不動産購入の流れを知らなくて騙された!?家を買って失敗しないための注意点

067

家を買って失敗や後悔をする人が増えている!?

マイホームを購入すると言っても、マンションであれば、新築・中古で悩みますし、戸建住宅であれば、建売物件(すでに家が建っているもの)にしようか、それとも注文住宅(土地を購入してから建築士と打ち合わせしながら建てる)にしようかと思うことでしょう。

また、近年では、夢のマイホームを手にしたのにもかかわらず、その後、後悔する人が増加しています。
多くの場合、無理な住宅ローンの組み方が原因だとも言われています。他には、不動産取引についての知識があまりにも乏しく、不動産会社から言われたことを全て鵜呑みにしてしまった結果、「あ、騙されたかも!?」と後で気付く人も少なくありません。

不動産取引の流れを把握すると失敗しない!?

家を買って失敗しないための注意点・ポイントは、以下の3つです。

1.不動産取引の流れを把握する
2.信頼できる不動産会社を見つける
3.しっかりと住宅ローンを理解する

それでは、それぞれ詳しく説明します。

1.不動産取引の流れを把握する

不動産取引の流れは、大きく分けて7つの項目になります。

1.資金計画・購入する住宅のイメージを検討
2.物件の見学と購入物件の絞り込み
3.住宅購入の申し込み・住宅ローンの事前審査
4.住宅購入の手付金の支払いと契約
5.住宅ローンの本申し込みとローンの承認
6.引渡し前の立会い
7.物件の引渡し、残代金の支払い

「資金計画・購入する住宅のイメージ」が最も重要!

7項目ある中で最も重要なのが「1.資金計画・購入する住宅のイメージを検討」になります。
なぜなら、「不動産会社選び」と「住宅ローン」が深く関わってくるからです。

例えば、物件は戸建てにするのかマンションが良いのか、その中でも新築なのか中古を購入するのか、内装はどのようなものにするのか等を具体的にイメージする必要があります。また、購入する時期や予算もここで決まります。

自分に合う「親身になって考えてくれる不動産会社」を見つけると失敗をするリスクを減らすことができますので、重要なポイントなのです。

2.信頼できる不動産会社を見つける

先述しましたが、「親身になって考えてくれる不動産会社」こそ、信頼できる不動産会社というわけです。
誰しもが、見た目や中身も含めて魅力あふれる「理想の家」が欲しいと思うのは当然です。

だからこそ、「自分たちに合った」もしくは、「親身になって考えてくれる」不動産業者を選ぶべきです。

たとえば、【あなたに最適なハウスメーカー、工務店が見つかるサイト】を利用すると、納得のいくマイホームを手にする事が可能です。

3.しっかりと住宅ローンを理解する

近年、メディアなどでも「中年破綻」「老後破綻」というキーワードを取り上げるようになってきました。
破綻する主な原因は、「生活苦・低所得者」(60.24%)、「失業・転職」(19.84%)や「給料の減少」(13.47%)、そして、「住宅ローン」(16.5%)となっています。

実際に、『マイホーム購入に年収は気にするな!?住宅ローンの返済がきつくて破綻した話』でも話していますが、「借りられる額」=「返せる額」ではありません。
自分たちがいくらまでなら払えるかを冷静に考えることが肝心なポイントなのです。

「住宅ローン破綻」は他人事ではない!?

たとえば、年収が400万円以上あれば、多くの銀行は「返済比率35%」まで貸してくれます。しかし、そもそも、それが間違いで、「貸してもらえるんだから返せるはず」と思わない方が賢明です。

住宅ローン破綻は、他人事ではなく、誰にでも引き起こる可能性があります。
現在、住宅ローンで苦しんでいる人や、これから家を購入する人も含めて、「家計の見直し相談センターの住宅ローン診断」で住宅ローンの比較見極めをする必要があるでしょう。

難しくて面倒な各銀行の住宅ローンを比較表で代わりに説明してくれます。他にも、繰上げ返済や金利の変動を含めた返済シミュレーションもわかりやすく説明してくれますので、不安や心配がある人は一度相談してみると良いですよ。

【参考ページ】
これからマイホームを購入する人が失敗しないためにする「3つ」の行動!
家を購入するタイミングにベストな時期は無い!?今後、家を買う人は必見!