民泊トラブルの回避にはハウスルールの内容重要

公開日: : | マンション投資 |

Pocket

不動産景気の回復に伴い人口の局地化が進み、企業や大学が集まる利便性の高い地域に、マンション建造が増加しています。その結果、地方の空地・空家または、都心部であっても築年数の古いマンションの空室増加は避けられない状況となっています。それら空室の対策として考えられているのが、日本国内の外国人観光客増加対策としての宿泊施設としての「民泊」活用です。

 

そのマンション一番高く貸せる不動産会社が見つかるサイトはこちら

↓ ↓ ↓

↑ ↑ ↑

たった60秒で分かります

 

ハウスルールとは?

民泊に利用される建物の多くは民泊専用に建築されたものよりも、一般の居住用マンションや戸建てを利用されることが多く、周辺に住まいをする人の殆どは日常的な生活を送っています。

そのため日ごとに宿泊している人が変わるだけでなく、日常的に接点の少ない外国人観光客に対して、戸惑いや不安を覚えることは多いです。このようなことから、外国人観光客を宿泊客として受け入れるためには周辺住民の日常を保護することが最も重要とされ、周辺トラブルを避けるために定められるルールをハウスルールと呼んでいます。

ハウスルールの最も大きな問題は、ハウスルールを確認する宿泊客が少ない事です。宿泊客の多くは、日常的なルール(その国のルールや文化)を守っていれば問題ないだろうと容易に考え、ハウスルールを確認しないことにあります。

そのため、ほんの少しの工夫を凝らし、ハウスルールを認知し宿泊客にとっても守りやすいもののすることが、民泊運営を円滑に行うためには必要なのです。

 

ハウスルール設定には手抜きは禁物

民泊経営を安定して行うためのルールを定める前に、人間一人一人にとってルールの感じ方や重さが違うということを理解しておく必要があります。明確に明記された交通ルール、業務上法的に定められたルール、暗黙の了解的な職場ルールに住民ルールなど、日本人同士であっても倫理観や道徳は大きく違ってきます。とうぜん国、文化が違えばそのルールは大きな違いがあるものなのです。

例えるなら、日本は住まいでは土足厳禁が当たり前ですが、世界には土足が当たり前な地域があります。また、最も近い韓国であってもトイレのルールが違うことが有名です。しかし、その国々のルールを日本で持ち込まれては施設の管理はとても難しいものとなってしまうのです。

そのため、さまざまな国から来る人を想定しながら、宿泊客の国・文化や習慣を通すのではなく日本の生活ルールに沿って宿泊施設を活用してもらえるようにルールを定めて提示する必要があります。

また、ルールを記載したからといって必ず守ってくれると安易に考えていてはいけません。後々に問題とならないように、どのようにアピールすればルールを守って貰えるか?を考えることがトラブル回避のために重要なのです。

 

リスティングと室内設置のルールの使い分け

民泊経営を行う場合、ほとんどのホストはAirbnbなどの民泊サイトに民泊情報を掲載アピールすることでゲストを募集します。Airbnbは世界的な民泊サイトであるため、ハウスルールも世界的に通用する内容と考えるのが一般的です。そのため民泊サイトで掲載されているハウスルールの内容をファイリングし、民泊施設で設置されることが多いです。しかしこれでは、日本文化に添ったルールが網羅されることなく、逆に多くのトラブルを発生させてしまうのです。

海外旅行を行う人が民泊サイトで部屋を探す時は、予算、立地、部屋を見比べる際にハウスルールがあることは目についたとしても、真剣にルールを眺め、民泊ごとのハウスルールに注意を払うことは殆どありません。民泊で多いトラブルには、パーティーによる騒動、チェックアウトの時間オーバー、ゴミ出しルールの違反で、違反がある施設ではルールを設置されていない訳ではなく、ゲストに読んでもらえないからこそのルール違反なのです。

それだけではなく、ルール違反や迷惑行為は旅行時の解放感、客という立ち位置、自国では問題とされない、或いは、問題にされるが一時の海外での宿泊に気を遣う必要がないと考えている。

