民泊と近隣事業コラボでマンション稼働率の安定化を目指せ

公開日: : | マンション投資 |

賃貸マンション経営での空室、収益減少、それらの解決策として「民泊」という手段が近年注目されているものの、管理の複雑化や、近隣住民などとのトラブルを懸念する人が多いです。しかし、必ずしも敬遠されることばかりではありません。近隣の商品、サービスを提供する事業者との間に、民泊ゲストに提供するサービスとしての連携を深めることで、民泊経営の繁栄が事業に好影響を与えると歓迎する声も出てきたのです。

 

そのマンション一番高く貸せる不動産会社が見つかるサイトはこちら

↓ ↓ ↓

↑ ↑ ↑

たった60秒で分かります

 

民泊と商業施設との連携

民泊で提供するサービスに多様性を高めるために、他事業との共生は今後の民泊経営に重要となっていくでしょう。さらに、近隣との連携が高まることで近隣施設とのトラブル回避にも一役買ってくれます。民泊が地域から敬遠される孤立経営にならず「ゲスト」「オーナー」「地域」の連携は、民泊経営に大きな影響を与えると考えられます。

 

【例】近隣の優待券・クーポン券をはじめ特典をゲストの提供

・ 各飲食店から発行される民泊ゲスト専用割引券
・ 観光、商業施設から発行される土産、グッズなどの割引
・ 銭湯などの地域施設のクーポン券

 

これらの施設・店舗などを利用する魅力や価値があることをアピールすることも必要です。施設・店舗などは、地域アピールを促すためにスタンプラリー形式を採用するなど、地域活動として民泊ゲストの歓迎は効果的となるはずです。ガイドブックだけでは、地元の持つ魅力、味覚、サービスには辿りつけないことも多いです。宿泊と共に、知人や友人が観光案内してくれるような感覚を宿泊者が得られるだけでなく、民泊オーナーと地域事業とのコラボで提供する「穴場・裏技的」な情報提供することで、観光客には気づきにくい魅力をしることができます。また、地域の魅力を周知することで、新たな顧客を呼び込むことに繋がるでしょう。

 

民泊と体験型ツーリズムとの連携

ゲストを募集する民泊サイトでは、イベントやツアーと提携する企画も考えられています。観光ボランティアにより観光案内付き低価格体験ツアーなどの予約を宿泊予約と同時に申込できるサイトもあります。

「京都観光地巡り」「日本料理が食べられる料理体験」「日本酒飲み比べ酒蔵ツアー」などです。海外生活経験者、語学を学んでいる人、東京オリンピックに向けたボランティア志願者などが案内として登録されています。

民泊予約者の多くは、ツアーサービスの存在を知らない場合が多く、オーナー側から外国人観光客が日本旅行を楽しめるように、積極的に段取りを行うことで、他の民泊施設と大きな差別化を行うことが出来るのです。

 

民泊とケータリングサービス

現在、日本は円安であるものの、日本観光に訪れる人達にとってお手軽というわけではありません。国によっては大きな取得差があるため、来日する人の多くが、安く日本文化と触れ合うことを希望しています。

この「安さ」「日本文化」を兼ねた食事がコンビニであることをご存知でしょうか?日本の缶コーヒー、惣菜パン、菓子パン、揚げ物、お菓子、その全てが高品質で試してみたいものと感じるという人は少なくありません。

そのため、コンビニのパンを全種類チャレンジしよう、朝食にはコンビニパン、弁当とコーヒー、緑茶という人も多いのです。買い物や観光巡りに疲れてお腹がすいたけれど食事にでかけたくない、出かける体力がないなどという経験はありませんか?

そんな時に、お弁当屋さん、パン屋さん、食堂、レストランなど近場でケータリングサービスを提供してくれる業者と提携し、民泊施設にメニューや連絡先を置いておくと喜ばれます。

また、マンションではなく住宅形式の民泊であるなら、BBQや鍋などのケータリングサービスを準備しておくのも大きな差別化へと繋がるでしょう。民泊に十分な広さがあるなら、日本料理、菓子パン作り、和細工、和菓子などの体験教室をケータリングするのも良いでしょう。

 

まとめ

マンションを活用した不動産投資の稼働率低下を回復したいと考えるものの、民泊のノウハウの未確立、法整備の不十分さなどを感じ、民泊経営に積極的になれない投資家も多いです。しかし、年間を通し安定した稼働率を保ちたいのならば、このような新しいサービスも積極的に取り入れ、充実させていくことが必要となってきます。

2020年の東京オリンピックはまさにその切っ掛けに最適といえます。顧客が増大する時期に他との差を大きく見せつけることで、噂が広まり、オリンピックを終えた後も安定した民泊経営を続けることができるでしょう。

 

そのマンション一番高く貸せる不動産会社が見つかるサイトはこちら

↓ ↓ ↓

↑ ↑ ↑

たった60秒で分かります

関連記事

マンションの大規模修繕、費用を抑え効果を高めるための方法

マンションの入居率を維持するためには、入居者から見て「住んでみたい」と考えさせることが大切です。住ん

記事を読む

難易度が高い中古マンションの入居率をためるアピール法

投資用マンションを購入するときに最も重要視されるのは、高利回りです。 投資用物件として宣伝広告

記事を読む

東京都が新提案する! マンション空室、戸建て空家の保育施設活用

2017年4月時点の待機児童人数が9月1日に厚生労働省から発表されました。全国自治体により調査された

記事を読む

賃貸マンションで問題化している「おとり物件」とは?

賃貸マンションを探す際に、インターネットを活用する人が増えている中で、魅力的なマンションを「おとり」

記事を読む

複数マンション経営のメリットとデメリット

賃貸マンション経営は、1棟目が成功した場合、2棟目、3棟目と増やす人が多いです。所有マンションを増や

記事を読む

要注意!賃貸マンション経営に隠れるリスク

景気回復傾向にあるものの、高所得者にとっては様々な税負担が強いられ、減税、取得増の効果を持つ賃貸マン

記事を読む

投資用マンションの民泊活用!女性好みの改装しよう!

日本における人口減少が問題となっている中、現在は単身世帯の増加による世帯数増加によりマンションやアパ

記事を読む

OLが求める家賃が高くても住みたいマンション

高校、大学を卒業し初めての一人暮らし。希望にあふれる新社会人・大学デビューを迎えるにあたって住みたい

記事を読む

デザイナーズマンションは投資効果を高めるのか?

賃貸マンション経営をはじめようと考えたなら、まずは収益を生み出すマンションを購入する必要があります。

記事を読む

マンション投資と共に増加する不動産投資詐欺に要注意

投資用物件としてのワンルームマンション人気が高まると不動産流通量の増加と比例し、詐欺や情報の隠匿を行

記事を読む

人気記事一覧

 
PAGE TOP ↑