固定資産税が払えない!?預金や給与、家が差し押さえられる前に対処する方法

固定資産税が払えない!?対処法はあるの?

過去に、『固定資産税を払わないと家が差し押さえられる!?ローンより怖い税金地獄』で、固定資産税を滞納すると財産が差し押さえられると言いました。

固定資産税の滞納は、住宅ローンの滞納と同じように、滞納分を支払えば済む話です。しかし、すぐに支払えないという人は、「家計の見直し相談センター」へ相談してみるのが良いでしょう。
住宅ローンも含めて、あなたの状況に合った解決方法をわかりやすく教えてくれます。

そして、今回は、固定資産税の滞納によって預金や給与、家が差し押さえられた人の体験談を紹介します。

日本最大級の不動産売却専門査定サイトはこちら

↓ ↓ ↓

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

↑ ↑ ↑

高く・早く・賢く・確実に売りたい方60秒でチェック!!

 

固定資産税を滞納!財産が差し押さえられる!?

固定資産税を払わない(滞納する)と、延滞金の請求や他の税金と同様に、まずは財産(預金、給与、住宅など)の差押えという措置がとられます。

次に紹介する体験談は、実際に預金や給与、家などの財産を差し押さえられた人のエピソードです。

実家の固定資産税が未納で給料が差し押さえ!?

昨日実家の土地の固定資産税が未納ということで市役所から私の給与差し押さえの手紙が届きました。

内容は約3年前から固定資産税を払っていないというもので、金額にして約25万円。
未納の時に私のもとにハガキが届くのでその都度母に渡してきました。しかしどうやら払っていなかったようです。

そもそも私は東京に家も買っていて実家に戻ることはありえないのですが・・・

続きはこちら

引用:Yahoo!知恵袋

固定資産税の滞納額が70万でも差し押さえられるの?

固定資産税の滞納額が70万ほどあり、先日役所に書類(出費明細)をもって行きました。

役所のほうで、滞納処分で土地の評価を調べるとのことです。
もう、差し押さえは決まりなのでしょうか?

続きはこちら

引用:Yahoo!知恵袋

亡くなった父の固定資産税滞納額が「200万」!?

亡くなった父が市県民税、固定資産税等滞納しており、200万くらい滞納があります。母が月々分割で払っておりましたが、母が体をこわし自宅療養。生活費もなく生命保険(個人年金)を差し押さえられました。

父が残した借金があり、生活は苦しいです。分割等の話も取り合ってもらえず、毎月5万払わないと家を差し押さえるそうです。

役所は借金でもして返してくれ。家を売って橋の下にでも寝てくれ。「自殺するしかない」と言ったら、市役所が悪いわけではないから自殺でもなんでも、自分で考えてその結論なら仕方ないみたいな言い方されたそうです。

このような方は、今すぐに、「家計の見直し相談センター」へ相談してみるべきです。ファイナンシャルプランナーが住宅ローン、保険、税金についてわかりやすく解決策を提案してくれます。

「180万円」の税金滞納で新築の家が差し押さえ!?

知人が建てた新築の家が、税金滞納(180万円)で差し押さえられました。
役所と交渉し、分割で払う事が決まったのですが、住宅ローン融資先の銀行が、3000万円の融資をストップさせてしまい、知人が大変困り果てています。

180万円もの滞納を旦那さんは知らなかったそうです。

勿論、認識が甘いのでしょうが、せっかく苦労して建てた家を手放すしか方法はないのでしょうか?

続きはこちら

引用:Yahoo!知恵袋

固定資産税の滞納で土地が差押さえ!?

固定資産税の滞納で土地が差押さえられました。
両親はともに70歳を超えており、年金暮らしです。

父は生まれ故郷に財産分与で得た土地を所有しているのですが、生活に余裕がないため固定資産税を滞納しています。

その一方で、土地を処分するため5年前から不動産屋に売却をお願いしているのですが、一向に買い手がつきません。

そうこうしているうちに、市役所から差押書が送られてきました。

続きはこちら

引用:Yahoo!知恵袋

財産が差し押さえられる前に対処する方法

まず、固定資産税の滞納を解消しなければ、元も子もありません。

そのためには、分割して納付する「分納」という手続きで滞納を解消することができます。

「分納」ってなに!?

分納には、『通常の分納』と『納税の猶予(徴収の猶予)』『換価の猶予』があります。

通常の分納とは、特に書類も準備せずに、気軽に行える手続きで書類の準備が面倒な方はこの「通常の分納」を行って滞納を解消すると良いでしょう。

「納税の猶予(換価の猶予)」は、通常の分納よりも「延滞税を50%~100%免除できる」「差し押さえができなくなる」「すでに差し押さえがなされている場合は、一定の要件に該当すれば、差し押さえを解除できる」などのメリットがあります。

また、「納税の猶予(徴収の猶予)」の利用条件に該当せず、すでに財産を差し押さえられている人は、「換価の猶予」という手続きを検討します。

しかし、「換価の猶予が認められる可能性は低い」ということだけは忘れないでください。

もし差し押さえられたらどうなるの?

あまりにも固定資産税を滞納してしまう期間が長くなれば、差押えられた自宅は競売ではなく、「公売」されます。
「競売」が民間が行うものに対して、「公売」は官公庁が、滞納税金の回収の為に行うものです。

税金滞納の時効は、5年とされているため、5年を過ぎる前に公売の為というよりも、税金の時効を停止するために差押えになるのです。

マイホームを購入する人は、嬉しさのあまり、今後ずっと支払い続けなければならない「固定資産税」の事を忘れがちです。
今のうちに、「家計の見直し相談センター」で、住宅ローン、税金、保険などについて相談してみると余分なお金を支払わずに済む可能性があります。

そして、住宅ローンを組む際には、毎月のローンの支払いにプラスして、「税金」の支払分も考慮して返済金額を考えるようにしましょう。

【参考ページ】
新築住宅を購入する前に必ず確認!「固定資産税・都市計画税」って何?
住宅ローンで「破綻」は誰にでもあり得る!?ローンを組む前に必ず確認すべきポイント

 

日本最大級の不動産売却専門査定サイトはこちら

↓ ↓ ↓

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

↑ ↑ ↑

高く・早く・賢く・確実に売りたい方60秒でチェック!!