資産運用に不動産が最適!?その理由をわかりやすく解説!

公開日: : 最終更新日:2017/03/03 不動産投資

Pocket

093

資産運用として不動産投資が注目されている理由

不動産投資は、低金利と年金不安を背景に、新たな資金運用先として注目されています。

預貯金にほとんど利子が付かない低金利が続いていますが、「株式投資」や「投資信託」、「FX」などで積極的な資産運用を行なう人が増えており、不動産投資もミドルリスク・ミドルリターンな資産運用先の一つとして人気を集めているのです。

また、空室がない限り毎月安定的な収入を得ることができる不動産投資は、将来的な年金不安を補う「自分年金」に適していると言われていますし、退職金の運用先としても注目を浴びています。

実際に退職金を不動産へ投資した方の詳細は、『退職金で「不動産投資」をした人は成功した?失敗した?』を見るとわかるでしょう。

「サラリーマン大家」も増加している

過去の記事『不動産投資は初心者でも成功する!?4割以上の会社員大家がしている不動産投資法』でも触れていますが、不動産投資は、購入する不動産(物件)を担保に資金調達できるという特徴があり、必ずしもまとまった自己資金を必要としないため、会社員を続けながら不動産投資を始める「サラリーマン大家」も増えています。

不動産投資家の「43%」は会社勤めをしている

不動産へ投資をすると聞くと「資産家」や「お金持ち」、「高所得者」の人だけが行っていると思われがちです。
しかし、実際に賃貸物件のオーナーの43%は会社勤めと並行して不動産投資を行なっています。

また、年齢構成についても40代が「35.2%」と最も多く、30代も「22.8%」と、比較的若い30代・40代が積極的に不動産投資を行なっています。
不動産投資は、「若いうちは手を出せない」「お金持ちがやるもの」というイメージを持つ人が多いですが、実際には、不動産投資の敷居は年々低くなっており、30代・40代のサラリーマン大家が増えてきていると言えます。

「長期的」「安定的」に収入が得られる

不動産投資をするサラリーマン必見!成功するために知っておくべき「3つ」のポイント』でも触れていますが、不動産投資の最大のメリットは、「長期的・安定的に収入が得られる」ことに尽きます。

投資の代名詞である「株式投資」では日々、価格が大きく動いていているため、一気に利益を得やすいのは確かです。しかし、予測とは逆に動いてしまい想像以上の損失を被ることも考えられるでしょう。

一方、不動産の値動きというのは土地の価格や家賃といったものは急に下がりにくいと考えられるため、比較的、安定的かつ、継続的に利益を得られることが可能なのです。

不動産投資にもデメリットはある

不動産投資は投資の中でもひとつの「事業」と考える人が多いです。そのため、もちろんデメリットもあります。

例えば、「空室のリスク」が挙げられます。
空室期間が長引くと、当初予定していた賃料が得られず、投資計画に狂いが生じてしまいます。
しかし、家賃保証サービスの利用や入居条件の緩和、リフォームやリノベーションなどのノウハウを使いリスクをコントロールすることが可能なうえに、資産を形成する方法としてのメリットが高いため、会社員でも不動産投資をする人が増えていると言えます。

他にも、「災害リスク」や「資産価値・売却価格下落のリスク」、「流動性の低さ」が挙げられますが、他の金融商品と比較しても急落する可能性が低いため、そこまで重要なマイナスとは言い難いです。

安全・安心に不動産投資を行う4つのポイント

資産運用として不動産へ投資をするのであれば、次の4つのポイントは確実に押さえておきたいところです。

【1】常に最新の情報を得る
「投資」の世界では、常に情報が必要不可欠になります。
不動産投資も例外ではなく、いま現在成功している投資家でさえも、【無料の不動産投資セミナー情報サイト(全国開催)】でセミナーに参加したりしています。
「情報と人脈」が同時に得られる不動産投資セミナーは、まさに一石二鳥ですよね。

【2】購入可能な物件を把握すること
安定したキャッシュフローを構築するには、「どの物件が最適なのか」、また、「利回りは何%以上の運用をすれば良いのか」など、具体的にイメージできるようにしておくべきです。

【3】投資エリアを選定する
立地や投資エリアを間違えてしまうと人口減少や人口格差の激しい地域では、空室を避けられない事態になってしまいます。

そうならないためにも、自分自身で現地へ出向き、自分の肌で町の雰囲気や住民の人柄等を感じる事も必要になります。
とはいえ、時間がない人もいますので、時間短縮のためにも【あなたに合った不動産会社を比較・検討できるサイト】で自分に合った不動産会社に相談する事も想定しておくべきです。

【4】投資のタイミングを見極める
立地や投資エリアの選定と同じくらい重要なポイントといえるのが、「投資タイミングの見極め」です。

「投資する時期が来た」と決断するには、判断材料として十分な情報を精査する事も肝心になるため、信頼できる情報元から不動産投資の情報を得ることが大切になってきます。

関連記事

マンション投資にリスクは付きもの!?リスクをコントロールして成功する方法とは?

マンション等の不動産投資にリスクは当たり前!? 過去の記事『不動産投資は初心者でも成功する!?

記事を読む

マンション投資セミナーって行く価値ある?こんなセミナーなら行ってみたいランキング

こんなセミナーなら行ってみたいランキング マンションに限らず不動産投資をしている(これからする

記事を読む

マンション価格が下落するタイミングが不動産投資する絶好のチャンス!?

不動産投資をする絶好の機会が訪れる!? 東京都の2016年7月の中古マンション(70平米換算)

記事を読む

不動産で資産運用を始める前に必ず確認しておきたい全国開催のセミナー特集!

イマドキの「資産運用」はサラリーマンでも可能 資産運用と聞いてどのようなイメージを持つ人が多い

記事を読む

不動産投資は初心者でも成功する!?4割以上の会社員大家がしている不動産投資法

なぜ、不動産投資が注目されているの? 不動産投資は、低金利と年金不安を背景に、新たな資金運用方

記事を読む

マンション投資に失敗した人、成功した人を比較!その違いとは?

なぜ今、不動産投資が注目されているのか いま、不動産投資が注目される背景には、世代問わず、「老

記事を読む

社会問題から誕生した、新たな不動産ビジネスのチャンス4選

空家の放置問題の解決に向けた「特別措置法」が施行されたことで年々空家に対して問題意識が高まっています

記事を読む

不動産投資の資金調達 ローンの特徴は日々変化する

不動産投資ブームをもたらした要因には、アベノミクスによる市場回復、マイナス金利、観光客の増加、オリン

記事を読む

不動産投資の初心者が競売物件に手を出すべきか?競売物件のメリット・デメリットとは

「競売物件」を扱うのは初心者には難しい? 一昔前までは、競売物件といえば、不動産業者しか取り扱

記事を読む

投資のプロREITが行う、「都心」「地方」を活用したリスク分散型不動産投資

大学へ進学をするなら、就職をするなら都心か地方か? 働くなら都会の方が選択も多く給与も高いため

記事を読む

人気記事一覧

 
PAGE TOP ↑