相談してみると良いでしょう。

2位 【間取り・階数など】

小さい子がいるので庭があった方が良いと思い、一階の庭付きマンションを購入しました。だけど、後から思ったのですが、主人がいつも12時過ぎに帰るので防犯が心配です。子供は女の子二人なので覗きとかも心配です。なぜ一階を買ったのか・・・。

15年前(当時は夫婦2人)に2LDKマンションを購入。当時は若く、今すぐの返事を求められ契約してしまいました。繰上げ返済しまくって4LDKの一戸建てに住み替えるぞ!と購入して住み始めてみたら、日中は玄関が北向きで真っ暗だし、風通しも悪く、部屋は狭い、収納も少ないと、不便がたくさん出てきました。けど、もう後戻りは出来ないと諦めて住んでいます。が、本当に後悔しかありません。

新築マンションの庭付き一階を買いましたが、後悔してます。今更なのですが、一階だからか虫が家に入ってきます。デカイあり、ムカデもです。また、子供(女)が3歳と0歳の2人ですので、これから思春期になり女の子の下着も外に干すのも躊躇してしまいます。新築なのだから部屋は選べたはずです。なのになぜ、2階以上にしなかったのか・・・。

新築マンションの契約をしたのですが間取りで少し後悔しています。ごく普通な3LDKなのですが横向きリビングで全て洋室を選びました。主人が和室はいらないという考えなのと将来もう1人子供が出来た時に洋室の方が個室にしやすいと…ただ子育てをする上では和室があった方が良かったんじゃないかと思い始めています。

間取りの問題は、子供がいるかいないで大きく変わります。特に2LDKや3LDKのマンションを購入した人は、数年後に間取りに対して不満が増えることが少なくありません。
間取りを大きく変更するには、リフォームだけでは足りず、「リノベーション(部屋の大規模な工事)」をする必要が出てきます。

「リノベーションしようかな?」「リノベーションってどうなの?」なんて考えている方は、まず、無料で手に入る「リノベる」のリノベーション事例集が参考になります。

また、リノベーションを体験してみたい人は、「リノべる。」の無料ショールーム&おウチ見学がオススメです。

3位 【立地・環境】

出産を機に駅近のマンションを探していたのですが、狭いのに高いため子供の教育費のことも考えて郊外のバス便のマンションを購入しました。今のマンションはスーパーまで徒歩9分、コンビニまで10分とかなり不便です。バスで7分ほどで特急も止まる栄えた駅に着きます。少し無理してでも駅近や都内にマンションを購入すればよかったのかと思ってしまいます。

先日マンション購入しました。割と都会で便利な駅が最寄りなのですが、なんせ徒歩15〜20分です。ほんとは駅近くが良かったです。けど駅近はどのマンションも4千万はします。実際自転車がメインになると思うのでそこまで遠いのは気になりませんでした。しかしバスもなぜか本数が少なく雨の時は不便です。わたしは二歳の子がおり妊娠中で、出産すれば自転車乗れますが、それまではどうしても徒歩が多いため、とても不便だなと後悔しています。

2年前にマンションを新築で買いました。しかし、想像以上に管理組合活動は大変で、しかもマンションの修繕の話し合いをまとめるのも面倒です。マンションなんて買わずに、賃貸生活続ければ良かったと後悔しています。

中古マンションを購入しましたが、マンションって見るのと聞くのと大違いです。一戸建てに比べて住民同士の関わりが面倒です。しかも誰がなにをしているのかお互いの探りあいはあるし、服装チェックまでされたり、悪口の言い合いも多いし、組合のことで怒鳴りあいもあり、組合に入って人間関係で疲れました。あのまま賃貸に住んでいたらマンション生活も楽しかったのかなと今では思います。

駅前の新築マンションを契約しました。東京都心部まで20分の好立地です。しかし、内覧会で見た部屋は狭く、音の問題もありました。窓を閉めていても部屋の中に電車の通る音がかなり聞こえます。前まで住んでいた賃貸住宅のほうが何倍も良い環境です。どうしてこんな家を買ってしまったのか・・・。

勢いで新築マンションを購入しましたが、後悔の嵐です。8階を選んだのですが南ベランダ側3メートルの距離に、8階建てのマンションが建つ予定があるようです。日当たり、眺望、解放感というマンションのメリットが全て失われるため、どうすることもできません。売るにも日当たりや眺望が悪いと安くなると聞いて、つくづく家は環境や立地が大事だと思わされました。

マンションは、戸建てと違って隣人との関係も含めて「環境」はとても大事なポイントになります。「街にどのような人たちが住んでいるのか」「隣人、上下階の人たちはどんな人なのか」などは、不動産会社へ聞けばある程度教えてくれます。
共用住宅ですので、マンションの住人に悩まされるといった話は、よくある話ですし、もはや他人事ではありません。マンションは戸建てよりも一層、「立地・環境」に注意しましょう。

4位 【不動産・マンション業者】

分譲マンションを購入し住んでいますが結露がひどく、内壁が崩れて穴が開いています。築3年で穴が開いたので業者に電話したのですが保証は2年と言われました。2年を過ぎているので有料と言われたので、いくら位かかるものなのか尋ねたのですが、見積もりを取らないと何とも言えないとの答え。結局、忙しかったりで、そのままにしてしまい、それから、数年経ってしまいました。それから10年。穴は更に大きくなり、石膏ボードがボロボロと崩れ落ちています。

