投資用マンションの民泊活用!女性好みの改装しよう!

公開日: : | マンション投資 |

Pocket

日本における人口減少が問題となっている中、現在は単身世帯の増加による世帯数増加によりマンションやアパートの空室問題は、深刻なレベルまでには至っていません。

今後、世帯数の増加が反転した時を見据えて、マンションの新しい利用方法としてとりあげられているのが民泊です。人口は減少しているものの、日本では海外からの環境客が日々増加しており、現状のホテル・旅館では対応しきれず宿泊施設の使用量は価格高騰し、そのあおりを受けて空港で寝起きする外国人観光客まで出始めているのですから、民泊は大きなビジネスチャンスといえるでしょう。

しかし、宿泊施設が不足しているからといって、どんな部屋でも宿泊客が安定して訪れるとも限りません。

安定した利益を得るためには宿泊する人が好むように工夫を凝らす事が重要なのです。

 

今回注目したいのは女性客です。

宿泊客のターゲットの半数が女性と考える中、Webで部屋の写真を見ただけで拒まれるようでは問題外です。外国人観光客に日本旅行そのものに嫌な印象を与えてしまい、二度と日本に来たくないなどと思われては、台無しです。

そこで女性にとって居心地が良い。

もう一度宿泊したいと思う部屋づくりを考える必要があるのです。

 

そのマンション一番高く貸せる不動産会社が見つかるサイトはこちら

↓ ↓ ↓

↑ ↑ ↑

たった60秒で分かります

 

女性の評判が悪い部屋とは?

女性にとって最高を求めるにしても予算的な都合があります。

そのため最低限、女性が嫌だと感じない部屋にしたいものです。

まずは、既に民泊を経営されている人は、勘違いから汎用性の無い部屋になっていないか?嫌われる管理を行っていないか?これから民泊を始める人は、最低限の費用で民泊を開始するためには、どんなマンション・アパートを購入していけば良いのかをチェックしてみてはどうでしょうか?

 

病院のようなシンプルすぎる部屋

シンプルさが活かされオシャレに演出されているのであれば、女性にとっても好ましいのです。しかし、費用を節約し効率を求めて改装した場合に、入院施設のような無機質なイメージになる場合があるため、部屋のデザインには注意が必要となります。

簡単な改善では、家具や観葉植物などを利用し、有機的な温かみを出すことです。

 

カッコいいは全ての人に共通しない

オーナーが「カッコいい」を追求したインテリアが行き過ぎてはダメです。

例えるならアニメコラボの喫茶店が全ての人に受け入れられていないという事です。来客が多いため人気と感じるかもしれません。しかし実際には、全体の一部が来客として訪れているわけなのです。

もし、アニメをイメージした部屋を作った場合はどうでしょう?アニメ大国と言われている日本ですから一定の需要はあるでしょう。しかし実際に興味を持つのは全体の一部にすぎません。

カッコいいを追求し過ぎず、見る人が見ればわかる程度にシンプルの中のアクセント程度に取り入れた方が、多くの人の大勢の人の好感を集めることでしょう。

 

「可愛い」を追求し過ぎない

キティ、シナモンロール、リラックマ、ぐでたま、日本には可愛いキャラクターが沢山います。これらのキャラクターを利用して可愛く部屋を仕上げれば喜ばれる。と考えるのは「カッコいい」の追求と同様に大間違いです。

確かに「可愛い」を好む人もいますが、一般的には「子供っぽい」「落ち着きがない」と感じてしまうものです。

こちらも「カッコいい」と同様に一部アクセントとして使うか、そういう部屋もある程度にすると良いでしょう。

 

匂いがキツイ部屋

男性に比べ女性は匂いに敏感と言われています。

匂いの中にいれば何れ慣れるなどと考えずに、常時気遣いを行う必要があります。

外国人観光客を受け入れる事を考えれば、お国柄好ましいと思う味、匂いはそれぞれです。実際に外国人観光客による「カレー」「ニンニク」の匂いが問題になったこともあります。

ここで注意が必要なのは、匂いを消すために、より強い芳香剤を使うことです。匂いを消すために匂いを出してはキツイ匂いになってしまいます。匂い対策を事前に考えるなら、防臭効果のある壁紙、空気清浄器を取り入れておくのも良いでしょう。

 

男性と女性では好みが違う?

