高齢者の理想の生活を提供できるマンションとは?

公開日: : | マンション投資 |

退職と共に住まいを変える人が増えています。現役時代に戸建て住宅を頑張って手に入れたものの老後に向けて引っ越しを行う。そこにはライフスタイルの変化という仕方のない理由があるのです。これら年齢や生活の変化による住まいの変更を理解することは、賃貸マンション経営を行う際の入居率向上に役立つため、無視することはできません。

 

そのマンション一番高く貸せる不動産会社が見つかるサイトはこちら

↓ ↓ ↓

↑ ↑ ↑

たった60秒で分かります

 

住まいを変える理由は「理想のライフスタイル」

長年勤めあげた職場を退職するに伴い、住まいを変えようと4割以上のシニア層が考えるそうです。その理由には大きく4種類に分けることができます。

家が広いため

子どもの自立にともなって、子ども部屋が余ってきます。いつまでも自分の帰る場所を残しておいて欲しいと考える子供側は少なくないものの、親世代側から言えば、高齢に伴い掃除が大変で放置しがちになります。また生活も最低限の動線で行われるようになるのが一般的で使わない部屋は無駄と考えるようになります。

広い庭も樹木や雑草の手入れなど、放置すれば害虫の発生などを促進し周辺に迷惑をかけることになりかねません。また、雪国であれば道路の除雪、屋根の雪下ろしなどもあります。しかし、それら外回りの作業は、加齢と共に重労働となるだけでなく危険を伴うものになってきます。

求める利便性が違う

住宅を建てたばかりの頃は、子供も小さく周辺環境なども子育てを中心とした環境を求めるため、学校・公園が近く交通量が少ないことが条件となります。しかし、子供も自立することで自分の生活を楽にするためにどのような環境が必要か?を考えるようになるのです。

高齢化と共に通院の機会が増え、自家用車の運転技術も衰えてくるものです。そのため近隣には日常的に活用できるスーパーや薬局、病院などを求める人が増えてきます。

田舎暮らしに憧れて

都会暮らしの雑踏に疲れ切り、自然豊かな場所で第2の人生を送りたいと考える人がいます。仕事一筋で趣味も持たずに生き続け、退職と共にどう生きれば良いのか?と考えたとき、農業や釣り、料理、陶芸などの趣味に没頭できる地に憧れを抱き、田舎住まいを求める人も決して少ないとはいえません。

何でもそろった都会が便利

田舎に移住する人がいる反面、何をするにも自家用車が必要な田舎暮らしは、時間も労力もかかり不便と考える人がいます。都会は生活の利便性が高く、無理のない生活を送ることができると好む人も多いのです。

子孫世代に住まいを提供

広くて通勤に便利な住まいを子孫世代に譲ることは、本人達の希望だけで決定できるものではなく子世代の都合もあるため、余り多いタイプの転居理由ではありませんが所有していた土地・建物の有効的な活用方法として考えられています。

 

老後の引越先は、マンションを購入?それとも賃貸入居?

老後の住まいとして高齢者の賃貸暮らしは、後々の孤独死や痴呆症などの不安があるため、なかなか貸してくれる人はいないというデメリットがあります。

しかし、マンションを購入するためには、預金をマンション資金に使いきることが不安なだけでなく、金融機関からの借入ができるか?月々のローン返済金額、管理費、修繕積立金、固定資産税という問題もあります。このような問題があるため、購入、賃貸、いずれであっても早い段階での住み替えが重要となります。

賃貸マンションへの引越しを考えるなら、残りの生涯にかかる家賃の支払いを年金、預金から算出して住まいを選ぶ必要があります。一般的に家賃価格の理想は、収入の25%以内と言われるため、年金の25%程度を目安にする必要があります。

また、変更前の住まいの条件が立地、築年数などの条件が良いのであれば、貸し出すこともできますが、その際には「修繕費用」「固定資産税」などを配慮して、損をしない価格設定であるか?の確認が重要です。しかし、引っ越しの理由が「体力の衰えにあった住まいを求めて」であるなら、賃貸としての住宅貸出は多くの労力を生み出しかねません。貸し出すにしても「費用面」だけでなく賃貸管理を管理業者に委託し負担を減らす必要があるものの、費用面での損失を避けるために、どの程度の金額でどこまでの管理を請け負ってもらえるのか?の確認が重要となります。

 

老後に安心なマンションとは?

老後の引越しの多くは、衰えた体力でも十分に生活できるか?が重要なポイントとなります。夫婦二人生活であっても、いずれはどちらか一方が先立つ不安も考えておく必要があります。

そのような不安を考える高齢者向けとして、部屋自体は個室でありながら、共有スペースで食事などの団らんを可能とした高齢者向けのシェアハウスも注目を集めています。将来的な不自由や病気への不安へのサポートとして、健康相談、ナース在中、病院との提携により価格に応じてさまざまなサービス内容が提供されているマンションの需要も増えてきているのです。

 

まとめ

老後で自由な時間が増えていたとしても、引っ越しには「体力」「気力」「金銭」が必要です。そのため、年代層を上げて不動産投資を考えるなら、入居者が生活するにあたって不便だと考えるか?を考え、不便の解消をマンション経営に取り組むことで大きな差別化を生み出すと考えられるでしょう。

 

そのマンション一番高く貸せる不動産会社が見つかるサイトはこちら

↓ ↓ ↓

↑ ↑ ↑

たった60秒で分かります

関連記事

マンションの賃貸経営と異なる民泊管理とランニングコスト

不動産投資の新しいビジネスモデルとして注目を浴びている民泊は、人口の集中する東京だけでなく観光施設の

記事を読む

賃貸マンション経営の節税の仕組みを知って収益を増やそう

経済は株高、円安傾向が継続しています。その影響を受け外国人投資家によるマンション購入も高まり、マンシ

記事を読む

民泊トラブルの回避にはハウスルールの内容重要

不動産景気の回復に伴い人口の局地化が進み、企業や大学が集まる利便性の高い地域に、マンション建造が増加

記事を読む

マンション選びは「高利回り」よりも内容・条件が大切

投資家にとって重要なのは「資産価値」「安定収益」「低リスク」への投資です。 マンション投資も同

記事を読む

マンションの民泊活用、清掃業者の選び方が差別化に繋がる?

投資用に購入したマンションを民泊として活用する方法が、不動産投資の一つとして取り入れる人が増えていま

記事を読む

賃貸マンション経営には、パートナー(不動産業者)選びが重要

不動産投資で利益を得るためには マンションの売却益を目的とする短期事業 マンションの

記事を読む

マンションを民泊として活用するなら管理会社はどう選ぶ?

マンションの民泊利用を考えた場合に不安となるのは、マンション管理とゲスト対応です。民泊経営を成功させ

記事を読む

資産価値を左右するビジネス向け不動産用地とは?

賃貸経営を行う際に「場所」や「建物」自体には注意を向けるものの、土地そのものの特徴・性質・リスクを理

記事を読む

賃貸マンション経営を始める前に知っておきたい確定申告の基礎知識

賃貸マンション経営を始めるなら、所得が発生するのですから確定申告は必要不可欠です。個人経営者などの事

記事を読む

マンションの賃貸経営のコツは、リスク軽減管理にあり

アパートやマンションを賃貸経営目的で所有している人が増えています。かつては富裕層、企業家、資産家によ

記事を読む

人気記事一覧

 
PAGE TOP ↑