マンション購入の決め手となる「安全」「安心」「信頼」の見極め方

公開日: : 最終更新日:2017/07/25 | マンション購入 |

Pocket

マンションの選択方法の基準はさまざまです。

一般的には立地・居住性・デザイン・環境など、マンションそのものの価値で選択するのは当然です。

しかしそれに加えて、人によって作られる価値も本来は考慮すべき要素と言えます。

 

■住まいという商品における「企業」「人」の重要性

住宅やマンションは、どんなに設計通り作っていたとしても100%問題ないとは言い切れません。

配管の微細なミスで起こる水漏れなどは、少なくありません。

床板の隙間・傾きなど生活に問題無くても、高い金銭を支払い購入するのですから不満の原因となります。

地盤の傾き・耐久性の問題なども地震大国日本としては不安を感じるものです。

これらの不安を解消するために重要となるのは、企業側の対応です。

問題の大きさに応じた責任者が説明義務を果たし、住民の納得する対応を行う。

この対応が誠実であれば、建設上のミスによる不安感より「何かあっても責任ある対応がとられる」という安心感に変わるものなのです。

反面、不正の隠ぺいがメディアを通じて広まってしまえば企業の信頼性は失われてしまいます。

これは住宅だけでなく、自動車・家電製品などあらゆる商売において同様の事が言えます。

それだけに、企業の性質・対応する人柄もマンション購入を行う際には、注意が必要と言えるのです。

 

■分譲マンションの責任は誰が負う?

購入したマンションに万が一の状況が起こった場合、誰が保証してくれるのか?

マンションの売主? 建設主? 設計者? 実際に問題を起こした下請け業者でしょうか?

「安全」「安心」である事を大前提とし、この責任問題について知っていると言う人は余りいません。

このような関係性により、マンションにおける品質問題は、工事を行ったゼネコンの責任と言えるのです。

 

そのマンション一番高く貸せる不動産会社が見つかるサイトはこちら

↓ ↓ ↓

↑ ↑ ↑

たった60秒で分かります

 

■ゼネコンの役割とは?

マンションの品質責任を負うゼネコンですが、ゼネコンは多くの下請けを利用します。

ゼネコンの役割は、工事に必要な指示を各下請けに発注し、下請けをまとめるコーディネーターの役割が大きいです。

 

■ゼネコンの力量が建物の品質を高める

工事のコーディネイトにもゼネコンごとに大きな差が出てきているのが現状です。

杭工事一つをとっても、全ての杭に注意を向け責任を持って管理を行うゼネコンから、最初の1本に問題が無ければ大丈夫とするゼネコンまでさまざまなのです。

これらゼネコンの差は、エンドユーザーが実際に目にする事はありません。

一般的に社内規定が厳しい【スーパーゼネコン】では、施行品質が高いと言われています。

しかし、スーパーゼネコンと呼ばれている一流ゼネコンは、価格が総じて高額であるため施行を手掛けたマンションの数はとても少ないです。

 

■「デベロッパー」と「ゼネコン」のランクは同じであるとは限らない

マンション価格は土地価格と建物価格により設定されます。

分譲マンションを建設する際に、販売総額を決定するためゼネコンの価格は抑えられてしまいます。

このことから、中堅ランクのゼネコンを利用するデベロッパーが必ずしも中堅であるとは限りません。

大手であっても中堅ランクのゼネコンを利用します。

この場合、トラブルに対する責任・対応はデベロッパーの信頼性に期待するしかありません。

一方デベロッパーが中堅クラスでも、ゼネコンは大手ということもあります。

マンションを購入する際には、ゼネコンを確認することもマンション選びのポイントと言えるのです。

 

■まとめ

もし一戸建てを設計・建築の全てに関わろうとするなら、建築業者は信頼できる相手に頼むはずです。

マンションの購入も同じです。

売り手の知名度・ブランドよりも、どの企業により作られたのか?と言うことが重要なのです。

特に耐久性・安全性に深くかかわるが目に見えない部分に関しては、マンションの売主を信用するしかありません。

購入者の期待・信頼に対して、業界全体が応えてくれる事に期待したいものです。

 

そのマンション一番高く貸せる不動産会社が見つかるサイトはこちら

↓ ↓ ↓

↑ ↑ ↑

たった60秒で分かります

関連記事

マンション資産価値の下落、マンション買うなら新築よりも中古が得!

マンションだけでなく、アパート、戸建てあらゆる建物は、年数と共に資産価値が下落していきます。

記事を読む

賃貸マンションの購入物件は、入居者の気持ちになって選べ!

賃貸マンションやアパートを購入する際のポイントは、「利回り」の前に「空き室を作らない」「融資が出やす

記事を読む

リフォーム工事でマンション住民とトラブル発生?分譲中古マンションの注意点

東京都や区市町村などの自治体が、都の人口流入を誘致するためにさまざまな取り組みが行われています。

記事を読む

独立する前にマンションを買うべき、これだけの理由

会社員でいることの優位性を活かし、サラリーマン・OLなどの賃貸マンション経営参入が増えています。会社

記事を読む

築30年以上のマンションは、お買い得?

日々、新築マンションが建てられるものの、その立地はマンションブームの頃に厳選された立地と比べれば見劣

記事を読む

不動産売買にかかる消費税は知らないと損をする

消費税8%から10%への増税が実地されれば、各家庭にも大きな影響を与えることでしょう。当初は平成27

記事を読む

地震リスクを減少させる賢いマンションの選び方

不動産投資用のマンションを購入する際に注意するポイントはとても多いです。 「空き室」「家賃滞納

記事を読む

マンションオーナーになるための、マンション購入の流れ

かつてマンション経営は一部の富裕層や地主達が行う特別な不動産投資の印象がありました。 しかし実

記事を読む

固定経費を無視したマンション購入は、マンション経営を失敗に導く

賃貸マンション経営において、よいマンションを見つけ購入しさえすれば、それで成功が約束されるという訳で

記事を読む

中古マンションの購入 残りのマンション寿命はどれくらい?

不動産投資の増加と共に、中古マンションの購入を行う人が増えてきました。 特にマンションブームの

記事を読む

人気記事一覧

 
PAGE TOP ↑