リフォーム自由で貸し、不人気マンションをお宝にする方法

公開日: : | マンション投資 |

築年数が古い建物、立地的に不便な立地、そのため空室率もあがり採算性が合わない。このような理由から一棟物件であっても格安で手に入れることができる物件もあります。それら格安のマンションを活用、上手く賃貸運用できれば、高利回りの投資も可能となることをご存知でしょうか?

人の欲しがらない格安物件をお宝に換える方法をご紹介していきます。

 

そのマンション一番高く貸せる不動産会社が見つかるサイトはこちら

↓ ↓ ↓

↑ ↑ ↑

たった60秒で分かります

 

マンションをリフォーム自由物件として提供

マンションを賃貸経営に利用するとき、入居希望者が住まいを検討するような状態までリフォームを行い貸し出すのが一般的です。築年数に応じた水回りの交換・掃除、設備の入れ替え、壁の張替、見えないところでは配管の入れ替えなども行われます。少子高齢化、住宅過剰供給などによる空室を減らし、入居者を効率よく確保するためには必要とされています。しかし近年は、リフォームを施しても交通、環境などの立地が恵まれていない限り、入居者がなかなか決まらないという現象が増えてきているのです。

リフォームを行っても入居者が決まらない理由は、入居者のニーズにあっていないことが原因となることがあります。

近年、立地などの優位性がない場合の対策として効果を上げているのが「デザイナーズ物件」「ガレージハウス」「専有面積が広い物件」「1部屋の面積が広い物件」などさまざまです。これらには、住まいをする人の独自希望にマッチした場合に強い効果を出します。

しかし入居者の住まいの希望を1つ1つ満たすことはとても難しく、入居者が自由にリフォームできるという方法でニーズを満たす経営が注目を集め始めたのです。

 

自由物件として有意義な物件の見分け方法

リフォーム自由をアピールポイントだといっても、ルールを決める必要はあります。また、家賃設定を格安にし、リフォーム自由に適用すれば他の条件を一切問わずに入居者が決まるということはありません。入居者にとっての日常生活の過ごしやすさに対する配慮を無視しては決して入居者は決まらないでしょう。

交通利便性には問題がないが、築古な物件

交通の利便性が良い、交通の利便性が大きく影響しないなどの地域において、築年数が影響して入居者の興味を集めることができない物件の場合には、若い世代を対象とする自由なリノベーションに向いています。

3点ユニットバスの時代よりも古い、タイル張りの水回りタイプは、タイルや新たなタイルを張り替えるなどのDIYを楽しむことができる入居者にとっては、問題となることはないでしょう。交通の利便性が多少不便でもファミリー向けの生活環境が整っているのであれば若い子育て世代のニーズを捕らえることも不可能ではありません。

雑居ビルをはじめとする商業物件

店舗やオフィスなどの活用を考えていた商店街など、好立地であるにも関わらず時代の流れとともに空部屋となっていることも増えてきています。このような物件は立地がとても恵まれていることから、事務所費などに予算を大きくかけることが出来ない若い企業家たちのオフィス兼自宅として高いニーズをもっています。彼らにも、仕事、私生活におけるコダワリがあり、外観が古びたビルであっても立地が良く、改造自由であるなら、事業スタイルなどを自由に表現することもできニューズが高まるのです。

 

入居者、オーナーの納得いくルール設定とは?

自由にリフォームが出来るといっても、ルールを決めなければトラブルの原因になりかねません。リフォーム自由物件を円滑にするために、事前に入居者とオーナーの間でルールを決定しお互い納得しておく必要があります。

原状回復義務なし

リフォーム自由の魅力は、部屋を好みのものにできるだけではなく、退去時の原状回復義務がないことにあります。入居者にとっては、自分の所有物件のように改造できるメリットがあり、オーナーにとっては空室に入居者を迎え家賃を得ることができるというメリットがあるのです。

リフォーム内容の範囲

リフォーム自由物件であれば原状回復義務を定めないのが一般的であるものの、退去後、入居者を募集した際に、奇抜すぎるリフォームにより敬遠されては困ります。そのため、リフォームの内容には対してオーナーによる確認と許可を必要とする方法が望ましいでしょう。また、リフォームの施行に対して「プロの業者」を限定するか「入居者」が自らDIYを手掛けるのか?また、それらの施行に関する範囲をどこまで定めるのかを決定しなければいけません。最低でも、電気、水道、ガス設備に影響を与えるリフォームは、業者に限定する必要があります。

定期賃貸借契約

入居者が自由にリフォームを行っているとはいえ、短期間で退去を行えば困るのは変わりません。そのためある一定の期間を定めた定期賃貸借契約を締結することが望ましいです。退去の必要性が避けられないなら、借主自身が転貸人となり入居者を募集したうえで、オーナーの同意のもと転貸契約を行うことも視野にいれる必要があります。

 

まとめ

賃貸で住まいを借入れするものの「自分」を表現するために住まいへのコダワリを持つと言う人は、増えてきています。そのため、住まいの選択肢が増えるリフォーム自由物件は、今後ニューズが増えると共にますます注目を集めることでしょう。

 

そのマンション一番高く貸せる不動産会社が見つかるサイトはこちら

↓ ↓ ↓

↑ ↑ ↑

たった60秒で分かります

関連記事

賃貸マンション経営の節税の仕組みを知って収益を増やそう

経済は株高、円安傾向が継続しています。その影響を受け外国人投資家によるマンション購入も高まり、マンシ

記事を読む

マンションを民泊活用する場合に必要な契約書内容とは?

地方や郊外を中心に、マンションの供給率が高まくなり空室が出来ています。それらの対策として民泊経営を考

記事を読む

新築マンション購入、売買契約で失敗しないための契約術

近年は不動産投資にもさまざまな種類が増え、同時に不動産投資参入者も増加しています。そんな中、投資用に

記事を読む

不動産投資で収益Upをするための仕組み

マンションを購入し不動産投資を行うためには、不動産投資でなぜ収益を得ることができるのかを理解する必要

記事を読む

賃貸マンションで問題化している「おとり物件」とは?

賃貸マンションを探す際に、インターネットを活用する人が増えている中で、魅力的なマンションを「おとり」

記事を読む

賃貸マンション経営には、パートナー(不動産業者)選びが重要

不動産投資で利益を得るためには マンションの売却益を目的とする短期事業 マンションの

記事を読む

公務員は、賃貸マンション経営を副業に選べるのか?

副業に専念することで、本業を疎かにする危険性があることから副業を禁止する民間企業は多いです。では公務

記事を読む

マンションの資産価値は、管理会社で変化する

分譲マンションなどの集合住宅を購入した場合、共用部分に関してはマンションの全所有者で維持・管

記事を読む

変化するマンションオーナーのビジネス手段

マンションの空室増加・家賃相場お低下に伴い、十分な収益を確保できなくなったオーナー達の対策として、賃

記事を読む

ペット共存賃貸マンションで差別化を狙え

不動産投資ブームの中入居率が高いと呼ばれる都会でも、建設が増加し続ければ入居率も下がる事が予測されま

記事を読む

人気記事一覧

 
PAGE TOP ↑