リフォーム工事でマンション住民とトラブル発生?分譲中古マンションの注意点

公開日: : 最終更新日:2017/07/25 | マンション購入 |

Pocket

東京都や区市町村などの自治体が、都の人口流入を誘致するためにさまざまな取り組みが行われています。

大学の移転、海外企業の誘致、子育て世帯支援などです。

それらにオリンピック特需を見込んだ不動産・建築業界によりマンション建築の促進が進んだのです。

新築マンションの増加による「需要・供給バランス崩壊」「不動産価格の下落」が急激に進むことを案じた自治体により、新築マンションに規制が設けられたのです。

それにより、有数の不動産投資地区である東京では、中古マンションが投資先として注目を集め始めたのです。

 

■中古分譲マンション人気の理由

古い物件は価値の見直し・再検討が行われ、基礎・骨格などの本質部分の状態にも重点が置かれたのです。

中古と新築では、耐震基準においても1981年以前の物件と現在では違います。

1981年に適用された耐震基準(新耐震基準)は「震度6強以上の地震であっても倒壊しない」ことを基準とされています。

1963~1973年のマンションブームで建築されたヴィンテージマンションを始め、人気のマンションは補強工事を行うことで新基準と同様な耐震性を得るものが増えたのです。

マンション建築・補強技術の発達により、中古分譲マンションの担保価値は築50年まで認められるようになったのです。

また、ヴィンテージと呼ばれる中古マンションは、自然環境・文化や歴史的環境・交通の利便性に優れ、立地としても高い価値を持つ地域に建設されています。

贅沢な構造・デザイン・高級マンション・培われたコミュニティーと多くの特徴を持っています。

これにより、築30年以上を超えたヴィンテージマンションは、当時の8倍以上もの価格を付けた物件もあるのです。

このような、付加価値の多いマンションは投資目的だけでなく、居住用にも人気です。

価格の下落が起こりにくく、売買がしやすいために国籍・年齢問わず人気を集めています。

しかし中古分譲マンションは、賃貸マンションのような気軽さは存在しません。

そのため購入前に知識をつけることが必要となります。

 

■中古分譲マンションの管理・運営は誰がする?

新築の分譲マンションの場合は、近年管理業者に全てを一任する場合が多いです。

しかし中古の場合は、特別問題があって見直しがされていない限り「区分所有者」の人達で行われています。

※区分所有者 分譲マンションの各戸の所有者

所有者により話し合いが行われ「管理組合」を作成し健全な運営を目指すのです。

そのサポートや業務代行を「管理業者」に委託し、不足した部分が補われます。

中古分譲マンションが人気となる理由には、長年の経験により積み重ねられた維持管理の実績によることも多いのです。

 

そのマンション一番高く貸せる不動産会社が見つかるサイトはこちら

↓ ↓ ↓

↑ ↑ ↑

たった60秒で分かります

 

■中古分譲マンションのリフォームには構造確認が必要

中古分譲マンションを新しく購入した場合、まずはリフォームを検討するものです。

分譲マンションのリフォームは戸建住宅と違い困難とされる場面が多くなります。

築30年を超えた物件で行われるリフォームで多いのが「壁を取り払った工事」です。

構造によっては、壁は建物を支えている重要な部分であるため、室内であっても所有者の自由に撤去できません。

水回りの改修の場合においても、配管の入れ替えであれば二重床となっていなければ工事は極めて困難です。

配線は現在の構造とは違い、複雑な配線となっている場合が殆どで確認が必要です。

フローリングの張替に関しては「管理規約」により床材が指定されている場合もあるため注意が必要です。

このように中古分譲マンションは、リフォームに制限がかかることもあるのです。

そのためマンション改装を行う場合には、経験の多いプロに状態を見てもらう必要があります。

 

■集合住宅という特徴上、リフォームには配慮が必要

単独住宅(戸建て)と集合住宅(マンション)の違いの一つに、リフォーム時にかかる近隣への迷惑があります。

戸建は近所に気を配る必要があるものの、比較的自由です。

しかし、分譲マンションの場合には、近隣との境界が壁一枚であるため、多くの問題が発生します。

建築技術が発達した現代においても騒音対策は進みません。

そのためリフォームを行うときは、事前に管理組合に届け出る必要があります。

マンションの住民全員に工事の承認を得なければなりません。

工事の承認が下りたら、両隣・上下の部屋に手土産を持って挨拶を行うと良いでしょう。

 

■まとめ

中古マンション人気は高まり、古い素材を活かしたリノベーションによる魅力的なリフォームが紹介されています。

しかし周辺への配慮を忘れ、人間関係をおろそかなまま工事を行っては、その後の生活に支障が出てしまいます。

工事中の配慮に不安を感じたなら、建築会社の担当者に相談してみることをおすすめします。

多くの工事を行っている担当者なら、良い相談相手となってくれるでしょう。

 

そのマンション一番高く貸せる不動産会社が見つかるサイトはこちら

↓ ↓ ↓

↑ ↑ ↑

たった60秒で分かります

関連記事

地震リスクを減少させる賢いマンションの選び方

不動産投資用のマンションを購入する際に注意するポイントはとても多いです。 「空き室」「家賃滞納

記事を読む

マンション資産価値の下落、マンション買うなら新築よりも中古が得!

マンションだけでなく、アパート、戸建てあらゆる建物は、年数と共に資産価値が下落していきます。

記事を読む

収益用マンション購入に活用される不動産投資ローンとは?

収益を目的とする賃貸マンション経営を考えた際にまず行われるのが、賃貸経営に活用するためのマンション購

記事を読む

独立する前にマンションを買うべき、これだけの理由

会社員でいることの優位性を活かし、サラリーマン・OLなどの賃貸マンション経営参入が増えています。会社

記事を読む

不動産売買の仲介手数料の真実

土地、建物、マンションなどの不動産売買が成立したとき、売買業務を委託した不動産業者に対して仲介手数料

記事を読む

不動産売買にかかる消費税は知らないと損をする

消費税8%から10%への増税が実地されれば、各家庭にも大きな影響を与えることでしょう。当初は平成27

記事を読む

不動産業者が仲介手数料を無料に出来る理由

不動産売買には必ず売主と買主が存在します。売主、買主にはそれぞれ売却・購入の業務を行うため2社の不動

記事を読む

マンション購入の決め手となる「安全」「安心」「信頼」の見極め方

マンションの選択方法の基準はさまざまです。 一般的には立地・居住性・デザイン・環境など、マンシ

記事を読む

マンション購入する単身女性が増加、その理由とマンションタイプ

ライフスタイルの多様化が進む中、女性のマンション保有が増加しています。 単身女性のマンション購

記事を読む

固定経費を無視したマンション購入は、マンション経営を失敗に導く

賃貸マンション経営において、よいマンションを見つけ購入しさえすれば、それで成功が約束されるという訳で

記事を読む

人気記事一覧

 
PAGE TOP ↑