マンションの民泊活用、清掃業者の選び方が差別化に繋がる?

公開日: : | マンション投資 |

Pocket

投資用に購入したマンションを民泊として活用する方法が、不動産投資の一つとして取り入れる人が増えています。外国人観光客が増加する中で、民泊経営の可能性は幅広いもののやはり他との差別化は重要です。そのため、差別化を行う部分にも注意を向ける必要がでてきます。

 

そのマンション一番高く貸せる不動産会社が見つかるサイトはこちら

↓ ↓ ↓

↑ ↑ ↑

たった60秒で分かります

 

差別化は、慣れないうちは控えた方が良い

民泊としての差別化に重要なのは、宿泊者の印象を良くすることが全てといえます。そのため設置する家具雑貨などのインテリア、写真の撮影、Airbnbを利用したアプローチなど、ゲストを確保するためにさまざまな工夫が行われています。しかし、そのようなアプローチ方法は誰もが知っている方法であるものの、残念ながら宿泊者の「泊まりたい」に対してアプローチするセンスや技術は誰もが持ち合わせているものではありません。

そのため、汎用性の低い思い切ったデザインアプローチに資金をかけ、時に奇抜と考えられるような冒険は、民泊ビジネスに慣れるまでは避けた方が良いでしょう。

まずは、誰もが必要とする部分を完璧にすることに重点をおくことが大切なのです。

 

必要不可欠なサービスの徹底化が重要

ビジネス当初に必要なのは、汎用性の高い必要不可欠な部分を徹底することです。宿泊客がこれだけは必ず必要とするサービスに衛生管理があります。

高い利益率を望む余りに清掃業務を手抜きすれば、稼働率が低下しビジネスとして失速してしまいます。宿泊者を確実につかむためには、清掃業者を上手く選び、提携することが重要なのです。近年、民泊ビジネスの業務拡大と共に民泊専門の清掃業者も増加しはじめ、多くの清掃業者の中から業者選択ができるようになりました。多くの業者の中から、利益を上げるだけでなく、集客につながる業務を行う清掃業者と委託契約を交わすことが、民泊ビジネスの成功に欠かせない重要なポイントとなります。

 

清掃業者の提供するサービス内容と価格相場

清掃業者のスタッフは、一般的に物件ないに設置されている清掃用具を利用します。リネンの洗濯を行うにも手ぶらの状態で物件にやってきます。掃除と清掃以外に行う業務は、清掃業者によって多少の誤差は出て来るため、契約前に業務内容を十分に確認する必要があります。

清掃業者の行う業務

・リネンの選択

・室内の清掃

・破損品チェック

・忘れ物チェック

・宿泊客への事前対応

・宿泊客のリクエスト品調達

このように清掃業者は、オーナーと管理会社の代わりとして現場における実質的な管理を行うこともあります。業者によって業務内容が違うため値段設定もさまざまですが、大まかな相場は、1DKなどの場合1件3,500円から、2LDK以上になると1件5,500円から、ベッド単位での料金設定の場合1ベッド2,000円からが最低価格とされています。

 

清掃業者の選択方法

一般的な清掃業務委託は、民泊管理会社を利用する際に委託する清掃業者が紹介されます。そのため、直接交渉を行うことなく依頼している方が殆どです。費用も管理会社により一括請求が行われるため、内容がシッカリと把握できないというデメリットがあります。しかし、清掃業者と宿泊者の窓口となる不動産会社の関係性が親密なため、細かい面倒ごとに対する対処をオーナーに求めてこないという大きなメリットがあります。

清掃業者の選択は、管理会社を経由するだけではありません。

最近ではインターネット上でも民泊専用の清掃業者広告を確認する機会も増えました。これらの事業者による欠点は、業務を受けている地域や稼働率に制限がれていることです。

近年、この実際に委託できる業者が無いなどの問題を解決するため、地域、稼働率に関係なく業務派遣を依頼できるサービスクラウドソーシングサービスによる清掃業者定型が行われ始めました。クラウドソーシングを通し委託を行うことで、クラウドワーカーが予約に応じ、清掃業務を行ってくれるのです。

このように清掃業者の選択方法は増えているため、清掃業者を選ぶ際には「宿泊者が快適に宿泊できる」「利益の拡大に繋がる」などの基準を定め、シッカリと見極める必要があります。

衛生的で快適に過ごせる清掃をしているか?