新築マンションの契約をしました。手付金が200万で諸費用が約210万で諸費用のうち180万を販売会社が負担するという約束でした。諸費用で足りない分を手付金から引いて、手付金約170万円を返金して頂くはずだったのですが、諸費用の内訳がおかしいと思い、契約前から何度か質問していましたが答えてくれなかったのです。さすがに引き渡しの前に正確な諸費用を教えてくれとお伝えしたところ、諸費用が10万安い200万円でした。手付金170万円と諸費用の差額10万円を返金するという連絡がきましたが、なんか信用が出来なくなってしまいました。こちらから言わないと10万円多く販売会社にとられるところでした。

新築マンション購入後3か月で壁が数ミリ動き、隙間ができました。仲介不動産屋は非を認めましたが、建設会社は想定内のことだと。謝罪ないまま工事の日程の決定をせまられ不信感を持ってます

先日、新築のマンションを某大手の不動産会社から購入し、鍵の引き渡しを済ませ、鍵を開けてマンションに入ったらリ
ビングの窓があけっぱなしでした!最初は何で開いてるのか不審に思いながらも私たちが来ることを見越して気を利かせて換気をしてくれているのかと思っていました。しかし、部屋を一通り見て回ると、クローゼットの電気もつきっぱなしで。挙げ句の果てにはよく見たら空いていた窓はしまらない状態にロック部分が壊れていました。直ぐに不動産会社の人を呼び、対応してもらいましたがどうにもならず、後日修理ということに。怒りしかありませんし、大手だからと言って、安心していた私が馬鹿でした。

マンションや戸建てといった物件に限らず、不動産会社やマンション販売会社は、少しでもあなたからお金を取ろうと考えます。
ですので、この業者選びを間違えてしまうと、後悔どころか怒りを覚える人も少なくありません。あなたは、数千万円の借金をしたにもかかわらず後悔しながら住み続けたいですか?答えはNOですよね。

不動産会社・マンション販売業者が大手だから安心と思わず、しっかりと比較・検討をする必要があります。

5位 【構造・設備】

リノベーションマンションを購入しましたが、響きだけかっこ良いだけで、中古マンションです。価格が新築より安く、内装や設備が全て新しいのは当たり前なのですが、「マンションの躯体や付帯設備」は新しくありませんし、配管も古いため配管からの錆臭さや下水?の匂いが夏になると気になるます。

マンションの13階に住んでいますが、災害時の停電が心配です。停電すると建物の水道用のポンプも止まるので、水を持って階段を上がらなければいけないのです。地震の時に建物は免震構造なので大丈夫ですが、部屋は上階に行くほど揺れ(振れ)が大きいので置いてある家財が部屋の中を暴れる可能性があります。最近でも地震が多いですし、、心配や不安があるので、5階とかにすればよかったかなと思っています。

一つ目に見た新築マンションで駅から近く立地が良いのに庭付きの戸建て感覚のこの物件が気に入り購入。しかし1階は湿気がすごいのです。南側の部屋は日当たりが良いのですが、北側の部屋は、昼間でも電気をつけなくてはいけない感じです。南側の窓と北側の窓をあければ、なんとなく風は抜けるので、風通しは悪くはないのですが、他の階も見学して、湿気などを体感して比較すればよかったと、今後悔しています。

マンションの建物構造を住人自ら手を加えることは不可能です。
さらに、設備(水まわり、電気など)は、最新のものにしておかないと10年後に使えなくなってしまう場合があります。

中古マンションを購入する場合は、「マンションの管理はどうのようにしているのか」、「過去に外壁や配管などの構造・設備をメンテナンスした記録はあるのか」など、業者に確認すると良いでしょう。

【参考ページ】
マンション価格の相場を便利で簡単に知る方法!?家を買う前に失敗したくない人は必見!

関連記事

田園都市線の中古マンションの価格は?おすすめの街は?駅別に紹介!

田園都市線の中古マンションの価格は?おすすめの街は? 過去に『人気がある東急田園都市線の住みや

記事を読む

マイホーム購入を計画!不動産取引の流れを知らないと失敗するかも!?

失敗しないマイホーム購入計画と流れ いざ、マイホームを購入しよう!と決心してもどのような流れで

記事を読む

マンション価格の相場を便利で簡単に知る方法!?家を買う前に失敗したくない人は必見!

購入前に知っておきたいマンションの「価格相場」 マイホームとしてマンションを購入する人の中には

記事を読む

東急東横線の中古マンションの価格は?おすすめの街は?駅別に紹介!

東横線の中古マンションの価格は?おすすめの街は? 過去に『在住者が教える!東急東横線沿線の住み

記事を読む

後悔先に立たず!家を建てる時に注意したい見落としがちなポイント3選

いつの時代も住宅ローンに悩まされる人は多い マイホームを購入した人の中には、『家を買って後悔し

記事を読む

これからマイホームを購入する人が失敗しないためにする「3つ」の行動!

住宅を購入して後悔しないためには 人生の中でもっとも大きい買い物となるであろう「住宅(マイホー

記事を読む

家(戸建・マンション等)を購入する際に見落としがちな3つの注意点

わずか半年で家を手放してしまった!? 夢のマイホームを手にして喜んでいるのも束の間、うっかりし

記事を読む

マイホーム購入の適正年齢は?35年ローンを組むなら若い方が有利なの!?

「35年ローン」を組んで家を買う人が大半である 人生において「マイホーム」の購入は最大のお買い

記事を読む

リノベーション済みのマンション(東京)を買った人が本音で話す「メリット」と「デメリット」その2

リノベーション住宅のメリット・デメリット 前回の記事では、いま注目されているリノベーション済マ

記事を読む

住宅ローンで「破綻」は誰にでもあり得る!?ローンを組む前に必ず確認すべきポイント

他人事ではない「住宅ローン破綻」 マイホームを購入し、幸せ絶頂なのも買った初月だけかもしれませ

記事を読む

人気記事一覧

 
PAGE TOP ↑