マンション価格の暴落が迫っている「2020年問題」とは!?東急沿線(二子玉川・武蔵小杉等)への影響は?

公開日: : 最終更新日:2017/03/14 不動産業界

Pocket

032-2

これから「マンションの暴落劇」が巻き起こる!?

昨年(2015年)、東京23区内の分譲マンション価格は、8年ぶりに6,000万円を突破し、リーマン・ショック前、2007年のミニバブルと呼ばれた時期よりも実質価格は上がっています。

ですが、巷でささやかれているのが「2020年問題」なのです。


2020年問題とは?

東京都で初の分譲マンションが売り出されたのは1956年です。
それから約60年の時を経て、日本は全国に約600万戸を抱えるマンション大国となりました。
中でも、全国のマンションの4分の1以上が集中し、日本一のマンションストック数(168万戸)を誇るのが「東京」です。

東京都の人口が2020年にピークを迎え、さらには、全国的に世帯主の年齢が60歳以上のマンションは現在、「約5割」を占めています。つまり、マンション住民の高齢化が急速に進展しているとも言えるのです。

2020年東京オリンピック開催に向けて、マンション業界は大盛況とも言えますが、ブームは五輪終了とともに急速に萎み、価格の値崩れが始まると言われているのです。

それは、東京都心にある優良マンションも例外ではなく、大暴落するのではないかと囁かれているのが「2020年問題」なのです。

一般のマンション市場にも影響が及ぶ?

2020年問題と大々的に囁かれているように、今から4年が経過する間に、マンションの価格が値崩れする可能性は非常に高いです。

そのため、消費者が購入するマンションの価格にも影響しますし、実際、イメージが先行していて、現在も価格が上がっているエリアは、要注意と言えます。
なぜなら、市場の熱が冷めた時、大きな価格の見直しが入ると考えられるからです。

マンション価格が暴落するエリアはどこ?

イメージが先行していて、現在も価格が上がっているエリアと言えば、東急東横線の「中目黒」「武蔵小杉」、東急田園都市線の「二子玉川」です。

中目黒に対する熱は冷めてきていると言われていますが、芸能人も訪れる隠れ家的な飲食店が連なっており、今でも人気がある街です。

また武蔵小杉は、JR横須賀線の新駅開業前から広範囲に高層マンションや商業施設の建設ラッシュが続き、注目を集めている街です。
「ムサコ妻」なる呼び名も生まれるほどで、国土交通省が公表する公示地価で毎年高い上昇率を示している点が人気を高めている理由と言えます。

もし、「あのエリアのマンション価格って適正なのかな?」と気になっているのであれば、「マンションの相場がわかる専門サイト」で調べてみるのもアリですね。

マンション価格が上昇しすぎているのが「二子玉川」

そして、一番イメージ先行でマンション価格が上昇しているのが、東急田園都市線の「二子玉川(通称:ニコタマ)」です。

人気がある東急田園都市線の住みやすさNo.1の街は?駅別に紹介します!』でも、田園都市線の魅力を紹介していますが、二子玉川は異常と言えるほど、”イメージ”だけでマンション価格が上昇しています。

どのようなイメージが先行してマンション価格が上昇しているのでしょうか。次を見てみましょう。

ブランドイメージが高い「ニコタマ」

「都心に近いわりに、自然が豊かで子育てがしやすそう」「さりげなくオシャレでセンスのいい人が暮らす街」と良いイメージを持つ人は確かに多いです。
しかし、二子玉川という街には、上質、上品、高級という「ブランドイメージ」があるのも事実です。

実際に駅周辺を歩いてみると、エルメスのバーキン片手にウインドーショッピングを楽しむ若いママや、高級レストランで真っ昼間からワインを楽しむマダムたちの姿が、あたりまえの日常風景として見られます。

現代に合った「新しいライフスタイル」

これまでの二子玉川は、どちらかというと、50代・60代の多いマダムの街といった印象がありましたが、二子玉川ライズが完成したことで、若い人々(特に若いファミリー層)の憧れの街となりました。

高齢者からファミリー、学生まで、さまざまな世代が住むようになり、街としての魅力が高まりました。
年齢層のバランスのとれた二子玉川は、今後、新しいライフスタイルや文化の発信地となる可能性を秘めた街と言う人までいるくらいです。

ニコタマのマンション価格が暴落する!?

街の魅力が高まると「住んでみたい」と思う人が増加し、ニーズも高まるため、今なら高値でも売れるだろうと目論んで不動産会社もマンションの価格を強気の価格帯に設定します。

一社が価格を上げると、他の不動産会社も連なって価格を上げます。そうなると、もはや手遅れです。どんどん実情からかけ離れた価格にまで上昇していきます。
現状の二子玉川のマンション価格は尋常じゃないくらい、実情とかけ離れていますので、マンションの価格が暴落した時の影響は逃れられないでしょう。

ただ、実際に、その時になってからマンションを購入する、または、賃貸で借りるという選択肢は、間違っていないと言えます。
まずは、急がずに、『新築・中古マンションの適正価格がわかるサービス』で情報収集からスタートしてみるのがベストかもしれませんね。


【参考ページ】
田園都市線でマンションを買うならこの街に決まり!3つの目的から見る住宅の買い方
マンションを購入して後悔している!?失敗した理由をランキングで紹介

関連記事

賃貸物件(部屋)を借りる時の初期費用をできるだけ安くする裏ワザ交渉術

賃貸物件の初期費用って安くなるの? 不動産の賃貸物件(部屋)を借りる時、誰しもが「初期費用を抑

記事を読む

サービス付き高齢者賃貸住宅経営への参入が増加する理由

少子高齢化が進む中、高齢者向け賃貸住宅も注目を集めています。 高齢者向け賃貸住宅は投資用物件と

記事を読む

田園都市線の家賃相場とおすすめの街を駅別に紹介!実際に住んだ感想は?

田園都市線は魅力あふれる街が勢ぞろい 東急電鉄が運営している8つの東急線の中でも1、2位の人気

記事を読む

マンションの最新リノベーションは画期的!?事例を徹底比較してみた結果・・・

中古住宅を蘇らせる「リノベーション」の魅力 過去の記事『リノベーションは大手の会社に任せれば大

記事を読む

人気がある東急田園都市線の住みやすさNo.1の街は?駅別に紹介します!

なぜ、田園都市線は人気なの? 住んでみたい路線として人気の「東急田園都市線」は、同じ東急電鉄の

記事を読む

不動産会社が大手だから安心してはいけません!賢い不動産業者の選び方

大手の不動産業者だから安心!? 昨年2015年に不動産業界を含めて日本中で問題が浮き彫りとなっ

記事を読む

不動産会社が「おすすめ」と言っている物件ほど実はオススメではない!?

賃貸・売買に限らず「おすすめ物件」には手を出すな!? よく不動産の広告に「おすすめ物件はこちら

記事を読む

リノベーションは大手の会社に任せれば大丈夫と安心してない!?業者選びのポイントとは?

中古住宅を蘇らせる「リノベーション」が注目される理由 不動産経済研究所の発表では、首都圏の20

記事を読む

在住者が教える!東急東横線沿線の住みやすさNo.1の街は?駅別に紹介します!

個性溢れる魅力的な街が揃っている「東急東横線」 東急東横線は、毎年必ず「住んでみたい沿線ランキ

記事を読む

名古屋駅前再開発に注目!リニア開業に向けて加速する都市「名古屋」が今、熱い!?

リニア開業見据え活気に溢れる都市「名古屋」 平成37年(2027年)のリニア中央新幹線開業を見

記事を読む

人気記事一覧

 
PAGE TOP ↑