進化したデザイナーズマンションが、賃貸経営者に人気の理由

公開日: : 最終更新日:2017/07/25 | マンション投資 |

Pocket

建築家・設計士が建物の外観・仕様・意匠などにこだわり工夫を凝らした個性的なマンションがデザイナーズマンションと呼ばれていました。

近年ではデザイナーズマンションの意味も幅広くなっています。

・デザイナーやプランナーによって、工夫を凝らされた程度のもの

・一般的なマンションの設備・壁・建具・家具などにコダワリや工夫を持たせたもの

明確な定義は存在しないために、デザイナーズマンションと主張した時点でデザイナーズマンションとなってしまったのです。

そんな中、デザインの価値を高めるために、建築デザイナー達は創意工夫が行われています。

 

■一般的なマンションとデザイナーズマンションの違い

デザイナーズマンションは、スタイリッシュなデザインだけでなく、遮音性が高いことがあります。

これは、デザイナーズマンションに代表されるコンクリートの打ちっぱなし外観のためです。

それは、一般的なマンションとの大きな違いとなる「間取りの特徴」を生み出しています。

万人受けする一般的なマンションと違い、デザイナーズマンションは「快適な空間づくり」をテーマにしています。

そのため、床・壁・天井の素材、キッチン・洗面化粧台・バス・トイレなどにもコダワリが活かされています。

問題となるのは、マンションのおしゃれ感に対する、家具をはじめとする日常生活用品の選択です。

・「カワイイ」「キレイ」と好きなものを購入

・新築祝いにさまざまな趣味の人から家具・美術品が送られる

これでは、折角のデザイナーズマンションが台無しです。

その結果、家具を始め小雑貨まで全てがデザインされたデザイナーズマンションが増えてきました。

テーブルや椅子はもちろん、壁一面が見せるための収納スペースとして無駄を省いた中で、コダワリを見せているのです。

 

そのマンション一番高く貸せる不動産会社が見つかるサイトはこちら

↓ ↓ ↓

↑ ↑ ↑

たった60秒で分かります

 

■利便性の追求

かつてはデザイナーズマンションというと、デザイン重視でライフスタイルを無視というイメージでした。

デザイン重視の余り収納スペースがなく、生活期間と共にオシャレとは程遠くなる事もあったのです。

住みやすさを犠牲にした住居は、住まいとしての役割を十分に果たせていないと言えます。

その結果、住みやすさを犠牲にしたオシャレは、デザイン性を損なう事が多いのです。

これらの改善方法として、ターゲットを定めた機能性を付加することにしたのです。

・料理が得意

・洋服の量が多い

・書籍が多い

・圧迫感が苦手

・広くて快適なお風呂が欲しい

・音楽活動、ペットを飼うなど防音への気遣いが必要

 

オンリーワンという付加価値と共にデザイン性を保つことに成功したのです。

 

■価格が高くても・立地・間取りが悪くても住んでみたい

デザイナーズマンションの持つ、こだわりあるデザインには高いコストがかかっています。

そのため高めの価格設定となることが多いです。

しかし、「人とは違った自分を演出したい」等のこだわりを持った人に人気です。

また、その人気を狙って立地や周辺環境に問題がある場合に、入居率を高める方法として利用されています。

工夫が凝らされた物件にひとたび惚れこんでしまえば、理想の物件となるのです。

立地や間取りが悪くても、高い家賃収入を得る事ができるため、賃貸経営者にとって入居率を上げるための方法として注目を集めているのです。

 

■快適性を捨てたデザイン性

デザイナーズマンションの問題には利便性の他に快適性があります。

打ちっぱなしのコンクリートでは、夏は暑く、冬は寒いと言う特徴があり、気温調整が難しいです。

近年では断熱効果のある素材で覆うなどにより対策が行われています。

また風呂の壁がガラス、外に面する壁が一面ガラスという場合も多く、プライバシー面で大きな問題となります。

 

■デザイナーズマンションが不動産投資に人気の理由

デザイナーズマンションは、コンクリートの打ちっぱなしで壁が少なく、天井が高いなど広々とした空間が演出されることが多いです。

これは、外壁やコンクリートの内側にボード・クロス等の利用を控える事で建築費だけでなく、入退去時の経年劣化で必要となるランニングコストを抑えた結果なのです。

デザイナーズマンションの入居者の特徴として

・見栄えを大切にするため部屋は大切に使う

・高収入の人が集まりやすく、家賃滞納のリスクが低い

・価値の似た人が集まるため、クレームが発生しにくい

デザイナーズマンションは、賃貸経営者には大きなメリットを与えてくれるのです。

 

■まとめ

築年数の古いマンションをリノベーションする際に、デザイナーズマンションとし意匠を凝らしたデザインとする事が増えています。

入居者にとっては、一般的なマンションにない魅力を感じることができます。

そのため周辺相場よりも高い家賃設定が可能となり、デザイナーズマンションへの不動産投資が増加しているのです。

 

そのマンション一番高く貸せる不動産会社が見つかるサイトはこちら

↓ ↓ ↓

↑ ↑ ↑

たった60秒で分かります

関連記事

賃貸マンション経営では「知識不足」が失敗の要因になる

物価の上昇、年金制度に対する不安、終身雇用制度の崩壊など、将来の不安は尽きないことから安定した収入増

記事を読む

マンション投資と共に増加する不動産投資詐欺に要注意

投資用物件としてのワンルームマンション人気が高まると不動産流通量の増加と比例し、詐欺や情報の隠匿を行

記事を読む

賃貸マンション経営で、失敗する人の共通ポイントとは?

不動産投資による賃貸マンション経営は、株やFXと比較して安定した収益を得ることができます。 し

記事を読む

マンションの民泊活用、安定収益には価格設定がポイント

2016年訪日外国人は2,400万人を超え、2017年上半期のみで13,757万人の外国人旅行客を迎

記事を読む

賃貸マンションで問題化している「おとり物件」とは?

賃貸マンションを探す際に、インターネットを活用する人が増えている中で、魅力的なマンションを「おとり」

記事を読む

賃貸マンション経営のデメリットとリスク回避の秘訣とは?

投資世界は生き物のように、成長・停滞・交代と変化を繰り返します。そのため、資産を活かすために「今」ど

記事を読む

中古マンションのリフォームで初めて気づく問題点

初期費用を抑えた状態で賃貸マンション経営を始めようとするために、格安で中古マンションを購入し再利用の

記事を読む

賃貸マンション経営の節税の仕組みを知って収益を増やそう

経済は株高、円安傾向が継続しています。その影響を受け外国人投資家によるマンション購入も高まり、マンシ

記事を読む

収益に影響を与える区分所有マンションのランニングコスト

賃貸マンション経営に必要な月々のランニングコストは2種類あり、固定費・流動費に分けられます。どちらも

記事を読む

複数マンション経営のメリットとデメリット

賃貸マンション経営は、1棟目が成功した場合、2棟目、3棟目と増やす人が多いです。所有マンションを増や

記事を読む

人気記事一覧

 
PAGE TOP ↑