家の外壁をある方法でリフォームしたら費用がこんなに安くなった!?

公開日: : 最終更新日:2017/02/03 不動産トラブル

Pocket

075

家の外壁は10年周期で行うのが最適

住宅の外壁は、砂埃にさらされ、酸性雨や紫外線を浴び続けているため、実は、かなりの負担を強いられています。

そのため、パッと見ただけでは分かりませんが、毎日、外壁の塗装が傷んできます。では、そもそも、外壁の塗装時期は、いったいどの程度になったら、塗り替えなければならないのでしょうか。

一般的に外壁の塗装をリフォームしようと思う人が一番多い時期は、「新築から10年前後」です。中には6年や15年という家もあります。

業者選びを間違えると最悪の結果に!?

本当に塗装をする必要があるのかどうかわからないという人は、そのことをそのまま業者に伝えて、調査に来てもらうのが最善の策です。

ただし、業者選びを間違えると大変なことになってしまいます。なぜなら、契約したいがために、すぐに営業トークをする業者が少なからず、存在するからです。
そうなっては、元も子もありませんので、信頼できる業者に依頼するようにしましょう。

信頼できる業者なのに「安い」理由

タイトルの塗装費用が安くなった「ある方法」というのが、『あなたに合った塗装業者を紹介してくれるサービス』です。
実際に、体験した人の声を集めました。

gaiheki01

このサービスは、『外壁塗装の窓口』といって、全国500社以上の信頼できる優良加盟店から見積りを取り寄せてくれます。もちろん、このサービスの「口コミ」を見ても評価が高いのが分かります。

信頼できる塗装業社比較サービスの口コミ

gaiheki02

「施工店」というのが、このサービスから紹介してもらった塗装業社です。

同じ居住エリアなのに施工店が違ったりしてますが、これが、「あなたに合った業者」を紹介してもらえるという意味ですね。

もっと口コミを見るならこちらをクリック

知っておきたい外壁リフォームのポイント

先述した『外壁塗装の窓口』のようなサイトで、信頼できる業者を紹介してもらって、専門業者に家を見てもらうのが最適な方法ですが、ある程度は、外壁のリフォームについて知っておくべきでしょう。

外壁塗装・外壁リフォームは、工事の方法・使用する素材(塗料・外壁材)によってかかる費用が変わります。

外壁材は主なものはモルタル・窯業系サイディング・金属系サイディング・樹脂系サイディング・タイルの5種類です。

モルタルは5〜8年で塗り替えをする必要があり、15〜20年で全面補修を検討した方が良いです。また、サイディングの場合は、窯業系・金属系ともにシーリングの点検が3〜5年ごとに必要になります。

塗料の特徴と大まかな費用

gaiheki03

関連記事

住宅ローンの返済がきつい!競売・任意売却をせずに家を残す方法がある!?

住宅ローンの返済がきつい!家を手放すしかない? これは、過去に私が不動産の仕事(プロフィールは

記事を読む

中古物件を購入する前に必ずチェック!確認すべき10項目とは?

中古物件の正しい見方 昨年(2015年)に世間を騒がせた「マンション傾斜問題」の影響は、家を購

記事を読む

家のリフォームでトラブルが続出!過去の失敗事例から回避方法を紹介!

家のリフォームでトラブル続出!? 木造の住宅では15年を経過すると、家のいたる箇所が腐敗してい

記事を読む

住宅ローンが払えない人でも大丈夫!家を手放さなくても良い方法とは?

住宅ローンを滞納しても家を手放さなくて良いって本当? 夢のマイホームを購入し喜んでいたのもつか

記事を読む

不動産賃貸トラブル「家賃滞納」「入居者の行方不明」の対処法

投資と名のつくもの全てにリスクがあるように、不動産投資にも多用なリスクがついて回ります。 その

記事を読む

住宅ローンを滞納するとどうなる?家を売らずに済んだ人の体験談!

住宅ローンを滞納するとどうなる? 今これを読んでいる人は、「住宅ローンを滞納するとどうなるの?

記事を読む

マンション管理・入居者間のトラブル解決方法

マンション等の耐久・傾きなどメディアに大きな問題として取り上げられると「自分の住まいは大丈夫なのか?

記事を読む

不動産賃貸の敷金トラブルを回避する方法!敷金返還を求めて不動産屋と戦った2ヶ月

原則として敷金は全額返却できる あまり巷では知られていませんが、原則として「敷金は全額返却でき

記事を読む

敷金が返ってこない!?敷金の返還を成功させた体験談とノウハウを公開

敷金は全額返金されるべき! まず大前提として覚えて欲しいのは、『敷金は全額返金されるべきお金!

記事を読む

不動産の売却トラブルを事例で紹介!土地や建物をスムーズに売る方法

不動産(土地建物)の売却トラブル 住宅や土地などの不動産を売る理由は人それぞれですが、取引額が

記事を読む

人気記事一覧

まだデータがありません。

 
  • 住まいサーフィン

  • まだデータがありません。

PAGE TOP ↑