健全な賃貸マンション経営には間取りが重要

公開日: : | マンション投資 |

賃貸マンションの経営を考えた際に、物件選びとして重要なことには「立地条件」「周辺環境」と並び重要とされるのが「間取り」です。購入前に、そのエリアで必要とされている、人気の物件情報を理解しておくことが重要です。

 

間取り選択の重要性

マンション購入の前に、人気の間取り調査をする必要があります。

近年、未婚の独身者が増加しているだけでなく、結婚しても3割の人が離婚している状態です。それらの単身者は、自分にあった引っ越し先を身軽に選ぶことができます。そのため都市部のワンルームマンションでは、賃貸需要が増加傾向にあります。

ワンルームはファミリータイプと比較して、安く購入できるため初期費用を抑えることができます。また、退去後の原状回復を行うための工事費用も少なくてすむため、投資効果がよく投資初心者にとって最適といえます。

また、駅近辺、周辺にある大学であれば、学生や単身者の需要が見込めるため、ワンルームは最適の選択です。このように賃貸マンションは、地域に根差した賃貸需要が存在しているのです。

夫婦共稼ぎ世帯や同棲などの二人暮らしにとっては、1LDK、2DK、2LDKが適用されます。ファミリー世帯であれば、3LDK以上の間取りが必要とされます。最近の賃貸マンションの傾向では、部屋数よりも1部屋ごとの広さを重視する人も増えているなど、流行を配慮することも重要です。

ファミリー世帯は、家賃と同額程の月々返済額のローンを組む事で、賃貸ではなく購入が行われる事も多いです。逆にワンルームマンションは、利用時期や将来を考えた場合に長く居住することを想定する人は少なく、わざわざ購入しようとする人はいません。

不動産投資としての終着点を、売却に置くのなら、売却しやすいファミリータイプ物件を購入するのもポイントです。

しかし単身者にターゲットを絞る場合には、ワンルームか1LDK、2LDKと余裕のあるタイプなど間取りの選択は、自分の準備できる「予算」「投資計画」「周辺環境」「周辺相場」など市場状況を調べる必要があります。

 

そのマンション一番高く貸せる不動産会社が見つかるサイトはこちら

↓ ↓ ↓

↑ ↑ ↑

たった60秒で分かります

 

効率の良い間取り

賃貸マンション経営者の失敗で多いのは、購入前と購入後のマンションに対する認識の違いです。

荷物を置くことで、広くみえていた部屋が狭く感じることがあり、十分な荷物を持つことができないということがあります。これらの認識差を埋めるためだけでなく、住まいのイメージを広げるため、内覧時には家具・インテリアが設置されている事があります。しかし、それらは実際の生活とはかけ離れているため、余り役立たないものが多いです。

これらの間取りの認識差には、広告にある畳数で表現された面積の掲載基準にもあります。

専有面積(バス・トイレ・キッチン・通路など含む)10㎡とかかれていた場合、間取り図では「壁芯」といって壁の中心線に重点をおいた面積が記載されています。しかし実際には住まいをするのは、壁の内側なのです。些細な面積と感じるかもしれませんが、部屋をグルリと1周する16m壁厚み5㎝(壁の中の空間10㎝)とするなら、16×0.05=0.8㎡の違いが生まれてしまいます。表示されている面積から、棚1つや2つ分は狭くなってしまっているのです。

また、専有面積が同じであっても「通路部分が広い」と居室の面積が狭くなってしまい間取りの効率は悪くなります。例えばLDK12畳と書かれていた場合、風呂・トイレ3畳、玄関・通路3畳、収納1畳の場合には、居室面積は5畳程度となってしまいます。

このようなデッドスペースを少なくするためには、専有部分の一番広さをとるLDK部分向かうための通路スペースが少ない間取りを選ぶことが必要となります。

 

