入居者の転居負担を減らす空室対策「ゼロゼロ賃貸」とは?

公開日: : | マンション投資 |

Pocket

賃貸マンションに入居する際、お得となる「ゼロゼロ賃貸」というシステムがあります。ゼロゼロというと、敷金、礼金を想像する人は多いですが、安易に想像できるようになった敷金、礼金ゼロは既に差別化とはならず、現在では、敷金、礼金ゼロは、賃貸需要減少時のサービスとして当たり前となってきているのです。

近年、入居希望者に対するアピールとして注目を集めているのが新たな「ゼロ」のお得アピールなのです。

 

そのマンション一番高く貸せる不動産会社が見つかるサイトはこちら

↓ ↓ ↓

↑ ↑ ↑

たった60秒で分かります

 

需要の少ない地方から生まれた新たなゼロサービス

新しい差別化として考えられているゼロアピールとは、若い年代層・単身者向けのワンルームマンション、需要の少ない地域に家主が新しく提供するゼロサービスは、入居時の負担を減らす「保証金」「仲介手数料」「敷金」「引っ越し費用」に加えて、退去時の入居者の不安を減らす「原状回復費用」ゼロを取り入れるオーナーも出始めたのです。

このようなゼロアピールによる差別化は、入居者に対しての注目度をどのように集めようか?と少ない入居希望者を奪い合うような地方で生まれました。これにより転居の負担は少なくなったため「一度入居してしまえば、余程の理由が無い限り引っ越ししない」という考え方は古いものとなったのです。

競争力を高めるために打ち出されたサービスは「良いものがあれば、いつでも引っ越しをしよう」と、賃貸であっても住まいにコダワリを取り入れられるようになったのです。

入居者の「引き抜き」という力技ではあるものの、地方の空室対策では十分に効果をあげているため、今後は都市部においても空室回復方法として無視できないサービスと考えることができます。

 

新しい「ゼロ円システム」の仕組み

ゼロ円サービスが適用されているものの多くは「1度きり」「金額が一定」などとその負担が予測できるものが多いです。しかし、新たなゼロ円サービスの中には費用が一定ではなく入居者の部屋の使い方によっては費用が大きく変化するため、オーナーは不安を感じる結果となりました。

オーナーの不安を改善するために、ゼロ円システムのサービス提供は、会員登録限定で行われることを前提としたシステムの構築が行われたのです。

 

ゼロ円システム サービス内容
オーナー

月額1,500円程

負担ゼロ

・家賃滞納保証

・ハウスクリーニング

・修繕費用

入居者

月額2,500円程

負担ゼロ

・敷金

・礼金

・保証金

・仲介手数料

・24時間緊急駆けつけサービス

・退去時のクリーニング、修繕、原状回復費用

管理業者 支出が無ければ、収入として計上できる

入居者募集時の差別化が大きい

 

このように多くのサポートを行うことが出来るため、賃貸マンション経営を行う際に会員登録を行い、会費を支払うことで賃貸経営の負担減少を目的とされたのです。

 

ゼロ円システムの選択

ゼロ円システムは、月額会費はかかるものの一度に大きな負担がかかることを避けることができるため魅力的なシステムと考えられます。しかしこのシステムには大きな欠点があります。

ゼロ円システムの利用が普及していない

今後どのような問題が起こるか想定できない

予算が足りない場合は、負担について

多くの問題は、金銭問題の延長上にあると考えられます。退去時にのみ焦点を絞っても、予算が足りなくなれば「追加費用請求」「原状回復の素材が安くなる」「修繕を行う人が素人」「日程を短縮するために破損・欠損」などが予測することができます。修繕費用を安くする方法は多岐に渡りますが、酷い場合には格安素材を利用するだけではありません。近年ではDIY用品も豊富なため素人同然の人が修繕を行う場合もあるのです。

修繕を行う際には、どのようなランクの素材を使い、修復する人はプロなのか?管理会社なのか?修繕が終わるまでどれ程の時間がかかるのか?それらに対する費用は妥当なのかにポイントを置いて十分に確認しておく必要があります。

参加するオーナー側にとっても大きな冒険ですが、システム管理を行う管理会社側も「業者」「入居者管理」「素材」などで上手くバランスを取らないことには、一方的な損失につながりかねません。そのため、実際にゼロ円システムを取り入れている会社はまだまだ少ないです。

 

まとめ

賃貸マンションの件数が多く、所有マンションの近くにシステムを取り入れている管理会社がいる場合には、試験的にその管理会社を利用してみてはいかがでしょうか?

現在では、さまざまな業種でゼロ円サービスが展開されています。賃貸管理会社にとっても一部が一般的となりつつあります。一人一人の多様性を重視されなか、やがて住まいも入居者一人一人の多様性への対応が必要となる日もくるでしょう。多様性の一旦として削るところは削るが、収入を増やせるサービス提供は追加していく臨機応変な考え方が今後の賃貸マンションの差別化に繋がっていくでしょう。

 

そのマンション一番高く貸せる不動産会社が見つかるサイトはこちら

↓ ↓ ↓

↑ ↑ ↑

たった60秒で分かります

関連記事

マンション経営を行うための必須ポイント

サラリーマンの副業による不動産投資では、本業があるため「管理ができない」ことが最大のネックと言えます

記事を読む

マンションの資産価値を高める修繕計画書

賃貸マンション経営の収益を上げるためには、空室率を下げることが重要です。そのためには建物の見た目、外

記事を読む

デザイナーズマンションは投資効果を高めるのか?

賃貸マンション経営をはじめようと考えたなら、まずは収益を生み出すマンションを購入する必要があります。

記事を読む

利益を生み出す賃貸マンション経営者となるための注意点

収益用マンションを購入すれば、マンションオーナーになります。 しかしそれだけでは単に所有してい

記事を読む

投資用マンションを買うなら新築と中古どちらがお得?

不動産投資としてワンルームマンションが人気です。 間取り以外にも人気要因として、立地、階層、間

記事を読む

マンション選びは「高利回り」よりも内容・条件が大切

投資家にとって重要なのは「資産価値」「安定収益」「低リスク」への投資です。 マンション投資も同

記事を読む

知っておきたいタワーマンションの市場動向

不動産投資用マンションの売買動向は鈍化傾向です。マンションの価格上昇傾向は依然として上昇を続けていま

記事を読む

入居率を決定づける「家賃相場」の設定方法

賃貸マンション経営において「立地」「建物」「設備」「管理」などから安定した入居率を得られる物件を選ぶ

記事を読む

中古マンションが今後マンション市場の主流になる理由

かつての日本では、結婚をして子供を得て庭付きの一戸建てを手に入れるのがステータスでもあり、大きな幸福

記事を読む

賃貸マンション経営の節税の仕組みを知って収益を増やそう

経済は株高、円安傾向が継続しています。その影響を受け外国人投資家によるマンション購入も高まり、マンシ

記事を読む

人気記事一覧

 
PAGE TOP ↑