賃貸マンション経営は、経費以上に人同士の関係性が大切

公開日: : | マンション投資 |

Pocket

賃貸マンション経営の運用には、良質な管理が必要です。しかし経費を無尽蔵にかければよいというわけではなく、入居者が満足し入居者の生活を豊かにする必要があります。

経費をかけず長く入居してもらうための、満足度上昇のポイントとはどのようなものがあるかを紹介していきます。

 

入居者は見た目だけで満足しない

賃貸マンション経営で大切なのは、入居者の生活目線で考えることです。

年々増加する空家率に対抗するための差別化を考え、入居者が継続して住み続け安定した収益を生み出すための工夫が大切です。

しかし予算を多くかけ人気のデザインを取り入れ、最新の設備を備えていれば、競争力につながるともいえないのが賃貸マンションなのです。特にデザインは、コダワリを強くすれば、ターゲットが限定されてしまう問題を持っています。

全国的に空室が増加している現在では、「安い」なら入居者が決まるわけではありません。「悪い」を改善することなく、価格で対応しようとしても競争力や差別化には繋がりません。必要なのは「このマンションに、この価格で入居できるなんて安い」と考えさせる費用効果なのです。

都内のワンルームマンションの家賃、10万円を安いと思うかどうかは?これは個人の金銭感覚や収入によって異なってきます。支払えるかどうかが問題ではなく、10万円を払う価値があるかどうか?ということなのです。

共用部分の清掃が常に行き届き清潔感がある。マンションの掲示板に入居者にとってのお得情報を掲載する。設備の破損対応、クレーム対応が早く親切。立地、建物のグレード、設備以外に関する経費のかかるものではなく「人」によって提供されるサービスが入居者にとって高い満足度につながるのです。

入居者の日常生活に対し、どれほどの配慮を向けるか、入居者がどれほどの心遣いを感じることができるかが、プレミア感を高めることにつながるのです。

 

そのマンション一番高く貸せる不動産会社が見つかるサイトはこちら

↓ ↓ ↓

↑ ↑ ↑

たった60秒で分かります

 

入居者満足は、敷金サービスで高まるのか?

近年では入居者募集を有利に行うために「礼金ゼロ」の賃貸物件が増加してきました。入居者にとっては「礼金ゼロ」は助かります。しかし敷金までゼロとなると話は違ってきます。

敷金は、家賃滞納時の保険や退去時の修繕費として預かるとなど、礼金とはまったく違う性質があるお金です。たとえ資金ゼロとあっても退去時の修繕費やクリーニング代として入居者に別途請求するのが殆どです。

募集時の敷金ゼロというPRは、契約時に別項目で請求する定めを設けてしまえば、入居者に不信感を抱かせてしまいます。そのため敷金ゼロは入居者の満足度にはつながりません。

必要なお金なのは入居者も理解しているのですから、最初から「敷金」あるいは「保証金」として提示する方が良心的といえます。

 

管理会社に好まれる大家

賃貸マンション経営において、物件の「維持管理」「回収業務」「入退去者管理」はすべて同じ管理会社に委託しているケースが殆どです。

そのような管理会社は、複数のオーナーから物件を預かり、事業規模や取引内容によりオーナーの格付けを行っています。取引規模が大きくても、管理費や広告費を値切るようなオーナーは収益性の低い顧客として、退去者が出た後の入居者案内を後回しにされてしまうだけでなく、管理を行う際のサービス低下につながってしまうのです。

 

管理会社の利益確保も重要

退去時の清掃・リフォームの依頼を、管理会社経由で行った場合には、リフォーム業者から管理会社に手数料が支払われるのが一般的です。

コストを抑えるためには、清掃業者やリフォーム業者に相見積もりを行い、安い業者に依頼することがコストの抑制につながります。しかし管理業者に十分な利益をもたらさないオーナーは、管理会社に対し悪印象をあたえてしまいます。

管理会社を儲けさせることは、円滑な資産運用にとって必要な経費なのです。リフォーム会社や清掃会社と直接契約を行うことで手間がかかるだけでなく、値段を気にするあまり十分な清掃が行われない場合もあります。

また、管理会社は多くのオーナーの物件を預かるうえで「安く」「品質の良い」清掃をさせているため、管理会社を通す方が結果的には大きな利益につながるのです。

 

まとめ

管理会社の担当者も人間です。残念ながら、オーナーに対して好き嫌いでサービスの差が生まれてしまいます。特に自分は「お客様」だという意識の強い横柄な態度でとっていれば、担当者もよほどの自体でなければ連絡してこなくなってしまいます。

気づいたときには、賃貸マンション経営が破たんを迎えてしまいます。

事業内容とは別に、管理会社の担当者から好かれることは、収益を上げるために重要なポイントとなるため注意が必要となります。

 

そのマンション一番高く貸せる不動産会社が見つかるサイトはこちら

↓ ↓ ↓

↑ ↑ ↑

たった60秒で分かります

関連記事

マンション経営を行うための必須ポイント

サラリーマンの副業による不動産投資では、本業があるため「管理ができない」ことが最大のネックと言えます

記事を読む

マンションの民泊活用、清掃業者の選び方が差別化に繋がる?

投資用に購入したマンションを民泊として活用する方法が、不動産投資の一つとして取り入れる人が増えていま

記事を読む

賃貸マンション経営者の失敗に見られる法則

マンション・アパートを1棟単位で賃貸経営するということは、区分所有では得られない大きな利益を得ること

記事を読む

マンション経営の成功には、質の高いマンション管理と出口戦略が重要

賃貸マンションの経営において、1棟マンションならではの重要となる要素があります。それは管理の品質です

記事を読む

タワーマンションの「節税効果」と「相続税対策の危険性」

税制改正により相続税の課税が強化されました。 資産を相続する際には不動産であるなら、土地の場合

記事を読む

入居率を決定づける「家賃相場」の設定方法

賃貸マンション経営において「立地」「建物」「設備」「管理」などから安定した入居率を得られる物件を選ぶ

記事を読む

賃貸マンションを購入失敗しないために、注目したい必要経費

賃貸用マンションを購入する際に、いくらで貸せるかの家賃価格も重要ですが、諸費用・税金も重要となります

記事を読む

マンション管理を任せるなら? 知っておきたい管理業者の基礎知識

賃貸経営用にマンションを所有しているオーナーにとって、所有マンションの資産価値を決定するのは管理業者

記事を読む

マンション経営の関門「ローン審査」をクリアするために必要な条件

不動産投資用に賃貸用マンションを購入するとき「大きく稼ごう」「人気の物件」を、と考えたると、マンショ

記事を読む

民泊新制度の定義と民泊ビジネスのあり方

民泊の必要性にかられ厚生労働省から「民泊サービス」の制度の在り方が公表されました。 公表された

記事を読む

人気記事一覧

 
PAGE TOP ↑