旅行中の滞在先を変更する場合には、同じ民泊であっても施設によってルールが違うことも違反の原因となるため、ハウスルールは、民泊サイト掲載と、現地の施設掲載それに加えルールを読んでもらうための努力が必要となります。

 

室内でのルール提示は、壁への貼り付けが効果的

ルールをファイルしておいても読まれることは殆どないといえる状態です。それにより、チェックアウトの時間を忘れられては、清掃などに影響を与え経費にも影響を与えてしまいます。

ゲストに伝えたいことは、ファイリングではなく確実に目につくよう壁に貼り付けアナウンスすることが必要となります。部屋の雰囲気を保ちたい場合には、玄関、トイレ、洗面などの水回りなど確実に目につく場所にラミネート加工をしたルールを貼り付けると良いでしょう。

それによって、トイレの利用方法はトイレで確認し、浴室の利用方法は洗面所で確認、キッチンの利用方法はキッチンで、必要となる場所で直接確認することができるようになります。

例え小さな掲示であっても、確実に守ってほしいことを目立つ場所にあることによりルールの徹底化に効果が現れます。

しかし、ルールの羅列だけでは強迫観念にかられる、宿泊施設の活用が窮屈に感じるなど楽しみが半減してしまいます。そのため、鍵を渡す際に近隣の情報やクーポン券などがついたハウスルールなどを作成しておくのも良いでしょう。

 

まとめ

「ルール」の提示というと堅苦しく考えるものです。また、それらを設定し提示するには必要なルールを熟知し実行する手間や時間が必要となります。

十分に時間をかけることが出来ない場合など、民泊代行業者に委託しハウスルールの活用でも問題はありません。しかし一工夫を行うだけでトラブル回避に繋がるのなら、時間を捻出し自ら民泊ルールを見直してみる価値はあるのではないでしょうか?

 

そのマンション一番高く貸せる不動産会社が見つかるサイトはこちら

↓ ↓ ↓

↑ ↑ ↑

たった60秒で分かります

関連記事

進化したデザイナーズマンションが、賃貸経営者に人気の理由

建築家・設計士が建物の外観・仕様・意匠などにこだわり工夫を凝らした個性的なマンションがデザイナーズマ

記事を読む

日本政策金融公庫で手堅く、お得に融資を借入れる方法

賃貸マンション経営を開始するには、マンションの所有は当然ながら欠かせません。既に所有している空マンシ

記事を読む

サラリーマンに最適な賃貸マンション経営で不労所得を得よう

近年、不動産投資に参入した人の多くは、サラリーマンで本業を持つ人が多く、働きながらマンション経営を行

記事を読む

好調が続く都心部のタワーマンション市場は低層階がお得?

首都圏を中心としたタワーマンションの新築販売が続いています。 消費税増税も先延ばしとなり駆け込

記事を読む

入居率を決定づける「家賃相場」の設定方法

賃貸マンション経営において「立地」「建物」「設備」「管理」などから安定した入居率を得られる物件を選ぶ

記事を読む

賃貸マンションの経営には、長期修繕計画が重要

マンションやアパートの賃貸向け不動産は、竣工時期が一緒であっても、その後の維持管理の良し悪しによって

記事を読む

賃貸マンション経営を成功させるパートナーの存在とは?

賃貸マンション経営において、マンション選びと共に重要なのは、パートナーとなる管理業者の選び方です。特

記事を読む

長く住みたいマンションを提供 投資用マンション3つの設備ポイント!

2012年のアベノミクスを起爆剤とした不動産市場への影響により、現在も首都圏を中心に不動産投資を増や

記事を読む

マンションの賃貸経営と異なる民泊管理とランニングコスト

不動産投資の新しいビジネスモデルとして注目を浴びている民泊は、人口の集中する東京だけでなく観光施設の

記事を読む

賃貸マンション経営には、パートナー(不動産業者)選びが重要

不動産投資で利益を得るためには マンションの売却益を目的とする短期事業 マンションの

記事を読む

人気記事一覧

 
PAGE TOP ↑