男性と女性では、さまざまな認識に差がでます。それは部屋に対する印象も同じです。

男性であれば空間を把握し分析するために左脳が活発化するため「形」にこだわる傾向をもちます。反面女性は、空間把握は苦手です。そのため「形」よりも「色」に注目する性質があります。女性に好ましい部屋づくりには、色に気を付けると良いでしょう。

 

モノトーンでスッキリとした印象を

モノトーンの部屋は、シンプルでオシャレと感じます。壁紙、家具、インテリアをモノトーンでまとめるのも良いでしょう。

しかし、過ごすのに抵抗を感じないのは、旅行の間という特別な期間だからです。一つ間違えると暗い印象や、病院のようになってしまうため注意が必要です。しかし、上手く活用できればカッコよく仕上がるため興味深いのがモノトーンなのです。

利用には専門家の意見を十分に聞く必要があります。

 

同系統で統一感を出す

室内のテーブル・椅子・ベッドなどの家具や置物などを同系統でまとめます。

南国をイメージした暖色系、海をイメージした寒色系などです。

同系色でまとめる事で、部屋に統一感が出ます

注意が必要なのは、暖色・寒色にコダワリ過ぎず、ポイントで白や黒のアクセントを上手く使い行き過ぎを防ぐことです。

 

観葉植物など優しい印象を

部屋に観葉植物を置くことで、落ち着いた時間を過ごす事ができます。

しかし観葉植物も世話をしなければ、一気に悪い印象に変化するため注意が必要です。

「枯れる」「伸び放題」などに十分に気遣う必要があります。

 

まとめ

女性は総じてお喋り好きが多いため、悪印象を与えては大きなイメージダウンにつながってしまいます。反面女性にとって魅力的であれば、その噂は一気に広まり顧客増大に繋がります。出来ることからで構いません。女性を意識した変化を部屋に取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

そのマンション一番高く貸せる不動産会社が見つかるサイトはこちら

↓ ↓ ↓

↑ ↑ ↑

たった60秒で分かります

関連記事

マンションの大規模修繕、費用を抑え効果を高めるための方法

マンションの入居率を維持するためには、入居者から見て「住んでみたい」と考えさせることが大切です。住ん

記事を読む

防犯対策から生まれるマンションの付加価値

住まいを決める際に、好ましいとされる「立地」「浅い築年数」は汎用性の高いアピールとして重要視されます

記事を読む

賃貸マンション経営時のリフォーム費用対効果

賃貸マンション経営において入居者が退去した後の空室は大きなリスクです。しかし、次の入居者を募集する前

記事を読む

賃貸マンション経営がサラリーマンに相応しい3つのポイント

年、本業を持ちながらも、副業としてマンション経営を行うサラリーマンオーナーが増加しています。増加の理

記事を読む

変化するマンションオーナーのビジネス手段

マンションの空室増加・家賃相場お低下に伴い、十分な収益を確保できなくなったオーナー達の対策として、賃

記事を読む

マンションの賃貸経営のコツは、リスク軽減管理にあり

アパートやマンションを賃貸経営目的で所有している人が増えています。かつては富裕層、企業家、資産家によ

記事を読む

単身用マンションで重要視されるポイントとは?

全国宅地建物取引業協会連合会で毎年実施されている「一人暮らしに関する意識調査」の2017年度調査結果

記事を読む

「古いが安い」「新しいが高い」どちらが有利? マンション需要の重要性

住まいを選ぶ基準には「交通利便」「周辺の環境」「間取り」「設備」「階数」「外観」「家賃」など色々あり

記事を読む

投資用分譲マンションで、民泊は利用できるのか?

海外からの観光客増加に伴いAirbnb(エアビーアンドビー)と呼ばれるサービスが盛んとなっています。

記事を読む

タワーマンションの「節税効果」と「相続税対策の危険性」

税制改正により相続税の課税が強化されました。 資産を相続する際には不動産であるなら、土地の場合

記事を読む

人気記事一覧

 
PAGE TOP ↑