賃貸マンション経営の魅力は長期間続く安定性

公開日: : | マンション投資 |

Pocket

少子高齢化からの年金問題は、多くの人が将来に不安を感じるポイントであり、老後のために何か出来ないか?と考えるものです。そうした中で注目を浴びているのが資産運用としての投資です。数多く存在する資産運用、特徴、目的、必要な手続き、日常的な手間、リスクの大きさなど多くの事が違ってきます。

資産運用を行う際には、その投資の性質を熟知し、自分にとって無理のない運用を考えることが重要なのです。

資産運用の特徴、賃貸マンション経営の魅力とは?

資産運用には様々な種類のものがありますが、将来の安定を考えた際に有効なのが不動産投資の中でも「賃貸マンション経営」なのです。

賃貸マンション経営の良さ

  1. 自己資金が少なくても参加できる
  2. 確実な利益を生み出す
  3. 賃貸経営に時間をかけず利益を得られる
  4. 減税効果がある
  5. 死亡保険としての一面を持つ
  6. 年金以上の魅力
  • 自己資金が少なくても参入できる

賃貸マンション経営による、マンション購入費用は「担保物件」「家賃収入」があることから、比較的容易に借入を行うことができるため、参入がしやすい投資と考えられています。

単身者用中古(築20年)マンション、市場価格1200万円
頭金 300万円(自己資産500万円)
借入金額 900万円
家賃収入  8万円(管理費込み)
返済年数  27年(耐用年数47年のうち20年経過済)
月々返済金額 3.6万円程度

金融機関は市場価値1200万円のマンションに対して900万円の貸付のため比較的容易に債権回収を行うことが出来るのです。このような事から、投資の中でも不動産投資は比較的借入れが容易な投資であるとされています。

2.確実な利益を生みだす。

賃貸マンション経営は、投資用マンションの購入時に、最大限リスクを配慮することで確実に利益を生み出すことができます。

しかし、毎月安定した利益を得られるものの、必要な投資額と比較して決して得られる利益は大きくありません。しかし、目的が将来の安定した収入であるのなら、十分目的を果たしていると考えることができます。

3.賃貸経営に時間をかけず利益を得られる

  • リスクを最大限に回避したマンションを購入
  • 安心して任せることが出来る管理業者

この2つが揃っているなら、管理業務に一切の手間をかけることはなく、毎月の家賃入金の確認のみを行うことが業務となります。これは本業を持つ人でも賃貸経営参入を容易にしている理由の一つといえます。

4.減税効果がある

賃貸マンション経営には「所得税」「相続税」の減税を行うことができます。

賃貸経営は、耐用年数の間は減価償却が発生するため、現金収入を得ながら赤字とすることができます。これにより本業で所得税を支払っている人であれば、マンション経営における赤字を申告することで、本業の所得税還付に繋がります。

また、相続税に関しては、相続税は課税評価額を基準とされるため実際の市場価値よりも低い価値で税金計算が行われます。

相続税の減税

1億の現金所有        → 相続税評価額1億

1億の資産価値を持つ不動産  → 相続税評価額4.2千万円※

※相続税評価額が低い理由

  • 固定資産税評価額は、およそ不動産購入額の6割程度(建物で異なります)
  • 借家として活用することで、借家割合として全国一律3割の減額が可能

5.死亡保険としての一面を持つ

不動産投資ローンの所有者の「死亡」「高度障害」などによりローン返済が行えない場合に代わって返済を行う団体信用生命保険への加入が義務づけられているため、万が一の場合があってもローン返済は行われます。

その結果、ローンの存在しないマンションが資産として残されるのです。

6.年金以上の魅力の理由

個人年金は、受領年齢に達するまで、毎月継続した支払いが必要となります。また、その期間はその支払った資金を活用することはできません。

また受領年齢を迎えてからは定期収入として年金を受領できるものの、日常生活を送る以上の生活は期待することは出来ず、ましてや大きな病気、事故、災害に遭遇してしまっては、限りある資金に不安を感じるようになります。

その点、賃貸マンション経営は、家賃収入からのローン返済が可能なため資金計画を入念に立てることで安定した収入を得ることができるようになります。

  公的年金 賃貸マンション経営
支払い期間 ・毎月支出 ・毎月、家賃収入からのローン返済

・ローン計画次第では、毎月自由になる現金を得ることができる

受領期間 ・安定収入 ・ローン返済完了に伴い、現金収入増

・築年数が古くなっているため、修繕費用の積立が必要

突発的要素への対応 ・なし ・売却により、現金取得が可能

このように賃貸マンション経営の準備を早い段階で行うことで、継続して収益を上げ安定した老後の応援となるのが、賃貸マンション経営の大きな魅力の一つです。

まとめ

賃貸マンション経営では、入居者がいる状態でオーナーが変わることで購入当初から安定した収益を長期間得られる場合があります。しかし、マンションも古くなれば、入居者も不満を感じ退去し、新しい入居者が決まらないなどのリスクも視野に入れる必要があります。

築年数が古ければ、家賃の低下、入居率の低下は自然のことです。安定した賃貸マンション経営には、このようなリスクに対して迅速に対応、助言をしてくれる賃貸管理業者の存在が重要となるため、マンションの選択と共に賃貸管理業者の選択には注意を向ける必要があります。

関連記事

好調が続く都心部のタワーマンション市場は低層階がお得?

首都圏を中心としたタワーマンションの新築販売が続いています。 消費税増税も先延ばしとなり駆け込

記事を読む

今人気の選ばれる賃貸マンションとは?

日本の景気状況は、回復傾向にあるものの、景気即身時の金融緩和、超低金利が続き不動産投資にとって優位な

記事を読む

東京都が新提案する! マンション空室、戸建て空家の保育施設活用

2017年4月時点の待機児童人数が9月1日に厚生労働省から発表されました。全国自治体により調査された

記事を読む

賃貸マンション経営を成功させるパートナーの存在とは?

賃貸マンション経営において、マンション選びと共に重要なのは、パートナーとなる管理業者の選び方です。特

記事を読む

不動産投資だけが「副業」として認められる理由とは?

日本にある多くの企業では、副業が認められていません。 その理由には「本業に支障が出る」「企業に

記事を読む

賃貸マンション経営者の失敗に見られる法則

マンション・アパートを1棟単位で賃貸経営するということは、区分所有では得られない大きな利益を得ること

記事を読む

防犯対策から生まれるマンションの付加価値

住まいを決める際に、好ましいとされる「立地」「浅い築年数」は汎用性の高いアピールとして重要視されます

記事を読む

マンションの賃貸経営と異なる民泊管理とランニングコスト

不動産投資の新しいビジネスモデルとして注目を浴びている民泊は、人口の集中する東京だけでなく観光施設の

記事を読む

人気のワンルームマンションへの投資にも危険が沢山?

2030年まで増加する単身世帯への期待もあり、ワンルームマンションは不動産投資の要となっています。

記事を読む

一棟マンションの魅力 投資用物件としてのメリット・デメリット

資産運用の一つである不動産投資は、安定的な収入が魅力の一つです。株式投資であれば正当な業績を評価して

記事を読む

人気記事一覧

 
PAGE TOP ↑