賃貸マンション経営「頭金ゼロ」条件とは?

公開日: : | マンション投資 |

Pocket

2017年3月に発表された日本人の平均寿命は、女性86.99、男性80.75と確定しました。

定年年齢が60歳とした場合、人生の4分の1は定年後となってしまいます。定年後の主な収入となる公的年金は65歳から開始されるため5年間の空白生まれます。

また、公的年金の受給金額は、勤続40年の間年金を支払い続けた人の場合、平均的な年金受給は22.1万円です。

一方、日常生活に必要となる最低金額が22.0万円

ゆとりある老後生活となると35.4万円が必要とされています。

ゆとりある老後生活を望む場合には

「35.4 – 22.0 = 13.4万円」と多くの補てんが必要となり、自分で老後資金をためなければいけません。その方法として利用されるのが不動産投資です。

 

「頭金0円」から始める不動産投資

投資の中でも不動産投資は金融投資との間にはさまざまな違いがあります。

金融投資は、投資する自己資金があって初めて参入できます。しかし、不動産投資は金融機関の借入をフルで活用できるという大きな違いがあります。

金融機関が融資審査を行う場合、最も重視するのは、借主に返済能力があるかどうかです。そのため、買主の属性(勤務先、年収、勤務期間、借金の有無)を審査します。投資用不動産ではれば属性の中でも、物件の内容と収益性の2つが大きなポイントとなります。

不動産投資において、サラリーマンの持つ安定収入という属性は大変有利となるため、不動産投資のハードルが低いという特徴があります。

サラリーマンにとって不動産投資は優位とはいえ頭金0円で不動産投資が行えるか?と疑問になるでしょう。 金融機関との関係性が密な人でなければ無理なのでは?と考える人は多く、不動産投資参入をあきらめる人もいます。

しかし、実際には平均的な年収の人であれば、頭金0円で融資を受けることができるのです。

金融機関の考えは、不動産投資として行う賃貸経営は、事業として対処し融資対象としてとりあげられるのです。

賃貸マンション経営の開始と共に、あなたは金融機関から不動産賃貸経営者としてみられることになるのです。そのため融資を受けやすくするためには、「物件の収支表、損益決算書の予測」の提出義務が課せられます。また、古いマンションの修繕、空室リスク対策、広告宣伝方法などの経営戦略を、融資審査の担当者に伝えることが必要となります。

それだけではなく、金融機関の決算期3月、9月を狙い、その時期の2~3か月前から融資申し込みを行っておくと、他のシーズンよりも審査が通りやすいとされています。

 

そのマンション一番高く貸せる不動産会社が見つかるサイトはこちら

↓ ↓ ↓

↑ ↑ ↑

たった60秒で分かります

 

不動産投資の成功率を上げるためには?

頭金0円で不動産投資に参入した場合、多くの借入をしているのですから月々の返済額が上昇します。そのため、空室が長期間続くことで発生する返済の自己資金持ち出しが問題となります。

月々の支出はローン返済だけではありません。維持管理費・修繕積立に税金などが大きな負担となるでしょう。それらを避けるために賃貸需要の高いエリアの物件購入が重要となります。

少子高齢化、人口流出が進む日本の中で、唯一人口流入が高く人口が増えている地域が東京都です。東京都の都市部の賃貸需要は高く、ワンルームマンションでも月々10万円近い家賃設定となっています。

東京都の世帯数は、2030年まで増加し続けると予測されています。

この世帯数の多くは、単身世帯とされていることも、投資用賃貸マンションを購入する際に配慮するとよいでしょう。単身世帯の増加理由は、高齢者による配偶者の死別、婚姻率の低さ、高い離婚率、若者の流入などが原因です。このように、賃貸用マンションを購入するにあたり、単独世帯を対象としたワンルームマンションを購入することで、成功の可能性が上昇するのです。

また、ただワンルームマンションを選ぶだけでなく、どの世帯をターゲットにするかによって、入居者の生活スタイルや希望を、マンションに盛り込めば成功率もより一層高くすることができるでしょう。

 

まとめ

若いうちは老後の心配なんて必要ないと思うでしょう。

しかし人生設計を準備するのは早ければ早いほど良いのです。

20代から開始すれば、かなり楽に準備ができます。低金利、不動産市場が活発な今だからこそ、自分年金の計画を行う機会に最適といえるでしょう。

 

そのマンション一番高く貸せる不動産会社が見つかるサイトはこちら

↓ ↓ ↓

↑ ↑ ↑

たった60秒で分かります

関連記事

不動産投資だけが「副業」として認められる理由とは?

日本にある多くの企業では、副業が認められていません。 その理由には「本業に支障が出る」「企業に

記事を読む

賃貸マンション経営時のリフォーム費用対効果

賃貸マンション経営において入居者が退去した後の空室は大きなリスクです。しかし、次の入居者を募集する前

記事を読む

タワーマンションの「節税効果」と「相続税対策の危険性」

税制改正により相続税の課税が強化されました。 資産を相続する際には不動産であるなら、土地の場合

記事を読む

民泊新制度の定義と民泊ビジネスのあり方

民泊の必要性にかられ厚生労働省から「民泊サービス」の制度の在り方が公表されました。 公表された

記事を読む

中古マンションが今後マンション市場の主流になる理由

かつての日本では、結婚をして子供を得て庭付きの一戸建てを手に入れるのがステータスでもあり、大きな幸福

記事を読む

利益を生み出す賃貸マンション経営者となるための注意点

収益用マンションを購入すれば、マンションオーナーになります。 しかしそれだけでは単に所有してい

記事を読む

防犯対策から生まれるマンションの付加価値

住まいを決める際に、好ましいとされる「立地」「浅い築年数」は汎用性の高いアピールとして重要視されます

記事を読む

賃貸マンション経営の敵「家賃滞納」への予防と対策

マンション経営を行うオーナー全ての人が悩む内容に「空室」「家賃滞納」があります。 家賃回収は、

記事を読む

賃貸マンション経営を始める前に知っておきたい確定申告の基礎知識

賃貸マンション経営を始めるなら、所得が発生するのですから確定申告は必要不可欠です。個人経営者などの事

記事を読む

健全な賃貸マンション経営には間取りが重要

賃貸マンションの経営を考えた際に、物件選びとして重要なことには「立地条件」「周辺環境」と並び重要とさ

記事を読む

人気記事一覧

 
PAGE TOP ↑