難易度が高い中古マンションの入居率をためるアピール法

公開日: : | マンション投資 |

Pocket

投資用マンションを購入するときに最も重要視されるのは、高利回りです。

投資用物件として宣伝広告される場合には「利回り=年間収益÷物件価格×100」で算出されます。

この利回りが高いほど利益率が高いとされるため、利回りのみを追求し失敗する投資家初心者が後を絶ちません。

利益率は高いが、古すぎて入居者が決まらず利益を得る事が出来なければ、大きな損失となります。

それを防ぐために「入居したい!」と思わせるためのアピールが重要なのです。

 

■賃貸経営を行う際に注意事項

・築年数と共に入居率や家賃価格が下がる

・築年数と共に管理費・修繕積立金が増える

・設備修繕・交換が必要となる

・マンション全体で、大規模修繕が計画されている

入居者に快適な生活を提供するためには、居住部分のリフォーム・リノベーションを行いキレイにすることがセオリーとされています。

しかしソレでは、入居者が入るまでの費用が掛かり過ぎ、利回りが低くなってしまいます。

そのため、リフォーム・リノベーションは最終手段とし、アピール方法の変更から手掛けてみると良いでしょう。

 

そのマンション一番高く貸せる不動産会社が見つかるサイトはこちら

↓ ↓ ↓

↑ ↑ ↑

たった60秒で分かります

 

■立地や周辺環境からのアピール

余りにも古いマンションでライフスタイルにも影響を与えるような物件の場合、リフォームを行うには大きな金額がかかります。

また、専有部分のリフォームを行っても外観は古いままのため魅力に欠ける事が多いです。

そのような場合には「マンションの価値は建物よりも立地面が大きい」ことを利用します。

・駅、バス停に近い

・ショッピングモールが近い

・商店街すぐ側

・環境の良い公園がある

・歴史的に由緒正しい

・大学すぐ側

・コインランドリー側

・コンビニが近い

このように生活する際の利便性をピックアップしアピールしていきます。

これらの地域性のアピールポイントは、ターゲットを定める事でよりアピールがしやすくなります。

特に大学などが近ければ、限られた期間の入居となるため建物が多少古くても条件が良ければ入居者が集まります。

また、工業団地があるなら、そこに勤務する単身者にターゲットを絞るのです。

このように単身者であれば、家では料理・洗濯はしない冷蔵庫には飲料品のみ等という予測が行われます。

その予測から、効果的なアピール方法が選択されるのです。

歴史情緒がある街並み・図書館・公園などがあるなら、景観の良さをアピールすると良いでしょう。

そのような場所でコダワリのある生活をしたいと言う人が、現れるはずです。

このようにターゲットを絞り、その人達が魅力に感じるだろうアピールをすることが大切なのです。

 

■ピンポイントで豪華主義の徹底を

実際に日常生活を送る入居者にとって、建物も設備も新しいほど魅力的です。

しかし立地・間取りなどの関係上、限られた家賃の中で居住先を決めるのが一般的です。

その限られた予算の中で、コダワリのポイントを持つマンションがあったらどうでしょう?

築30年を超えるマンションには、現代では使い難い2間続きの部屋も多いです。

それをどのようにリフォームするかが、マンションの魅力を作り上げるのです。

・バストイレを別にするだけでなく、洗面所スペースを作る

・お風呂の充実(バスルームのバスタブを大きくする)

・キッチンスペースを広く、カウンターも設置

・広いワンフロア

・広い収納スペース

改装ポイントを定め充実させることで、改装費用が通常よりかかることもあります。

しかし周辺にない思い切った計画を行うことで、他との差別化が出来るため家賃Upが可能となるのです。

アレもコレもと改装を行えば、当然入居者も決まります。

しかし賃貸経営において重要なのは、利益を出す事です。

予算の範囲内で、どのような改装を行えば入居者の注目を集めるかが重要なのです。

 

■自由度高いDIY型賃貸契約

一般の賃貸契約はオーナー主体でおこなわれます。

しかしDIY型の場合は借主が主体となり部屋を管理します。

貸主は、マンションを貸し出す際に、部屋の掃除や修繕などをおこなわず貸し出します。

借主は、入居の際に自分好みに部屋の改装・設備交換を行うのです。

一般の賃貸の場合は、原状回復ルールがあるため、釘1本打ち込む事もできません。

床・壁・天井のクロス、収納用の棚の設置などと自由度高い改装を行えるのがDIY型賃貸の魅力なのです。

 

■まとめ

古く人気の無い中古マンションに入居者を呼び込むためには、汎用性の高さよりもこだわりを持つことが大切です。

こだわりを持つ少数派を狙い、ターゲットを定めたアピールを行う事で他との差別化を行います。

新築に近ければ近いほど入居率が高いのが一般的です。

しかし立地、バス、キッチン、収納など、優先度を定めたコダワリを持つ人に上手くアピールすることで、どんな物件も確実に入居率を高める事ができるのです。

 

そのマンション一番高く貸せる不動産会社が見つかるサイトはこちら

↓ ↓ ↓

↑ ↑ ↑

たった60秒で分かります

関連記事

好調が続く都心部のタワーマンション市場は低層階がお得?

首都圏を中心としたタワーマンションの新築販売が続いています。 消費税増税も先延ばしとなり駆け込

記事を読む

マンションの民泊活用、安定収益には価格設定がポイント

2016年訪日外国人は2,400万人を超え、2017年上半期のみで13,757万人の外国人旅行客を迎

記事を読む

マンションの資産価値を維持するために必要な5項目

不動産投資というと、賃貸マンションを購入し長期計画のもと家賃収入を得ることを目標とする人が殆どと考え

記事を読む

タワーマンションの「節税効果」と「相続税対策の危険性」

税制改正により相続税の課税が強化されました。 資産を相続する際には不動産であるなら、土地の場合

記事を読む

マンション管理を任せるなら? 知っておきたい管理業者の基礎知識

賃貸経営用にマンションを所有しているオーナーにとって、所有マンションの資産価値を決定するのは管理業者

記事を読む

防犯対策から生まれるマンションの付加価値

住まいを決める際に、好ましいとされる「立地」「浅い築年数」は汎用性の高いアピールとして重要視されます

記事を読む

「古いが安い」「新しいが高い」どちらが有利? マンション需要の重要性

住まいを選ぶ基準には「交通利便」「周辺の環境」「間取り」「設備」「階数」「外観」「家賃」など色々あり

記事を読む

利益を生み出す賃貸マンション経営者となるための注意点

収益用マンションを購入すれば、マンションオーナーになります。 しかしそれだけでは単に所有してい

記事を読む

民泊ビジネスブーム到来と共に増えるマンションリフォーム

一般の住宅を旅行者に貸し出す民泊ビジネスが2018年1月に全国で解禁予定となっています。解禁に伴い民

記事を読む

資産価値を左右するビジネス向け不動産用地とは?

賃貸経営を行う際に「場所」や「建物」自体には注意を向けるものの、土地そのものの特徴・性質・リスクを理

記事を読む

人気記事一覧

 
PAGE TOP ↑