マンション入居者募集、内覧時に入居希望者の心をつかむ方法

公開日: : | マンション投資 |

首都圏を中心に賃貸経営用のマンション購入に注目が集まっています。しかし、賃貸マンション経営の全てが成功しているのかと言われると、オーナー自身がどれほど勉強を行い経営に協力的であるかが経営の成功、収益の大きさを左右させています。

マンション経営を始めたものの、中には満室経営でコンスタントに利益を生み出し次々とマンションを購入しているオーナーもいれば、空室に悩み借金返済のために、折角購入したマンションを売却してしまうオーナーもいます。

マンションの立地や建物の魅力により入居率は異なるものの、同じような条件のマンションである場合であっても入居率の差は生まれます。常にマンションが満室で経営も安泰というオーナーは、入居希望者が物件の見学(内覧)に訪れる時点から、入居希望者にアピールを行うことで差別化を生み出しているのです。

内覧に向けた募集、内覧時の案内を行う前、それもマンション経営の開始以前から成功を獲得するための勝負は始まっているのです。

 

そのマンション一番高く貸せる不動産会社が見つかるサイトはこちら

↓ ↓ ↓

↑ ↑ ↑

たった60秒で分かります

 

賃貸仲介業者選びで差をつける

マンションを購入した際に業務の委託を行った不動産投資会社から紹介を受けたまま「入居付け」をお願いしていては、入居率を高めるために最善を尽くしているとはいえません。

入居者募集のための「集客力」を持っているか?が重要となります。目安とするのは、管理マンションの戸数の多さです。多くのマンションを管理することで、1人の入居者を各部屋で奪い合い競争激化すると考えるかもしれません。

しかし、実際には多くの戸数を管理することで、自社ホームページ広告、ポータルサイトなどのアピールだけでなく、折込みチラシ、情報誌などへの掲載を頻繁に行うことができるのです。戸数が少ない場合には、協力関係にある賃貸仲介業者があるかどうかを確認する必要があります。

・戸数の他にも、物件のもより駅近くに事務所がある

・物件内覧時に案内する担当者の印象が良い

・クレームが発生した際に、迅速に対応してもらえる

などが重要です。

 

マイソクを魅力的に作成することができる

マイソクとは、賃貸業者同士が情報を共有するときや、顧客に情報提示を行うとき、広告柵税時の材料などで活用する物件情報をまとめたものです。仲介業者に業務を依頼した際に作成されます。

入居者を募集する前に担当者がどのようなマイソクを作っているかを確認すると良いでしょう。マイソクには、住所、面積、間取り、階数、家賃、管理費など最低限の情報を掲載することも大切ですが、最も重要なのはより多くの写真を使う事です。

写真掲載の多いマイソクは、内覧を行うかどうか?賃貸業者に問合せをするかどうか?を決定する重要な要素です。写真の掲載数が少なければマイソクを見た人は「写真を見せることが出来ない酷い物件なのだろう」と勝手に考えてしまうのです。そうなれば、内覧希望や、問い合わせを募る事も難しくなってしまいます。

しかし、見た人の印象を悪くする写真掲載なら行わない方が良いでしょう。

またマイソクに重要なのは、生活に便利である周辺環境を提示することです。周辺環境は多くの物件を担当する担当者よりも、マンション所有者であるオーナーの方がより詳しい情報を持っているが多いです。そのため入居者の生活に役立つ情報を担当者に伝えるなどして、魅力的なマイソク作りを行って下さい。

 

ウェルカムサインと、スリッパを準備する

「内覧に来ていただきありがとうございます」等と書いたサインボードと、それらを彩るインテリア、スリッパなど準備しておくと良いでしょう。歓迎の気持ちが伝わると共に、オーナーの存在を目にすることで、入居者の安心感が増す効果もあります。

準備するスリッパは、入居想定人数よりも多めに準備しましょう。住まいを決定することは生活を左右するため一人で決めるのは不安なものです。友人や家族と共に来訪されるために多めのスリッパが必要なのです。

