マンションが自主管理よりも、賃貸管理会社を利用した方が良い理由

公開日: : | マンション投資 |

Pocket

賃貸マンションを経営する際には、管理業務は管理会社に委託するのが一般的です。「勤め先が有名なところだから家賃回収に問題がおこらないだろう」などという思い込みは危険です。

分譲マンションの1戸の場合、メンテナンス・清掃業務費用として維持管理費を支払うことになります。これ以上マンション管理で支出を増やしたくない。このように考えるのも分かります。しかし、本当に大丈夫でしょうか?

確かにマンションの管理組合でも管理会社が利用されており、管理業者は定期的にマンションを巡回し日々の管理業務にあたります。しかしマンション管理のサポート担当者は1人で複数のマンションを管理しており、効率よく業務を行い、管理会社自体もコスト削減を行うため、作業をマニュアル化した内容で管理員の教育が行われています。

マニュアル化された業務は確かに効率的ではあるものの、入居者の生活を理解した管理であるかというと違っています。そのため個別に対処が必要となるトラブル対して管理組合が委託した管理会社は対応を範囲外とする場合も少なくありません。

そんなとき管理会社に業務委託を行っていないマンションオーナーに、問題の解決が求められてしまうのです。

マンションの専用部分の設備修理、近隣住民との騒音問題、ペット問題など、マンションオーナーが対応するには、荷の重いトラブルが多く潜んでいるのが、マンションの管理業務なのです。

 

そのマンション一番高く貸せる不動産会社が見つかるサイトはこちら

↓ ↓ ↓

↑ ↑ ↑

たった60秒で分かります

 

マンションの設備トラブル

設備トラブルの多くは管理組合で対応が行われると思いがちです。しかしマンションの築年数が古い、過去の設備交換の経歴がない、入居者のマンション利用方法に問題があるとき想像を超えるトラブル対応が要求されるものなのです。

また、入居者によっては、換気扇・給湯器のトラブル、水漏れ、トイレの詰まり、蛍光灯の交換まで対応の要求が行われる場合もあります。

 

騒音トラブル

近隣トラブルでも子供のいる家庭で多くなるのが騒音トラブルです。子供の「走り回る」「ジャンプ」「家具の移動」などの音や「洗濯機」「掃除機」の生活音が騒音問題の中でも上位を占めます。

このような騒音をはじめとする入居者間の問題は、共用部分の対応を行っている「管理組合」「依頼を受けた管理会社」は関与しません。そ相談を行ったとしても「入居者間で解決してください」となるのが殆どです。

共用部分の管理会社は、あなたの持つマンションの入居者の入退去には全く関与していないのですから、共用部分の管理会社は、トラブルの仲介を行うことはありません。たとえトラブルにかかわったとしても「どちらの味方もしない」という対応が一般的です。

マンションオーナーとして相談を受けた場合には、入居者から家賃をもらっているとは言っても「入居者の味方」というスタンスでの解決は避けた方が良いでしょう。

騒音問題は「感じ方」にも個人差があるため、客観的な判断が難しい面を持ち合わせています。「どちらの味方」もせず中立な立場で双方の連絡役を担い、解決支援を行うのが最良です。

騒音問題は解決が難しいからと放置するのではなく、解決策を一緒に考える姿勢を向けることが、解決に向けて一定の効果を生み出すことができるのです。

 

マンション内の植栽トラブル

日常生活の充実、ゆとり、趣味などが取り上げられる近年では、ベランダを利用したガーデニングを行う人も少なくはありません。しかしこのガーデニングも多くのトラブルを生み出しているのです。管理をしっかりすればマンションの外観向上にもつながります。しかし、手入れを怠れば伸び放題になるだけでなく「臭い」「害虫」「アレルギー」などのトラブルが発生してしまうのです。

害虫も「ダニ」「ハチ」「毛虫」など多岐に渡ります。

入居者の管理が未熟な場合は、近隣への迷惑は多大なものになってしまうのです。

ペット可のマンションも増えている中、植物の規制を行うこともできないため、トラブルが発生して初めて対応することとなるため注意が必要です。

 

シニア入居者への配慮

マンション入居者が高齢者となると、一般的にできて当たり前のことが出来ないなどの不便がふえていきます。また単身高齢者の増加も多くの不安や問題となっています。

蛍光灯の付け替え、エアコンの掃除、時にはゴミ出しへの対応が求められることがあります。そのため、健康な高齢者を対象としたマンションも増えてきているのですが、一般のマンション入居者であっても、日常生活を潤滑に営むためにさまざまな要求を行う場合も増えていることを視野にいれておかなければいけません。

 

まとめ

マンションの管理は日々の繰り返し、積み重ねです。家賃の回収が行えればよいというものではありません。運営するマンションの戸数が増えれば増えるほど、入居者への対応が増えてきます。

「誰にでもできるからこそ、入居者がすればよいのに」と思うものから「専門性の高い要求なため解決方法が解らない」ものまで多岐に渡るため、マンション管理は自身で行わず、専門家に任せた方が良いといえるでしょう。

 

そのマンション一番高く貸せる不動産会社が見つかるサイトはこちら

↓ ↓ ↓

↑ ↑ ↑

たった60秒で分かります

関連記事

タワーマンション設備を、富裕者層は本当に望んでいるのか?

都内にあるタワーマンションは、その価格は1億円を超えるものも少なくありません。なかなか購入できる価格

記事を読む

マンションの賃貸経営と異なる民泊管理とランニングコスト

不動産投資の新しいビジネスモデルとして注目を浴びている民泊は、人口の集中する東京だけでなく観光施設の

記事を読む

要注意! 賃貸マンション経営の落とし穴

不動産景気の好調や、金融緩和の影響を受けて「住まい」「投資」に興味の無かった人が、少ない自己資金でマ

記事を読む

賃貸マンション経営時のリフォーム費用対効果

賃貸マンション経営において入居者が退去した後の空室は大きなリスクです。しかし、次の入居者を募集する前

記事を読む

マンションの民泊活用、安定収益には価格設定がポイント

2016年訪日外国人は2,400万人を超え、2017年上半期のみで13,757万人の外国人旅行客を迎

記事を読む

マンションの資産価値を維持するために必要な5項目

不動産投資というと、賃貸マンションを購入し長期計画のもと家賃収入を得ることを目標とする人が殆どと考え

記事を読む

賃貸マンション経営で、失敗する人の共通ポイントとは?

不動産投資による賃貸マンション経営は、株やFXと比較して安定した収益を得ることができます。 し

記事を読む

賃貸マンション経営がサラリーマンに相応しい3つのポイント

年、本業を持ちながらも、副業としてマンション経営を行うサラリーマンオーナーが増加しています。増加の理

記事を読む

賃貸マンション経営にかかる費用とは?

現在の超低金利や金融緩和によって、賃貸マンション経営は富裕層だけの投資方法ではなく、サラリーマンの副

記事を読む

マンションの大規模修繕、費用を抑え効果を高めるための方法

マンションの入居率を維持するためには、入居者から見て「住んでみたい」と考えさせることが大切です。住ん

記事を読む

人気記事一覧

 
PAGE TOP ↑