資産価値の維持につながる!今人気のデザイナーズマンション

公開日: : | マンション投資 |

Pocket

デザイナーズマンションへのイメージは、建築家による工夫豊かなデザインを取り入れたマンションというイメージを持っている人が多いです。これは、「大改造!!劇的ビフォーアフター」と呼ばれる番組の影響が大きいといえます。放映されている物件はほとんどが一軒家ではあるものの、毎回建築家による生活に密着した独創的なデザインは建築の可能性を印象づけました。

近年人気となっているデザイナーズマンションはどのようなものか?賃貸経営において、どのように活かされるのか?を知れば、賃貸マンション経営を行う際に大きな差別化を生み出すことができるでしょう。

 

そのマンション一番高く貸せる不動産会社が見つかるサイトはこちら

↓ ↓ ↓

↑ ↑ ↑

たった60秒で分かります

 

デザイナーズマンションとは?

このようなものが「デザイナーズマンションだ!」という明確な定義は示されておらず、建物の仕様、外観の意匠に対して建築家や設計者が工夫を凝らしているものをデザイナーズマンションといわれるのが一般的となっています。

普通のマンションとは少し違う、外観、内装、共用部分などに対して、何らかの知恵を尽くしたデザインが施されることで、デザイナーズマンションとされる場合があります。このように曖昧な定義のため、マンション経営にデザイナーズマンションを取り入れようとするときには、作る側の理屈ではなく、生活を行う入居者の視点で工夫を凝らしているマンションに重点をおくことが大切です。

 

周囲が認めるデザインの誕生理由

賃貸マンションにおける汎用性の高いデザインであれば、日々変化するライフスタイル、建築技術の進化を取り入れながら、入居者の利便性、生活スタイルを重視した投資効率に重点が置かれます。使い勝手の良い汎用性の高さ超えることは冒険とされるため、デザイナーズマンションの多くは、生活利便性が高いとされる間取りが、新しいものを取り入れることを拒みライフスタイルを規制しているのでは?という問題意識にたどり着いたとされています。

そこから生まれたのが「コンクリート打ちっぱなし」「無垢木材」「間仕切りを取り払った広い空間」です。これらの利点は、クロス・ボードを利用しないことによる、入退去時のリフォーム費用の減少です。このようなランニングコストだけでなく、環境面に配慮されている場合も多く、資産価値の低下を防ぐことに繋がると考えられたのです。

 

生活スタイルに密着した住まいの価値

設計者のコダワリが強くなると作り手の美術作品とされ、住みやすさが蔑ろにされるのでは?という印象を受ける人が多いです。しかしマンションのデザイン設計は、入居者が快適に生活できなければ価値がありません。貸す側のコストよりも、入居者の日常生活の理想を優先したデザイン性の高いものが、本当の意味でデザイナーズマンションというのではないでしょうか?

入居者を無視し、興味を集めることができないマンションでは、意味がありません。設計者のコダワリに共感を持つ人がいることが、マンションの価値として重要なのです。

 

デザイナーズマンションでも立地の選択は重要

マンションの資産価値は、おしゃれなデザインであれば高いというものではなく、利用する人の生活しやすさの全てが価値を高めます。そのため建物に重点を置くだけでなく、立地の選択も重要です。

交通利便性

入居率や家賃を定める際に最も重点がおかれています。特に、都心部へのアクセス、複数路線の利用、急行・快速などの利用、乗り換えを排除した時間短縮、交通機関の利用しやすさが価値を高める際の重要なポイントとなります。

生活利便性

コンビニ、スーパー、薬局、学校、病院、公的機関の充実といった普段の生活に必要な環境が周辺にととのっているかが重要となります。商業地域の場合は、品ぞろえの多い店舗の充実、状況によってターゲットを変更できるなどの汎用性の高さが魅力とされ高い資産価値を所有しています。

居住快適性

豊かな生活を応援してくれる周辺施設や環境も重要です。歴史的に価値の高い地域、公園、図書館、文化的施設、娯楽施設、快適な環境は人に重要度は異なるものの、なんらかの施設があることで、それを魅力と感じる人をターゲットとした高い価値を持つことができます。またそれらの環境を配慮したデザインを活用することで、強い印象付けを行うことができます。

安全政策

地域によっては大昔から自然災害が多い地域というものが存在しています。地盤の軟弱さ、水害対策だけでなく、地域開発が行われることで非難の容易さ、被害の拡大防止、近隣の災害対策意識などもファミリー世帯にとっては大きな影響を与えます。

また築年数によっては、建物の耐震強度にも違いがありますので、購入前には築年数、耐震対策を尋ねておくことも重要です。

 

まとめ

マンションは立地が重要といいますが、駅に近いというだけでマンションを選んではいけません。日常的な生活を豊かにするための生活インフラが整っている事も重要となります。全ての条件を揃えたマンションというものはとても難しいですが、ターゲットを定めた上で最低限必要な施設を定めることで条件は整いやすくなります。以上を念頭にいれ、自分が理想とするデザイナーズマンションを探してみてはいかがでしょうか?

 

そのマンション一番高く貸せる不動産会社が見つかるサイトはこちら

↓ ↓ ↓

↑ ↑ ↑

たった60秒で分かります

関連記事

オーナーの積極経営による経費をかけないマンション空室対策

賃貸マンション経営では管理の全てを管理会社に任せ、オーナーは「家賃が通帳に振り込まれて来るのを確認す

記事を読む

賃貸マンションで問題化している「おとり物件」とは?

賃貸マンションを探す際に、インターネットを活用する人が増えている中で、魅力的なマンションを「おとり」

記事を読む

賃貸マンション経営の魅力は長期間続く安定性

少子高齢化からの年金問題は、多くの人が将来に不安を感じるポイントであり、老後のために何か出来ないか?

記事を読む

投資用分譲マンションで、民泊は利用できるのか?

海外からの観光客増加に伴いAirbnb(エアビーアンドビー)と呼ばれるサービスが盛んとなっています。

記事を読む

1棟所有マンションの収益性が高い理由

将来的な収益増を狙って参入する投資には、株やFXのように「短期で大きな利益を得る」または「大きな損失

記事を読む

マンションの賃貸経営のコツは、リスク軽減管理にあり

アパートやマンションを賃貸経営目的で所有している人が増えています。かつては富裕層、企業家、資産家によ

記事を読む

マンションの資産価値を維持するために必要な5項目

不動産投資というと、賃貸マンションを購入し長期計画のもと家賃収入を得ることを目標とする人が殆どと考え

記事を読む

人気のワンルームマンションへの投資にも危険が沢山?

2030年まで増加する単身世帯への期待もあり、ワンルームマンションは不動産投資の要となっています。

記事を読む

マンション経営の関門「ローン審査」をクリアするために必要な条件

不動産投資用に賃貸用マンションを購入するとき「大きく稼ごう」「人気の物件」を、と考えたると、マンショ

記事を読む

入居率を決定づける「家賃相場」の設定方法

賃貸マンション経営において「立地」「建物」「設備」「管理」などから安定した入居率を得られる物件を選ぶ

記事を読む

人気記事一覧

 
PAGE TOP ↑