家具・家電付きマンションの流行を先取りして高い入居率を目指そう

公開日: : | マンション投資 |

Pocket

かつて家具付きマンションを提供する賃貸経営者は一部の大手企業のみでした。大手ではまとめて家具を仕入れる事でコストを抑えることができるものの、一般の経営者には家具・家電の準備、衛生面の徹底、修繕対応、中古を嫌う国民性などが問題となっているためです。

近年では、民泊、シェアハウス、高齢者マンションなど、ターゲットを定めたマンションでは家具付き物件も一般的なものとして考えられるようになってきました。しかし、一般的な賃貸マンション物件では、まだ家具・家電付きが浸透しそうにもありません。それは、オーナーの考え方に影響されている面があります。

 

そのマンション一番高く貸せる不動産会社が見つかるサイトはこちら

↓ ↓ ↓

↑ ↑ ↑

たった60秒で分かります

 

コスト問題以外に家具・家電付きが避けられる理由

オーナーとなる人の殆どは、自己所有の住まいを持っています。生活に必要な家具・家電は、自分の好みのデザイン、利便性、価格から厳選するものという考えを持っています。そのため、コスト的に負担の少ない価格帯の家具・家電を置くことで、入居者のライフスタイルを限定することになり入居が避けられるのでは?と考えてしまうのです。

また、現存の家具・家電提供の民泊、シェアハウス、高齢者マンション、短期間滞在型などの家具・家電にはコダワリを持たないという特徴があります。

・短期間の借り住まい

・自分で買いそろえる余裕(時間、体力など)がない

・共有家具、家電とは別に、自分個人でも所有できる

・生活を直ぐに開始できる

などの都合から、その家具、家電の質にコダワリを持たない傾向があります。しかし、マンションの供給が多くなるほどに他との差別化を行うことで、空室率を抑える対策が必要となってきます。そのため「家具・家電付きに住みたい」という人達をターゲットと定めることは、今後のマンション戦略に大きな役割を果たすと考えられます。

 

海外では家具・家電付きは当たり前?

海外では、家具・家電付きの物件は珍しいものではなく、むしろあって当然と考えられている地域も多いです。積極的に移民をうけいれている国を始め、学生が集まる地域では当たり前のように家具・家電付きでの賃貸募集が行われています。

学生や移住者などの単身者だけでなく、戸建て住宅1件を家具・家電・食器・カーテンなど揃え直ぐに住まいできるような状態で貸し出している物件もあります。賃貸契約書にも「壊したら修理する」程度の項目しか定めず、少々の傷や劣化であれば気にしないというのが、日本との大きな違いであり、家具・家電付きが当たり前と考えられる理由といえます。

 

日本でも浸透し始めた家具・家電付きマンション

日本では、結婚、就職、進学、転勤などを理由とした転居は人生の門出と考えられ、家具・家電を新しく揃えることが殆どでした。しかし近年では引っ越し事情も大きく変化しはじめたのです。

外国人の入居者をターゲットとすることで、外国人の視点でマンションを提供する人も増え始めたのです。「家具・家電を揃えることの困難さ」「退去時に家具・家電が無駄になる」このような外国人を対象とすることで、家具・家電付きが徐々に浸透していっているのです。

外国人利用者を対象として開始した家具・家電付きマンションであっても、同様に家具・家電付きマンションを利用する日本人も増え始めたのです。

これは、Webで頻繁に中古品売買、無料での譲り受けシステムが拡大することにより、誰かが利用したものでも構わないという考え方が広まりはじめたためです。家具・家電付きのマンションに入居する事により「引っ越し費用」「家具・家電購入」などの費用や時間を節約することで、他の部分にお金をかけようという前向きな考え方をする人が増えてきたのです。

 

入居者の立場で家具・家電を選ぶ

家具・家電付きというと、手間とコストがかかるイメージが強いというのも敬遠される理由ですが、1棟物件のオーナーや複数の投資用マンションを持っている方なら、家具・家電付きを検討してみてはどうでしょうか?

複数を一度に購入することで、想像以上に購入額を抑えることも不可能ではありません。

家具を選ぶ際には、ターゲットを絞ったデザイン・機能性を選ぶか?万人受けするデザイン・機能性を選ぶかを決定することが重要です。民泊などに利用されている物件の多くは、賃貸物件を再活用したものが多いため、リーズナブルなインテリアモデルとして参考にしてみるのも一つの手段です。民泊をモデルにすることで、見栄え・動線を活かした家具の設置などのイメージがつかみやすくなるはずです。

修理や故障などの費用は、入居者が問題のある使用をする。入居者に問題があることが明確である場合を除いて、オーナーが負担することが一般的です。これらの責任の所在は特機事項などにより明確にしておくことで最低限のトラブルに抑えることができます。家賃設定は相場よりも若干高くなるものの、付加価値として差別化が明確であり、入居希望者に魅力的な物件であると考えることができるなら、入居率も高まるため空室のままで放置するよりも得といえるでしょう。

 

まとめ

近年では設備・サービスの当たり前のレベルも高まっています。インターネット使い放題、敷金礼金無料、バストイレ別など以前は価値のあったサービスも現在では差別化に繋がらなくなってきています。

家具・家電付きを取り入れるにしても、あっても利用しないような家具・家電ではなく、誰もが付加価値と考えられる設備を取り入れることで、高い入居率を保つことができるのです。

 

そのマンション一番高く貸せる不動産会社が見つかるサイトはこちら

↓ ↓ ↓

↑ ↑ ↑

たった60秒で分かります

関連記事

「設備」に注目した賃貸経営用マンションの選び方

マンション投資が盛んとなり、賃貸投資用に販売されているマンションが増加している中、マンションを選ぶと

記事を読む

一棟マンションの魅力 投資用物件としてのメリット・デメリット

資産運用の一つである不動産投資は、安定的な収入が魅力の一つです。株式投資であれば正当な業績を評価して

記事を読む

人気のワンルームマンションへの投資にも危険が沢山?

2030年まで増加する単身世帯への期待もあり、ワンルームマンションは不動産投資の要となっています。

記事を読む

賃貸マンション経営を始める前に知っておきたい確定申告の基礎知識

賃貸マンション経営を始めるなら、所得が発生するのですから確定申告は必要不可欠です。個人経営者などの事

記事を読む

進化したデザイナーズマンションが、賃貸経営者に人気の理由

建築家・設計士が建物の外観・仕様・意匠などにこだわり工夫を凝らした個性的なマンションがデザイナーズマ

記事を読む

始めてでも失敗しない賃貸マンション経営の始め方

賃貸マンション経営は投資の中でも収益は低いもののリスクも低いという特徴があります。特に避けようのない

記事を読む

今後の賃貸マンション経営には、外国人入居者の積極的受入れが必要

近年、日本では少子高齢化に伴う人口減少、首都圏人口流入を期待した新築マンションの建築をきっかけに住宅

記事を読む

投資用マンションを買うなら新築と中古どちらがお得?

不動産投資としてワンルームマンションが人気です。 間取り以外にも人気要因として、立地、階層、間

記事を読む

サラリーマンに優位な賃貸マンション経営への参入を考えてみよう!

株やFXなどの金融投資と比較してサラリーマン向けの資産形成方法と言われるのが不動産投資です。そのため

記事を読む

タワーマンション設備を、富裕者層は本当に望んでいるのか?

都内にあるタワーマンションは、その価格は1億円を超えるものも少なくありません。なかなか購入できる価格

記事を読む

人気記事一覧

 
PAGE TOP ↑