マンションの空室対策に活用できるレンタルスペース経営

公開日: : | マンション投資 |

賃貸マンション経営が盛んと言っても、築年数が古く設備が時代遅れなどとなると、人の住まいとしての活用は難しくなります。そのためレンタルスペースとして貸し出す投資家が増加しています。マンションの空室を「住まい」や「宿泊」などの目的にとらわれず、イベント・セミナーなど用途に多様性を持たせることで、空室率を低下させることができるのです。

特にレンタルスペースは、安く購入したマンションを大きな改装費をかけることなく活用できるため注目を集めています。

 

そのマンション一番高く貸せる不動産会社が見つかるサイトはこちら

↓ ↓ ↓

↑ ↑ ↑

たった60秒で分かります

 

賃貸レンタルスペースとは?

もともとレンタルスペースは、事業用ビルの運用時にテナントの空室を有効活用する手段として、短期や時間制限付きとして貸し出すというのが主流でした。

若い年代の個人経営では借りることが出来ないスペースを、共有化して利用するシェアオフィス、ブースオフィスとして活用される機会も増えてきています。しかし、景気低迷期の長期化によって店舗や事業の継続が難しくなると共に、企業に対してオフィスや店舗とした貸出も安定してできることが出来なくなっていたのです。このように空室問題は居住用だけでなく事業用も同じような問題が浮き彫りとなっていたのです。

この空室問題の解決方法として注目を集めたのは、週末だけ行うレンタル店舗の存在でした。平日はサラリーマンやOLとして働きながら、休日には趣味の延長、独立開業までのお試しとしてレンタルスペースを活用し、安定した経営が可能か?の判断として利用しています。

また、レンタルスペースの活用方法として「平日と休日」「昼間と夜間」に分けて貸し出すことで、収益率を高める人も現れたのです。

これらあらゆるスペースの賃貸サービスを行っているのが、㈱スペースマーケットです。㈱スペースマーケットでは日本全国から未使用のスペース提供を得て、会議、展示会、撮影、イベント、パーティー、結婚式などさまざまなニーズにあったスペースを簡単に見つけることができるため、多くの顧客に利用されています。

 

レンタルスペースは利益率が高い

レンタルスペースが貸主、借主双方に人気となった理由は、単発的に利用できる特徴があります。通常であれば分譲マンションのオフィス利用などは、禁止とされている場合も多いためです。禁止されているからこそ困っている顧客を獲得することにより高い収益率を獲得できるのです。

一般の賃貸であれば、居住用として長期の貸出しを行います。また民泊であれば、部屋を短期的に貸し出す事を目的とし、その用途は宿泊に限定され、教室、セミナー、交流会などでの活用などが禁止されていることが多いです。

また、事務所や営業所などの専用レンタルスペースであっても、会議やセミナーなど利用方法が限定される場合が多く、機材の持ち込みが必要となる撮影・イベントなどに対しては消極的な姿勢を見せるオーナーも多いです。そのため利用方法に制限がないスペースを提供することによって、時間制による契約を行い安定した利用料を得ることができるのです。

管理や利用者対応においても、予約・鍵の受け渡しなどを遠隔操作することで人員0としている場合があります。また、これらの遠隔操作には照明や空調などの操作も含まれるため副業としても十分に活用できるシステムといえます。清掃などが必要となるイベント(パーティー、交流会など)へ貸し付ける場合には、民泊の清掃サービスを活用することで対応が行われています。

現在、所有マンションの空室率が高い場合には、空室のまま放置し入居者を待つよりもレンタルスペースとして活用することで資産の有効化をはかることができるのです。

 

レンタルスペースに適した物件、不可な物件

人の住まいとしてではなく、活用方法を多目的に定めることができるのがレンタルスペースの特徴です。そのため対象物件が居住以外の利用を禁止している場合レンタルスペースとしての利用は難しいです。

しかし、レンタルスペースとしての活用方法が可能であるなら、投資用分譲マンションの活用方法、収益率は大きな広がりを見せることでしょう。

 

まとめ

副業としての個人経営の増加の多くは若年層であり、副業に多くの費用をかけることができないため、所有ではなくシェアするという考え方が、社会に馴染みつつあります。車も部屋もシェアする。かつての日本人であれば抵抗のあったことも現代では価値が見いだされ人気が高まっているのです。

その結果、事業用のスペースなどもお互い協力できる業種が集まりながらスペースをシェアし付加的なサービスの充実を図るという機会が増えています。不動産投資を考える際には、リスクの分散としてこのようなレンタルスペース経営の存在も視野にいれることで、不動産投資の安定をより強固なものにすることをおすすめします。

 

そのマンション一番高く貸せる不動産会社が見つかるサイトはこちら

↓ ↓ ↓

↑ ↑ ↑

たった60秒で分かります

関連記事

「設備」に注目した賃貸経営用マンションの選び方

マンション投資が盛んとなり、賃貸投資用に販売されているマンションが増加している中、マンションを選ぶと

記事を読む

賃貸マンション経営がサラリーマンに相応しい3つのポイント

年、本業を持ちながらも、副業としてマンション経営を行うサラリーマンオーナーが増加しています。増加の理

記事を読む

マンションの外観は、賃貸マンションの経営に影響を与えるのか?

始めて賃貸マンション経営を行うとき、初期費用を抑えるため中古マンションを購入して始める人は少なくはあ

記事を読む

防犯対策から生まれるマンションの付加価値

住まいを決める際に、好ましいとされる「立地」「浅い築年数」は汎用性の高いアピールとして重要視されます

記事を読む

賃貸マンション経営でのサブリース利用は、経営の安定に繋がるのか?

マンションの管理方法にサブリースと言う方法があります。 空き室のリスクを回避する方法の一つとし

記事を読む

あなたの性質で判る、マンション経営者の向き不向き

マンション経営による成功者には、誰もが自分の知識と戦術、運や信頼できるパートナーを持っているものです

記事を読む

マンション管理を任せるなら? 知っておきたい管理業者の基礎知識

賃貸経営用にマンションを所有しているオーナーにとって、所有マンションの資産価値を決定するのは管理業者

記事を読む

長く住みたいマンションを提供 投資用マンション3つの設備ポイント!

2012年のアベノミクスを起爆剤とした不動産市場への影響により、現在も首都圏を中心に不動産投資を増や

記事を読む

民泊トラブルの回避にはハウスルールの内容重要

不動産景気の回復に伴い人口の局地化が進み、企業や大学が集まる利便性の高い地域に、マンション建造が増加

記事を読む

マンションを民泊として活用するなら管理会社はどう選ぶ?

マンションの民泊利用を考えた場合に不安となるのは、マンション管理とゲスト対応です。民泊経営を成功させ

記事を読む

人気記事一覧

 
PAGE TOP ↑