民泊ビジネスブーム到来と共に増えるマンションリフォーム

公開日: : | マンション投資 |

Pocket

一般の住宅を旅行者に貸し出す民泊ビジネスが2018年1月に全国で解禁予定となっています。解禁に伴い民泊管理を行う専門業者は、近隣トラブルの対策におけるルール作りに試行錯誤している状態です。管理会社が民泊ビジネスのネガティブイメージに対する日々の対策と解決を繰り返し安定した運営方針を立てるに従い、空室の増加したマンション経営者たちは現在民泊ビジネスに対し強い視線を注ぎ始めたのです。

民泊が全国的に解禁されれば、地方の観光PRと共に競争の激化が予測されています。

民泊ビジネスの参入増加が予測される中、課題となるのは、空室となっているマンションを「競争力のある宿泊施設」にすることです。そのためには、リフォーム・リノベーションが有効な手段と考えられており、民泊に特化したリフォーム・リノベーションの需要が高まると考えられています。

 

そのマンション一番高く貸せる不動産会社が見つかるサイトはこちら

↓ ↓ ↓

↑ ↑ ↑

たった60秒で分かります

 

住まいから宿泊へ、マンション改装の重要性

賃貸マンション経営における物件は「住まい」がテーマでしたが、民泊になることで「宿泊」がテーマへと変わります。ターゲットも日本人から外国人観光客へと変わり、利用者の利用目的は日常生活の拠点から、観光旅行の拠点へと変わります。

住まいから宿泊へ変更することでマーケットニーズは変化します。これにより、人口減少による空室が問題となっていた地方のマンション経営も、観光の拠点として魅力的にアピールすることが出来るようになるのです。空室に困っていた物件にもチャンスが訪れたと考える事ができます。

民泊ビジネスにおいて競争力のポイントとして注意が必要なのは、日本人の持つ概念でリフォームしていては外国人観光客向きにならないことです。そのため主観を変えた創意工夫が必要とされています。

外国人観光客をターゲットとするためには、外国人観光客が魅力的だと思う要素を盛り込んだリフォームを行い、サービス提供が必要となります。

 

民泊向けリフォームサービス

民泊ビジネスの殆どは、その管理運営を代行会社に任せるはずです。そのため民泊代行会社では、施工実績の多いリフォーム業者と業務提携し、民泊リフォームサービスを提供しはじめたのです。これにより代行会社と契約すれば、宿泊者の求めるサービスを配慮したリフォームを一括でセット依頼することができるのです。

この手の会社では、全世界で民泊紹介を行っているAirbnbを念頭にした民泊専用のリフォームを行うだけでなく、リフォーム費用の改修シミュレーションや宿泊費の提案も含めて提案が行われます。

その他にも、必要とされる家具・家電・小物の選択の際に、必要不可欠なものを選ぶだけでなくインテリアコーディネートのサポートを受けることができるのです。

また民泊に利用できるマンションを所有していない場合には、民泊として優位にたてる物件選び、リフォーム、資金運用まで全ての業務に対してサービス・サポートの提供を行っている会社もあります。1社で全てを任せる事ができるサービスは、ワンストップサービスと呼ばれ、マンションビジネスの全体像を把握しやすくする特徴を持っています。

宣伝・集客をWeb中心で行うだけでなく、オーナーの相談に対してもチャットを利用した相談受付が行われている面も便利です。

しかし、これら民泊ビジネスは、民泊新法及び自治体の条例許可に準じて開始されるため、現在は地域が限定されており、2018年の解禁までお預け状態となっています。

 

民泊リフォームのポイント

賃貸マンション経営では住戸の清掃は、入居者各自が行うように、家賃を受け取れば後はお任せという面が多かったのですが、民泊ビジネスではオーナーが宿泊者変更の都度メンテナンスを行う必要があります。リフォームを行う際には、メンテナンスの手間をなるべく省けるようにしておくことが重要なのです。

壁や床のリフォーム素材

壁、床、建具などのリフォーム費用は、多少コストが高くなっても、丈夫で汚れにくい素材を選ぶ方が最終的なランニングコストが抑制できます。

水回りのリフォーム

賃貸マンションであれば水回りの充実度は、生活のゆとりを高めるためにも重要です。しかし外国人をターゲットとした民泊ビジネスであれば水回りの優先度は落ちます。旅行者がキッチンを使う機会は少なく、バス・トイレ・洗面についても同様に重視する必要はありません。宿泊人数にもよりますが、外国人の場合バス、トイレ、洗面が一体となった3点ユニットバスであっても抵抗は少ないのです。

インテリア

外国人観光客をメインターゲットにした場合、内装デザイン、インテリアのコンセプトは、和テイストにすることが重要なポイントです。本格和風はコストが高くつくため、ローコストで雰囲気を作りだすことができる和の演出が重要なポイントとなります。和テイストに拘らない場合であっても、個性的なセンスをバランス良く取り入れることが大切です。

インテリアで注意が必要なのは、コダワリ過ぎてコストパフォーマンスを無視し過ぎてしまうことです。リフォーム費用を掛け過ぎては、収益性が低下してしまうので気を付けてください。

 

まとめ

民泊ビジネスに必要なリフォームに重要なのは「住まい」と「宿泊」では求めるものが違うということです。また日本人と外国人による文化や価値の違いを配慮しておくことが大切なのです。

 

そのマンション一番高く貸せる不動産会社が見つかるサイトはこちら

↓ ↓ ↓

↑ ↑ ↑

たった60秒で分かります

関連記事

投資用分譲マンションで、民泊は利用できるのか?

海外からの観光客増加に伴いAirbnb(エアビーアンドビー)と呼ばれるサービスが盛んとなっています。

記事を読む

資産価値を左右するビジネス向け不動産用地とは?

賃貸経営を行う際に「場所」や「建物」自体には注意を向けるものの、土地そのものの特徴・性質・リスクを理

記事を読む

利益を生み出す賃貸マンション経営者となるための注意点

収益用マンションを購入すれば、マンションオーナーになります。 しかしそれだけでは単に所有してい

記事を読む

マンション経営の関門「ローン審査」をクリアするために必要な条件

不動産投資用に賃貸用マンションを購入するとき「大きく稼ごう」「人気の物件」を、と考えたると、マンショ

記事を読む

賃貸マンション経営がサラリーマンに相応しい3つのポイント

年、本業を持ちながらも、副業としてマンション経営を行うサラリーマンオーナーが増加しています。増加の理

記事を読む

賃貸マンション経営を成功させるパートナーの存在とは?

賃貸マンション経営において、マンション選びと共に重要なのは、パートナーとなる管理業者の選び方です。特

記事を読む

今後の賃貸マンションの入居率には、外国人を無視できない

日本の人口減少を受け、東京都では地域からの人口流入を促すための政策に重ねて外国人流入を促進するための

記事を読む

公務員は、賃貸マンション経営を副業に選べるのか?

副業に専念することで、本業を疎かにする危険性があることから副業を禁止する民間企業は多いです。では公務

記事を読む

好調が続く都心部のタワーマンション市場は低層階がお得?

首都圏を中心としたタワーマンションの新築販売が続いています。 消費税増税も先延ばしとなり駆け込

記事を読む

賃貸マンション経営時のリフォーム費用対効果

賃貸マンション経営において入居者が退去した後の空室は大きなリスクです。しかし、次の入居者を募集する前

記事を読む

人気記事一覧

 
PAGE TOP ↑