清掃業務において「快適に過ごせる」というのは、清掃サービスを委託するうえでも最低限必要な条件といえます。清掃業務は、基本1人で宿泊施設に向かい清掃を終えると共に業務報告をします。その後すぐに次の宿泊客がやってくるという仕組みが殆どなため、清掃チェックを行う人がいない場合が殆どです。そのため、清掃時のマニュアルがあり、清掃研修が行われていることが清掃業者を選ぶ際の最低限必要なポイントとなります。

備品管理が徹底されているか?

清掃用具やアメニティなどの備品管理なども清掃業者により行われることが殆どです。そのため「〇〇状態がふつうです」などのように清掃業者の言うままになるのではなく、業務として必要な部分を明確にしておく必要があります。

アメニティなどの補充に対しても在庫管理を忘れないだけでなく、清掃時に気づいた意見を出してくれる清掃スタッフであることも重要です。

危機管理指導を期待できるか?

民泊の清掃業者は、宿泊者による緊急の病気や時期の第一発見者となる可能性が高いです。万が一に備え、24時間体制による連絡先を持ち、対策マニュアルを持っている業者であることにより、オーナー側は安心して業務を任せることができます。

まとめ

清掃業者の業務は、宿泊者に対して最も接点を持つことが大きい仕事をしています。清掃業務の内容によっては宿泊者の印象が大きく左右するため間接的に民泊経営の利益を握っているといってもおかしくありません。

 

そのマンション一番高く貸せる不動産会社が見つかるサイトはこちら

↓ ↓ ↓

↑ ↑ ↑

たった60秒で分かります

関連記事

「古いが安い」「新しいが高い」どちらが有利? マンション需要の重要性

住まいを選ぶ基準には「交通利便」「周辺の環境」「間取り」「設備」「階数」「外観」「家賃」など色々あり

記事を読む

入居率を決定づける「家賃相場」の設定方法

賃貸マンション経営において「立地」「建物」「設備」「管理」などから安定した入居率を得られる物件を選ぶ

記事を読む

オーナーの積極経営による経費をかけないマンション空室対策

賃貸マンション経営では管理の全てを管理会社に任せ、オーナーは「家賃が通帳に振り込まれて来るのを確認す

記事を読む

区分所有、1棟所有、賃貸マンション経営するならどちらがトク?

賃貸マンションの経営方法には「一棟所有」と「区分所有」の2つがあります。区分所有とはマンションやアパ

記事を読む

マンション投資と共に増加する不動産投資詐欺に要注意

投資用物件としてのワンルームマンション人気が高まると不動産流通量の増加と比例し、詐欺や情報の隠匿を行

記事を読む

長く住みたいマンションを提供 投資用マンション3つの設備ポイント!

2012年のアベノミクスを起爆剤とした不動産市場への影響により、現在も首都圏を中心に不動産投資を増や

記事を読む

マンションの空室を利用した民泊ビジネスの「ウリ」

不動産ビジネスとして新たな展開を見せている民泊事業も、顧客が他にないからという気持ちで宿泊先に選ばれ

記事を読む

マンション経営の関門「ローン審査」をクリアするために必要な条件

不動産投資用に賃貸用マンションを購入するとき「大きく稼ごう」「人気の物件」を、と考えたると、マンショ

記事を読む

賃貸マンション経営がサラリーマンに相応しい3つのポイント

年、本業を持ちながらも、副業としてマンション経営を行うサラリーマンオーナーが増加しています。増加の理

記事を読む

マンションの大規模修繕、費用を抑え効果を高めるための方法

マンションの入居率を維持するためには、入居者から見て「住んでみたい」と考えさせることが大切です。住ん

記事を読む

人気記事一覧

 
  • 住まいサーフィン

PAGE TOP ↑