持ち家を賃貸に出す時の注意点!戸建もマンションも同じ方法で大丈夫?

住まなくなった家、「売る?」「貸す?」「放置?」

転勤や転職、家族や収入の変化などによって、家を住み替えることになった場合、「家はどうしようか」と思われる人は少なくありません。
住まなくなった持ち家の選択肢は次の3つになります。

1.「売る」
2.「貸す」
3.「空き家のまま」

売る場合、建物を維持する必要がありませんので精神的に楽である半面、住宅ローン返済が残っていれば、その残債を一気に清算する必要があります。
その場合は、を利用するとローンが残らずに売却できる可能性もありますので、参考にしてみてくださいね。

もし、空き家として維持する場合は、住みたくなったらいつでも住めるメリットはありますが、建物の劣化や防犯上の心配が生じます。
また、貸す場合は、家賃収入を得られるメリットがありますが、逆に空室や家賃滞納などのリスクもあります。

不動産の売却を考えている人はいちばん高いが見つかる不動産比較サイト「イエイ」を参考にしてみてください。

↓ ↓ ↓

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

戸建もマンションも同じ方法で賃貸に出しても平気?

SUUMOを運営しているリクルートが実施した「賃貸オーナーに関するアンケート」によりますと、「賃貸以外は検討しなかった」が25.7%、つまり7割強の人が「賃貸に出す」と並行してほかの手段も検討していることになります。

具体的には「売却を考えた」が最も多く、さらに「売却査定に出した」「空き家のままも検討」と続き、結果として「賃貸に出す」ことを選んだ人ばかりです。

そこで、今回は、持ち家を「賃貸に出す」という考えの人の役に立つ持ち家を貸し出す時の注意点やポイントを紹介します。
持ち家が戸建の場合とマンションの場合は、「同じ方法で貸してもいいの?」「そもそも賃貸に出す時はどうすればいいの?」など、誰しもが気になる事が解消されると思います。ぜひ、参考にしてみてください。
また、マンションを高く貸せる最適な業者を紹介してくれる「マンション貸す.com」も参考にしてみるといいと思います。

↓ ↓ ↓

持ち家を「賃貸」に出す時のメリット・デメリット

持ち家を賃貸に出す時のメリット・デメリットは以下になります。

【メリット】
1.賃貸経営による家賃収入が得られる。
2.住宅ローンは比較的金利が低く期間の長いローンのため、単月で見ると黒字になりやすい
3.払っていた管理費、修繕積立金、固定資産税、住宅ローン金利等の費用が経費として計上できるため、控除の対象になる
4.分譲マンションを貸す場合は、賃貸用に作られたマンションと違い、設備・仕様や管理がしっかりしていることが多いため、賃料を若干高めに設定することが期待できる
5.「不動産」という資産を保有し続けられ、将来、また住む事が可能となる

【デメリット】
1.空室期間で収入がない期間が生じる可能性がある
2.建物の劣化や設備の故障による修繕費、固定資産税などの経費が発生する
3.確定申告、物件の維持管理など、賃貸経営上の手間がかかる

戸建とマンションでは賃貸に出す方法は違う?

持ち家を賃貸に出す時、戸建の場合とマンションの場合って何か違いはあるのかと思われますが、大きな違いはありません。
ただ、「持ち家を貸し出す」のは、もともと賃貸経営をしようと思って投資をしたわけではありませんので、その点での違いが生じます。

自分の家を人に貸し、それで家賃収入を得ようとすることは立派な事業となります。
自宅を貸し出すのですから、転勤から戻るかもしれない可能性がある場合には、戻ったときのことも考えた契約が必要になります。

また、エアコンや水回りの故障があれば修理しなければなりませんし、畳やクロスだって新品に貼り替える必要が出てくるでしょう。さらには、トラブルにも素早く対応するといった「大家業」をしなければなりませんから、それなりに煩わしいことも発生します。

 

そのマンション一番高く貸せる不動産会社が見つかるサイトはこちら

↓ ↓ ↓

↑ ↑ ↑

たった60秒で分かります

 

持ち家を貸し出す時の注意点

一昔前は、いったん人に貸すとなかなか出ていってもらえないから、と賃貸に出すことを敬遠されていましたが、定期借家法の施行により更新のない賃貸借契約を交わすことが可能になりました。
何年ほどで戻るのか、戻ることが決まった場合にはどのくらい前に連絡し、退去してもらうのかなど明確にした契約書を交わさなければいけません。

また、賃貸でトラブルになりやすいのは原状回復費の問題。畳や襖の張り替えは誰の負担にするのか、最初に決めておかないと退去のときに大変なことになってしまいます。
親族や知人・友人なら、気心が知れた相手だし、何も不動産会社を通してきちんと契約書を交わすなどの大げさなことをしなくてもいいと思うかもしれません。

でも、家を返してもらうときの室内清掃・メンテナンス、故障や過失・経年変化による損耗をどこまで負担してもらうのか、などを巡り、遠慮して言いたいことが言えないこともあります。そのため、気まずい思いをお互いしなければなりません。家を貸すということはビジネスだと考え、最低限の契約書は交わしておくことをお勧めします。

心配すること無く持ち家を賃貸に出す方法

持ち家を賃貸に出すといっても、「借りてくれる人はいい人だろうか」、「家賃はきちんと払ってくれるだろうか」、「近隣に迷惑を掛けないだろうか」、「家を大切に使ってくれるだろうか」など、心配しだしたら、キリがないことばかりです。
その気持ちを抑えて人に貸すのですから、メリットもデメリットもあることを承知した上での覚悟が必要です。

ただ、一般的には不動産会社に入居者募集から入居中のトラブル対応などすべてをお願いすることになります。
その場合に必要なのは業務委託料。どこの会社にお願いするのか、まずはそれを決定させることが肝心です。

街で1番頼れる不動産管理会社はどこ?

自宅を貸し出すとき、人によっては「できるだけ高く貸したい」、「すぐにでも貸し出したい」、「安心して貸したい」「管理費を抑えて貸したい」など、心配する点は違います。

もし、あなたの地域で一番信頼できる不動産管理会社があれば、きっとそこに依頼するでしょう。
そんな時に役立つのが、【多くの不動産管理会社を比較できる情報サイト】です。このサービスを利用すると、あなたの地域で一番信頼できる不動産管理会社がサクッとわかります。

この情報サイトを利用すると、「自宅を賃貸に出したら家賃収入はどのくらいになるのか?」も一緒に判明するため、これから持ち家を賃貸に出すか検討している人は、一度、利用してみてください。きっと心配事や悩みが解消されるはずです。

【参考ページ】
賃貸経営・家賃収入の経費って?これから不動産投資をする人は必見!

 

そのマンション一番高く貸せる不動産会社が見つかるサイトはこちら

↓ ↓ ↓

↑ ↑ ↑

たった60秒で分かります