また、そのスリッパも安物よりも、部屋の印象を良くするようにデザインに拘ったものを準備することをおすすめします。

 

付近見取り図やゴミ出しルールなどを提供する

入居希望者が、生活イメージをつきやすいように周辺環境や、住まいのルールなどを記載されたものを作り、内覧時に閲覧できるようにしておくと良いでしょう。

単身者向け   :コンビニ、深夜営業のスーパー、美味しい飲食店など

ファミリータイプ :病院、公園、学校、スーパー、薬局など

その他にも、生活に必要なゴミ出しルールや、管理組合のイベントなど、市町村の支援なども入居者が嬉しいと感じるような情報を揃えておくとアピールにつながります。

 

期間限定の特典でアピール

最初の段階で入居の選択からはじかれては意味がありませんが、候補に残ったなら入居への決断を後押しするような特典をつけると良いでしょう。

特典は、無理せず入居者が嬉しいと感じるものがおすすめです。

・最初の入居月は家賃〇〇%割引

・ご近所挨拶に使える品をプレゼント

・クオカードプレゼント

などが実際に行われています。その物件の客層にあった特典を期間限定とし付けることで広告費を払う以上の効果を得ることができるのです。

 

まとめ

ネットが普及した現代では、物件の候補はネットで絞られることが殆どです。内覧はネットでの見た物件の魅力を現地で確認するためと考えて間違いはないでしょう。内覧時の印象を良くするために、家具・雑貨・インテリアを配置し、空家中であっても電気を灯し、よりキレイに部屋を確認することが重要です。

また、冷暖房などの活用により、過ごし部屋という印象を与えることも大切です。内覧希望者の心をつかむため、賃貸仲介業者に任せるだけでなく、いろいろ試してみてはいかがでしょうか?

 

そのマンション一番高く貸せる不動産会社が見つかるサイトはこちら

↓ ↓ ↓

↑ ↑ ↑

たった60秒で分かります

関連記事

不動産投資だけが「副業」として認められる理由とは?

日本にある多くの企業では、副業が認められていません。 その理由には「本業に支障が出る」「企業に

記事を読む

不動産投資用ワンルームで高いパフォーマンスを得る7つのポイント

不動産投資を行うには、まずは購入するマンションの種類を決める必要があります。 東京都の世帯数は

記事を読む

賃貸マンション経営は、経費以上に人同士の関係性が大切

賃貸マンション経営の運用には、良質な管理が必要です。しかし経費を無尽蔵にかければよいというわけではな

記事を読む

中古マンションが今後マンション市場の主流になる理由

かつての日本では、結婚をして子供を得て庭付きの一戸建てを手に入れるのがステータスでもあり、大きな幸福

記事を読む

今後の賃貸マンションの入居率には、外国人を無視できない

日本の人口減少を受け、東京都では地域からの人口流入を促すための政策に重ねて外国人流入を促進するための

記事を読む

賃貸マンション経営でのサブリース利用は、経営の安定に繋がるのか?

マンションの管理方法にサブリースと言う方法があります。 空き室のリスクを回避する方法の一つとし

記事を読む

収益に影響を与える区分所有マンションのランニングコスト

賃貸マンション経営に必要な月々のランニングコストは2種類あり、固定費・流動費に分けられます。どちらも

記事を読む

中古マンションのリフォームで初めて気づく問題点

初期費用を抑えた状態で賃貸マンション経営を始めようとするために、格安で中古マンションを購入し再利用の

記事を読む

マンション管理を任せるなら? 知っておきたい管理業者の基礎知識

賃貸経営用にマンションを所有しているオーナーにとって、所有マンションの資産価値を決定するのは管理業者

記事を読む

長く住みたいマンションを提供 投資用マンション3つの設備ポイント!

2012年のアベノミクスを起爆剤とした不動産市場への影響により、現在も首都圏を中心に不動産投資を増や

記事を読む

人気記事一覧

 
PAGE TOP ↑