デッドスペースを減らす方法

RC(鉄筋コンクリート)で造られたマンションの多くは、柱と梁で建物を支えるラーメン構造でできています。その構造の関係上、柱や梁が室内に入り込みます。

居室にある四隅、天井、柱、梁のでっぱりがでるのが、従来の間取りでした。このような部屋の隅に家具を置く際にデッドスペースが生まれ使い勝手を悪くしていました。室内に張り出した柱は、リフォームの際に効率を悪くします。

このようにデッドスペースが生まれるデメリットへの対策として生まれたのがアウトポール工法です。マンション建築の工法の1つで柱を部屋の外に出してしまいます。バルコニーに面する部屋での採用が多く、柱は室外のバルコニーに出る形をとっています。部屋の角の凹凸がなくなり居室がスッキリとした形となるため、家具などの配置の自由度が高くなるのが特徴です。

物件を選ぶ際に、このアウトポール工法の利用をチェックするのもポイントとなります。

 

新しい流行の到来「引き戸」

現在一般的に利用されている扉は開閉式のものが利用されています。しかしそれらは開閉する部分の面積が必要となるため、物を置くことはできません。当たり前とされる扉もデッドスペースとなっていると考えられます。

しかし引き戸であれば空間の無駄を除くことができます。車椅子の人も座ったまま開閉が可能となります。可動間仕切りのように部屋を区切るなど、用途に合わせて利用できます。

特に近年では、間取りも広い空間が好まれています。しかし冷暖房の観点から考えた場合、狭い空間に対するメリットも捨てきれません。そのため可動間仕切りのように用途に合わせ部屋を区切って使うことができます。引き戸を開放つと部屋を広々と利用することができるのです。

狭い空間を広く感じるための工夫として、透明度のあるガラスなどの素材を利用した引き戸も人気です。

 

まとめ

マンションを購入する場合、間取り図面を確認が必要となります。投資物件を選ぶためには、入居者の目線になり間取りを確認する必要があります。空室のリスクを下げるために重要なポイントとなります。

 

そのマンション一番高く貸せる不動産会社が見つかるサイトはこちら

↓ ↓ ↓

↑ ↑ ↑

たった60秒で分かります

関連記事

賃貸マンション経営「頭金ゼロ」条件とは?

2017年3月に発表された日本人の平均寿命は、女性86.99、男性80.75と確定しました。

記事を読む

マンション選びは「高利回り」よりも内容・条件が大切

投資家にとって重要なのは「資産価値」「安定収益」「低リスク」への投資です。 マンション投資も同

記事を読む

「設備」に注目した賃貸経営用マンションの選び方

マンション投資が盛んとなり、賃貸投資用に販売されているマンションが増加している中、マンションを選ぶと

記事を読む

民泊トラブルの回避にはハウスルールの内容重要

不動産景気の回復に伴い人口の局地化が進み、企業や大学が集まる利便性の高い地域に、マンション建造が増加

記事を読む

賃貸マンション経営を成功させるには入居付けが重要

通勤・通学にも最適な好立地でマンションを購入したからといって、何もせずに入居者が決まる訳ではありませ

記事を読む

要注意!賃貸マンション経営に隠れるリスク

景気回復傾向にあるものの、高所得者にとっては様々な税負担が強いられ、減税、取得増の効果を持つ賃貸マン

記事を読む

賃貸マンション経営がサラリーマンに相応しい3つのポイント

年、本業を持ちながらも、副業としてマンション経営を行うサラリーマンオーナーが増加しています。増加の理

記事を読む

賃貸マンション経営時のリフォーム費用対効果

賃貸マンション経営において入居者が退去した後の空室は大きなリスクです。しかし、次の入居者を募集する前

記事を読む

投資用のワンルームマンションは新築よりも中古に限る

ワンルームマンションへの投資が増え続けたなか、規制や条例の強化も行われています。 それにより東

記事を読む

一棟マンションの魅力 投資用物件としてのメリット・デメリット

資産運用の一つである不動産投資は、安定的な収入が魅力の一つです。株式投資であれば正当な業績を評価して

記事を読む

人気記事一覧

 
PAGE TOP ↑