OLが求める家賃が高くても住みたいマンション

公開日: : | マンション投資 |

Pocket

高校、大学を卒業し初めての一人暮らし。希望にあふれる新社会人・大学デビューを迎えるにあたって住みたい理想のマンションというと「便利」「キレイ」「防犯対策が整っている」マンションと考えられています。

しかし、実際に始めて一人暮らしをする女性は「便利」よりも「理想」の住まいを探す人が多いです。立地よりも新築や築浅の都心物件を探し、郊外の古いマンションと比較し高い家賃を支払うことも多々あります。家賃の高さは、それだけのメリットへの対価なため、十分なメリットが備わっているため、安易に無駄とはいえません。

また、女性の未婚率の増加は25~29歳で60%を超え 35~44歳であっても13%を超えています。今後25~29歳の女性が35~44歳になるころには、未婚率・離婚率は現状以上に高まっていることでしょう。このように女性の生き方も昔と比較し多様化を見せ、社会的にも女性の活躍する場が増加しています。政府の政策もあり「結婚、妊娠」を促進するのではなく、若いうちは働く男性と同じように社会にでて働くという傾向が強くなっているのです。

このようなことから、一人暮らし女性も増加する中、賃貸物件のニーズとして女性の理想を詰め込んだマンションを視野に入れておくことも、マンション経営における差別化に繋がると考えられています。

 

そのマンション一番高く貸せる不動産会社が見つかるサイトはこちら

↓ ↓ ↓

↑ ↑ ↑

たった60秒で分かります

 

都心に近い、通勤利便性

2016年中に東京への転入数が転出数を、74,177人超え、埼玉、千葉、神奈川でも1万件を超えています。東京転入は昨年よりも7000人程度減少しているものの、埼玉では2000人、千葉では5500人程度の増加がみられ、一都三県に渡る首都圏への人口集中は継続されています。これと共に、地方から本社機能を一都三県に移転する企業も多く、ますます首都圏に対する人口集中が考えられ、結果として首都圏で一人暮らしをする女性の増加が予測されています。

それら女性の多くは、日常生活の利便性として、職場に近いマンションを好む傾向があります。また、商業施設、プレイスポットなどの仕事帰り、休日過ごし方への充実を考える若者も多いです。

反面、職場に近いことを嫌い人も少なくはありません。

・会社からの拘束を感じて不快

・都心は家賃が高すぎる

このような理由から、通勤利便性の高い、駅からマンションまでの距離を重視する人も少なくありません。

女性の多くは男性のように体力的負担を避けるためや、睡眠時間を増やすために交通の利便性を求めるのではなく、メイクなどの身支度、自炊などの時間を作り出すことを重視する人が多いです。また駅周辺にマンションがあることで、暗い夜道の一人歩きも比較的回避することができるというメリットがあります。

このように駅に近いマンションは、入居者にとって利便性が高い物件であるため空き室率も低く資産価値が下がりにくいという利点があり、投資的な観点から見ても長期収益を得やすいのです。

 

女性は新しいマンションを好む

近年、DIYを行う女性の増加や、理想とする豊かな日常生活を充実させるためリノベーションを行う人が出てきました。しかし、そのように器用な人ばかりでもなく、部屋の快適さを追求するための時間を取れない人も多いです。それに加え、リノベーションを行うには自己所有のマンションである必要があるため古いマンションを自分ごのみに改造するということは、夢でしかありません。

そのため、理想やコダワリを新築・築浅といった最新設備の整うマンションに求めるのです。

新築ワンルームマンションであれば、オートロック、防犯窓付エレベータ、音声や映像で来訪者を確認できるインターホンなど女性が安心して一人暮らしをできる防犯設備などを兼ね揃えているマンションも増えてきています。

家賃が多少高くても、新しくキレイで防犯設備整い安心できるマンションが理想とされているのです。

 

オシャレなデザイン

男性よりも女性の方が、住まいを生活する場として接する機会が多い傾向があります。この傾向から、男性よりも女性の方が、住まいに対するこだわりが強いと考えられます。近年、男女平等に働く機会が増えているものの、自分の住まいでユックリした落ち着いた時間を過ごすことが大切と考える人は決して少なくなることはありません。

部屋お内装などは「北欧風」「カフェ風」などのテーマで統一され、賃貸マンションであっても家具・小物雑貨を揃えたセンスの良いインテリアを楽しむ一人暮らしの女性も増えてきているのです。

 

まとめ

本来は、住まいにとって見た目は後回しにされることも多く、実際の住みやすさは二の次にされることも少なくありません。しかし若い世代の女性は「理想」や「見栄」はなかなか手放すことはできないものなのです。そのため、月々の家賃が高い分は、食費などを節約し自炊を行うことで上手くバランスをとっています。

投資用マンションを購入するとき「高いのでは?」という価格であっても、上手く女性の理想を満たすことを十分な収益を得ることができるようになるのです。

 

そのマンション一番高く貸せる不動産会社が見つかるサイトはこちら

↓ ↓ ↓

↑ ↑ ↑

たった60秒で分かります

関連記事

長く住みたいマンションを提供 投資用マンション3つの設備ポイント!

2012年のアベノミクスを起爆剤とした不動産市場への影響により、現在も首都圏を中心に不動産投資を増や

記事を読む

賃貸マンション経営「頭金ゼロ」条件とは?

2017年3月に発表された日本人の平均寿命は、女性86.99、男性80.75と確定しました。

記事を読む

マンションの民泊活用、安定収益には価格設定がポイント

2016年訪日外国人は2,400万人を超え、2017年上半期のみで13,757万人の外国人旅行客を迎

記事を読む

知っておきたいタワーマンションの市場動向

不動産投資用マンションの売買動向は鈍化傾向です。マンションの価格上昇傾向は依然として上昇を続けていま

記事を読む

民泊ビジネスを成功に導くために大切なこと

オリンピックを前に外国人観光客を誘致が増え、Airbnbを利用した民泊利用が増加しています。それと共

記事を読む

変化するマンションオーナーのビジネス手段

マンションの空室増加・家賃相場お低下に伴い、十分な収益を確保できなくなったオーナー達の対策として、賃

記事を読む

賃貸マンションで問題化している「おとり物件」とは?

賃貸マンションを探す際に、インターネットを活用する人が増えている中で、魅力的なマンションを「おとり」

記事を読む

健全な賃貸マンション経営には間取りが重要

賃貸マンションの経営を考えた際に、物件選びとして重要なことには「立地条件」「周辺環境」と並び重要とさ

記事を読む

マンション経営の成功には、質の高いマンション管理と出口戦略が重要

賃貸マンションの経営において、1棟マンションならではの重要となる要素があります。それは管理の品質です

記事を読む

「古いが安い」「新しいが高い」どちらが有利? マンション需要の重要性

住まいを選ぶ基準には「交通利便」「周辺の環境」「間取り」「設備」「階数」「外観」「家賃」など色々あり

記事を読む

人気記事一覧

 
PAGE TOP ↑