サラリーマンに最適な賃貸マンション経営で不労所得を得よう

公開日: : | マンション投資 |

Pocket

近年、不動産投資に参入した人の多くは、サラリーマンで本業を持つ人が多く、働きながらマンション経営を行っています。マンション経営を副業に持つサラリーマンには20代前半から50代まで幅広く、既に人生設計を綿密に計画したうえで賃貸用マンションを保有している人もいます。また女性の経営者には、将来のための支援として親から援助を受け賃貸マンション経営を行っている人も少なくありません。

このように若い世代の人達が、不安定な本業を支えるため副業として不動産投資に手を出しているのです。

 

そのマンション一番高く貸せる不動産会社が見つかるサイトはこちら

↓ ↓ ↓

↑ ↑ ↑

たった60秒で分かります

 

本業への影響が少なく、小さな資本金から開始できる

賃貸マンション経営を行っている人にとっては、目的の殆どが収入の増加や資産形成です。本業以外に収入をえるために行われる副業には、さまざまな種類がありますが、本業として会社勤めをしているサラリーマンにとって、本業を終えた後に労働に従事するというのは「時間」「体力」「精神力」に厳しいものです。

もし週3(3時間)で、コンビニバイトを行った場合、時給1,000円程度で得られる月間収入は36,000円です。しかし、これは睡眠時間などの休養時間の減少だけでなく、体力消耗、時には対人関係のトラブルによる精神的な消耗を受け大きな負担となり本業を疎かにしてしまう可能性が高いです。そうなってしまっては、昇給に大きな影響を与えるだけでなく、会社に大きな損失を与える原因となりかねません。そうなってしまえば、副業により一時的に収入は上昇しても、将来的には身体を壊し入院となり収入や貯蓄が大きく減少してしまう可能性があります。

一方、開始当初に自己資金を必要とする株式、FXなどの投資であれば、疲労により本業に影響を与えることは少ないです。しかし、実際に金融投資に手を出して見ると、安定傾向にある経済の中でも社会情勢などの影響を受け、市場は大きく上下していることが判るはずです。金融投資は、日々投資額の増減に一喜一憂することで、もともとの資産が激減することもあるのです。1年間節約し我慢を重ねて貯めた100万円が、「美味しいものを食べる」「旅行に行く」「オシャレをする」など、自分のために使うことなく、資産価値が半分以下になってしまうこともあります。

そうなっては、精神的なダメージも大きく本業に影響を与える人も出てきてしまうでしょう。その点で言えば、不動産投資は初期投資費用が大きく、収益金額は小さいものの、1度入居者さえ決まれば最低2年間の安定収入が保証されます。そのマンションが大学側であれば、1度入居者が決まれば安定した収入が4年間保証されるのです。

また賃貸マンション経営が「本業に影響を与えない」と言われる理由には、賃貸経営における入居者への対応や、設備トラブルに関しても賃貸管理業者が対応するためです。そのため「肉体疲労」「精神疲労」が少なく安定した収入を得られる方法として賃貸マンション経営がサラリーマンの注目を集めているのです。

これらの理由の他に、賃貸マンション経営を始めとする不動産投資に注目が高まった理由には、金融機関による金融条件の緩和があります。

不動産投資といえば、投資家、企業経営者、地主など資産または収入の多い人により経営が行われるものだと考えられていました。しかし、近年では、不動産投資などへの量的金融緩和への政策も広がるだけでなく、市場流動、景気回復も見られ、それらを原因とするマイナス金利の終了は、金融機関にとっては貸出に力を入れ始める理由となったのです。そのため金融機関の多くは企業や個人に対して積極的な融資が行われるようになりました。その結果として、今まで収入や資産、資金が少なく融資を受けることができなかった人も不動産投資に参入できるようになったのです。

さらに本業として毎月安定収入が入ってくるサラリーマンは、いざと言う時の返済が保証されていることを意味するため、融資を受けやすい状況になっているのです。

 

生命保険としての賃貸マンション経営

賃貸用マンションを購入する際に受ける融資には、毎月支払う金利の中に保険料が含まれています。その保険は団体信用生命保険といい、これはローン契約者(マンション所有者)に万が一のことがあり死亡した場合、ローン残高を保険で精算することができるというシステムです。残された家族は「借金は無く」「収益用マンションが残る」ため、現金だけが残る生命保険よりも将来的に安定した資産を家族に残すことができるという利点を持つため、賃貸マンション経営が魅力的であると考えられています。

 

まとめ

このように収益、資産を増やす方法として、賃貸マンション経営は極めて安定した魅力を持っているといえるのです。

賃貸マンション経営が人気となったのは、人気となるだけの理由を十分にもちあわせていたためです。投資は経済情勢、社会情勢、政策などの影響をうけ大きな変化を迎えることはあるものの、バブル崩壊したころと経済が動き出した今ではさまざまな面がことなっています。

かつて諦めたマンション経営も、日常的豊かさを手に入れるため、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

 

そのマンション一番高く貸せる不動産会社が見つかるサイトはこちら

↓ ↓ ↓

↑ ↑ ↑

たった60秒で分かります

関連記事

1棟所有マンションの収益性が高い理由

将来的な収益増を狙って参入する投資には、株やFXのように「短期で大きな利益を得る」または「大きな損失

記事を読む

賃貸マンションを購入失敗しないために、注目したい必要経費

賃貸用マンションを購入する際に、いくらで貸せるかの家賃価格も重要ですが、諸費用・税金も重要となります

記事を読む

マンションの賃貸経営と異なる民泊管理とランニングコスト

不動産投資の新しいビジネスモデルとして注目を浴びている民泊は、人口の集中する東京だけでなく観光施設の

記事を読む

長く住みたいマンションを提供 投資用マンション3つの設備ポイント!

2012年のアベノミクスを起爆剤とした不動産市場への影響により、現在も首都圏を中心に不動産投資を増や

記事を読む

OLが求める家賃が高くても住みたいマンション

高校、大学を卒業し初めての一人暮らし。希望にあふれる新社会人・大学デビューを迎えるにあたって住みたい

記事を読む

サラリーマンに優位な賃貸マンション経営への参入を考えてみよう!

株やFXなどの金融投資と比較してサラリーマン向けの資産形成方法と言われるのが不動産投資です。そのため

記事を読む

マンション選びは「高利回り」よりも内容・条件が大切

投資家にとって重要なのは「資産価値」「安定収益」「低リスク」への投資です。 マンション投資も同

記事を読む

マンション経営の関門「ローン審査」をクリアするために必要な条件

不動産投資用に賃貸用マンションを購入するとき「大きく稼ごう」「人気の物件」を、と考えたると、マンショ

記事を読む

入居率を決定づける「家賃相場」の設定方法

賃貸マンション経営において「立地」「建物」「設備」「管理」などから安定した入居率を得られる物件を選ぶ

記事を読む

不動産投資と住まいの併用は、利益を与えてくれるのか?

賃貸経営と自己居住用物件これらを同時に所有することができるのが、賃貸併用住宅です。毎月家賃収入を得る

記事を読む

人気記事一覧

まだデータがありません。

 
  • 住まいサーフィン

  • まだデータがありません。

PAGE TOP ↑