好調が続く都心部のタワーマンション市場は低層階がお得?

公開日: : 最終更新日:2017/07/25 | マンション投資 |

Pocket

首都圏を中心としたタワーマンションの新築販売が続いています。

消費税増税も先延ばしとなり駆け込み需要はないものの、緩やかながらも好調が続いています。

住宅ローンの低金利・海外投資家の需要が後押しをしている状態です。

首都圏に関しては海外投資家の需要が高すぎると言う面もあります。

そのため、海外投資家への売却を全体の2~3割に抑えようと言う物件もあるほどです。

また、中古マンション市場も引き続き活発な状態と言えます。

首都圏の中古マンションは、土地価格の上昇に伴い中古マンションの成約価格も上昇しています。

購入しづらい新築に変わる受け皿として、活発な傾向が続いています。

大手建築業者もそれを見据え、古いマンションを中心に共用部分の大修繕だけでなく、専用部分のリフォーム・リノベーションにも力を入れています。

中古・新築問わず首都圏の不動産動向は引き続き活発と言えます。

 

■騰落率の高い低層階

マンション市場は好調であるものの、気になる問題もあります。

タワーマンションの階層別流通量の騰落率(値上がり値下がりの大きさ)です。

新築時と比較し、中古タワーマンションの騰落率の大きいものは低層階に集中しています。

値下がり率だけでなく、値上がり率も同様に大きな価格変動を見せているのです。

東京・神奈川などの都心部では、低層中古マンションは20%ほど上昇しています。

この価格上昇は急激に上がり過ぎた事もあり、注意が必要といえます。

しかし、タワーマンションの低層階は高層階と同様なサービスを受ける事が出来るものの、景観やターゲット層の違いから高層階よりも安く販売されていたことも影響している事も原因と言えるため、安易に投資用に危険な領域まで来ているとは言い切れません。

 

そのマンション一番高く貸せる不動産会社が見つかるサイトはこちら

↓ ↓ ↓

↑ ↑ ↑

たった60秒で分かります

 

■ターゲット者が異なる高層階

低層階は日常的な利用を目的としている反面、高層階は相続税対策・セカンドハウス・海外投資家による投資が購入目的として目立っています。

中古タワーマンションの流通量は低層よりも、高層が多いとされています。

これは、高層階を転売目的の投資物件として売買する人が多くいるためです。

反面、低層階は実際の住まいとして利用しているため、安易に売買をする事が出来ないことが流通量の違いとなっているのです。

 

流通量の多さから高層階における市場取引は活発なため、低層階に比べ価格変動は大きくありません。

高層階は新築当初から価格が高すぎるため、低層階ほどの価格変動を見せないのです。

 

■騰落率が高くても低層階への投資は注意が必要

タワーマンションの低層階は値上がりするからと、安易に投資対象にするには問題があります。

注意ポイント

・売却時に元本割れのしない、資産価値が維持できる立地の物件を選ぶ

・低層階は高層階に比べ眺望や日照が劣っていても、同様の低層階同士で比較すれば必ず良し悪しがあります

・眺望、日照、角部屋、通風など、選択できる中でのベストを選ぶことで、値崩れが回避できます

これらを踏まえれば、高層階と同様の施設利用が可能なのですから、価格以上のメリットを得られる好物件と言えるでしょう。

 

■まとめ

自分が住みたいと思う「街」「眺望」「日照」「通風」の確保されている物件は、居住を希望する人が多いはずです。

今後タワーマンションを購入するのなら、値崩れしないための条件として確認する必要があります。

 

そのマンション一番高く貸せる不動産会社が見つかるサイトはこちら

↓ ↓ ↓

↑ ↑ ↑

たった60秒で分かります

関連記事

ペット共存賃貸マンションで差別化を狙え

不動産投資ブームの中入居率が高いと呼ばれる都会でも、建設が増加し続ければ入居率も下がる事が予測されま

記事を読む

長く住みたいマンションを提供 投資用マンション3つの設備ポイント!

2012年のアベノミクスを起爆剤とした不動産市場への影響により、現在も首都圏を中心に不動産投資を増や

記事を読む

利益を生み出す賃貸マンション経営者となるための注意点

収益用マンションを購入すれば、マンションオーナーになります。 しかしそれだけでは単に所有してい

記事を読む

賃貸マンションの経営戦略に不可欠な人口動態とは?

賃貸マンション経営を行う際に、知っておきたい知識にある「人口動態・静態」をご存知でしょうか?年間の出

記事を読む

難易度が高い中古マンションの入居率をためるアピール法

投資用マンションを購入するときに最も重要視されるのは、高利回りです。 投資用物件として宣伝広告

記事を読む

人気のワンルームマンションへの投資にも危険が沢山?

2030年まで増加する単身世帯への期待もあり、ワンルームマンションは不動産投資の要となっています。

記事を読む

賃貸マンション経営の敵「家賃滞納」への予防と対策

マンション経営を行うオーナー全ての人が悩む内容に「空室」「家賃滞納」があります。 家賃回収は、

記事を読む

投資用マンションを買うなら新築と中古どちらがお得?

不動産投資としてワンルームマンションが人気です。 間取り以外にも人気要因として、立地、階層、間

記事を読む

マンション投資と共に増加する不動産投資詐欺に要注意

投資用物件としてのワンルームマンション人気が高まると不動産流通量の増加と比例し、詐欺や情報の隠匿を行

記事を読む

不動産投資用ワンルームで高いパフォーマンスを得る7つのポイント

不動産投資を行うには、まずは購入するマンションの種類を決める必要があります。 東京都の世帯数は

記事を読む

人気記事一覧

 
PAGE TOP ↑