ペット共存賃貸マンションで差別化を狙え

公開日: : 最終更新日:2017/07/25 | マンション投資 |

Pocket

不動産投資ブームの中入居率が高いと呼ばれる都会でも、建設が増加し続ければ入居率も下がる事が予測されます。

現在十分な入居率を保っているマンションであっても、今後さまざまな工夫が必要となってくるでしょう。

そんな中、他の賃貸との差別化として注目を浴びているのが「ペット共生賃貸マンション」です。

他の賃貸マンションとの差別化を目指し、大手ハウスメーカー等は積極的に愛犬家からのアドバイスを受け「ペットと暮らす住宅」の開発を行っています。

犬・猫共に飼育世帯数は減少傾向にあるものの未だに犬(14.42%)猫(10.09%)と高い数値を保っているため、ビジネスチャンスとして高い可能性を持っていると言えます。

特にペットの飼育を断念している人の理由は「集合住宅で禁止されている(26.0%)」と最も高い阻害要因が賃貸住宅にあるとされているからです。

 

■ペットとの共存ビジネスに乗り遅れるな

ペット可能な賃貸物件は存在しているものの、音、臭い、しつけなどの近隣住民のトラブルを回避するためや、部屋自体の損傷を防ぐために避けられる傾向があります。

そのためペット可能物件は、空き室率が上昇した時や、十分な利益を得る事ができない場合の対策として取り入れられていたのです。

しかし、昨今ではペット飼育世帯数自体は減少するものの、ペットと人との関係は日々深まり、ペット可能マンションを無視できなくなってきています。

また、ペットを飼う世帯にも変化がみられており、子供の希望でペットを飼う親子世帯から、高齢者・DINKS・単身者がその孤独を埋めるためにペットを家族として招くと言う考え方が主流となりつつあります。

ペットを飼うのは子供と言う位置づけから、ペットは子供・家族そのものへと変化しているのです。

そのため、賃貸住宅においてもペットを視野に入れた多様性が必要となってきていると言えます。

社会全体にペットビジネスが広がり、従来の飼育用品だけでなく「しつけ教室」「食事教室」「マッサージ教室」「保険」などのペットサービスも増えてきています。

家族の一員として十分な費用をかける事に抵抗が無いと言えます。

そのため、相場より高い「ペット共存賃貸マンション」の需要が期待できるのです。

 

そのマンション一番高く貸せる不動産会社が見つかるサイトはこちら

↓ ↓ ↓

↑ ↑ ↑

たった60秒で分かります

 

■ペットとの共存は、ペット可マンションとは違う

ペット可能といっても全ての人がペットを飼う訳ではありません。

また「犬派」「猫派」と別れるように、ペットを飼っていても全てのペットに寛容と言えないと言う事も重要なポイントとなります。

そのためさまざまな工夫を取り入れる必要があるのです。

 

共用部分

汚物流し    散歩時の排泄物を、建物に入る前に処理できるシステムです。

リードフック  手が空いていないときなど、玄関先にリードを繋ぐ事ことができます。

トリミング室  ペットの「足洗」「ブラッシング」「シャンプー」などできる場所の提供です。

ペットボタンがあるエレベーター  ペットが苦手な住人・来客のために必要と言えます。

 

専用部分

ペット対応の床材 傷がつきにくく汚れにくい素材が利用されている。

・ペット対応クロス 壁の下部分のみを簡単に取り換えられるようにしてある。

また消臭能力の強いクロスを使用してある。

・飛び出し防止柵  玄関からのペット脱走を防ぐ柵が設置されている。

・くぐり扉     ペットが室内を行き来できる小さな扉が設置されている。

・換気システム   ペットの匂いやアンモニア臭に対する対策がされている。

 

ペットの鳴き声や足音に対する防音に関しては、床材を工夫することで階下への気遣いとなります。

しかし、左右に対しての防音はとても難しいです。

そのためペットを飼う居住者の責任が問われるのです。

シッカリと躾をされているか?が、住人全体の居住性へと影響すると言えるのです。

 

■まとめ

オーナーがペットの飼育を許可すれば、それでペット可能賃貸になる訳ではありません。

ペットとの共存は、積極的なペットビジネスへの進出と言えます。

ペット可能と言う賃貸マンションが少ない中、ペット中心の生活を配慮する事で他の賃貸物件と比べ大きなリードに繋がるのは確かと言えるでしょう。

 

そのマンション一番高く貸せる不動産会社が見つかるサイトはこちら

↓ ↓ ↓

↑ ↑ ↑

たった60秒で分かります

関連記事

ロマンと豊かな生活を生み出す「ヴィンテージマンション」

都心を中心に不動産投資・マンションブームが到来。 1964年に開催された東京オリンピックを契機

記事を読む

好調が続く都心部のタワーマンション市場は低層階がお得?

首都圏を中心としたタワーマンションの新築販売が続いています。 消費税増税も先延ばしとなり駆け込

記事を読む

投資用マンションを買うなら新築と中古どちらがお得?

不動産投資としてワンルームマンションが人気です。 間取り以外にも人気要因として、立地、階層、間

記事を読む

賃貸マンションの経営戦略に不可欠な人口動態とは?

賃貸マンション経営を行う際に、知っておきたい知識にある「人口動態・静態」をご存知でしょうか?年間の出

記事を読む

投資用分譲マンションで、民泊は利用できるのか?

海外からの観光客増加に伴いAirbnb(エアビーアンドビー)と呼ばれるサービスが盛んとなっています。

記事を読む

中古マンションが今後マンション市場の主流になる理由

かつての日本では、結婚をして子供を得て庭付きの一戸建てを手に入れるのがステータスでもあり、大きな幸福

記事を読む

タワーマンションの「節税効果」と「相続税対策の危険性」

税制改正により相続税の課税が強化されました。 資産を相続する際には不動産であるなら、土地の場合

記事を読む

マンション経営を行うための必須ポイント

サラリーマンの副業による不動産投資では、本業があるため「管理ができない」ことが最大のネックと言えます

記事を読む

人気のワンルームマンションへの投資にも危険が沢山?

2030年まで増加する単身世帯への期待もあり、ワンルームマンションは不動産投資の要となっています。

記事を読む

マンション選びは「高利回り」よりも内容・条件が大切

投資家にとって重要なのは「資産価値」「安定収益」「低リスク」への投資です。 マンション投資も同

記事を読む

人気記事一覧

 
PAGE TOP ↑