中古物件を購入する前に必ずチェック!確認すべき10項目とは?

公開日: : 最終更新日:2017/02/03 不動産トラブル

Pocket

017

中古物件の正しい見方

昨年(2015年)に世間を騒がせた「マンション傾斜問題」の影響は、家を購入しようとしている消費者を未だ不安にさせていると思われます。

実際、家を購入する時に「どのような事に気をつければ良いのだろう」「家は欲しいけど、色々と心配だな」と思っている人は多いです。

今回は、そんな消費者の不安を取り除くために、不動産の全てを見てきた当サイト管理人の私が「中古物件の正しい見方」を紹介します

ますます市場に出回る「中古物件」

今ですら不動産市場に多く出回っている中古物件ですが、今後さらに増加するでしょう。

その理由は、2020年に開催される東京オリンピックの影響によって、値上がりが期待されるエリアの物件が多く買われたためです。

そのため、2016年(今年)~2018年に値上がりを見せたマンション等の不動産が多く売却されると予測できます。

中古物件を購入する際に確認すべき10項目

リノベーション物件が今では人気となっていますが、そのトレンドはこれからも続くと思われます。

では、中古物件を購入する際に確認すべきポイントはどこだと思いますか?

立地?デザイン?設備?水回り?

もちろんこれらも重要ですが、私があえて紹介したいポイントは以下の10項目になります。
中古物件を購入する予定のある人は、ぜひ、参考にしてみてください。

【1】「建築確認の許可」が下りた時期

まずは建物そのものの確認すべき点です。

日本は地震が多い国ですので、「耐震性能」は、必ず確認しておきたいポイントです。

1981年6月以降に建てられた「新耐震基準」なら安心といわれていますが、できれば、阪神・淡路大震災後の改正(2001年)以降が無難です。

なぜなら、ハウスメーカーは、たくさんの案件をまとめて申請し、許可が下りたところから着手します。
そうなると、旧耐震基準で合格し、建設が翌年という物件も多いですので、「許可が下りた時期」を確認するべきなのです。

【2】平日(夜)の周辺環境を確認する

次に物件周辺の生活環境です。
物件を内覧する場合は、日当たりも見たいですので、きっと昼間になると思われます。

しかし、もっとも気にすべきポイントは、平日の夜です。

なぜなら、夜になると風俗店が営業したり、学習塾周辺の自転車がいっぱいで道が歩きにくいなど、周辺環境が変わることもあるからです。

購入する前は、最低でも2回は駅から物件まで歩いてみることが大切となります。

【3】1階が駐車場になっていたり半地下のある物件は避ける

ここからは、物件のチェックすべきポイントです。
まず、1階が駐車場など開口部が広いと傾く可能性があるため、あまりおすすめできません。

また、半地下がある物件も基礎が下がり建物が傾く可能性があるため危険です。さらには、半地下がある物件は湿気が溜まりやすく、あまり衛生的ではないという点もデメリットと言えるでしょう。

【4】天井に点検口があるかどうか

点検口を開けると、建物がどのくらい傷んでいるかが分かります。点検口の無い物件は、修繕するにも工事費がかさむため、あまりおすすめできません。

【5】床の目が詰まっているか

フローリングなどの床の目がバラバラだと、建物全体が雑に造られている可能性があります。
できれば素足で床を歩いてみてうださい。素足の場合、床の目が綺麗かどうかがわかりやすいですよ。

【6】ドア・窓の隙間、結露・カビがないか

建物のゆがみを確認するには、ドアや窓の開閉時の隙間を見ると分かりやすいです。
日が当らない部屋の窓付近では、結露が溜まりやすいためカビ臭くないかなども確認してみてください。

梅雨の時期や夏の時期に空室だった物件の場合は、特に要注意です。

【7】介護に必要な廊下幅、トイレの広さがあるか

高齢者が増加している現代では、バリアフリーになっている物件が増えています。
バリアフリーでなくても、車いすが通れる廊下を求める人は実は多いです。

自走式車いすですと、最低でも横幅78cmが必要となるため、数センチ満たないために家を手放す人も少なくありません。トイレの介助スペースも今後、需要が高まると思われます。

購入時にこの横幅があるのと無いのとでは、後からリフォームする際にかかるコストが大幅に違います。できれば78cm以上ある物件がおすすめです。

【8】図面があるかどうか

上記のように物件についての確認ポイントも大事ですが、物件の図面があるかどうかを不動産管理会社へ確認することも忘れてはなりません。

なぜなら、物件の図面が無いと、建物の修繕時に調査費用が別途数十万円以上になることもあるからです。
さらには、修繕を断られることもあるため、購入する決意をしたら不動産管理会社へ必ず確認しましょう。

【9】駐車場などの費用を確認

物件の購入金額に駐車場代が含まれていれば、問題ありません。
しかし、別にお金を要する駐車場の場合は、管理規約で権利を継承されない場合もあるため、注意が必要です。

つまり、物件購入後に駐車場を使おうと思っていても、前の物件オーナーが駐車場を今後も使用するといったこともあるという事です。

【10】管理規約、管理組合の動向を確認

購入する物件がマンションの場合、管理費の滞納軒数、金額をチェックしましょう。

滞納しているマンション管理費が高額なら要注意が必要です。なぜなら、「物件購入者が滞納分を支払う事もある」からです。

また、マンション管理規約も個々で違うこともあるため、売主に見せてもらうことをおすすめします。

関連記事

不動産賃貸トラブル「家賃滞納」「入居者の行方不明」の対処法

投資と名のつくもの全てにリスクがあるように、不動産投資にも多用なリスクがついて回ります。 その

記事を読む

家のキッチンをある方法でリフォームしたら費用がこんなに安くなった?

キッチンは15年程度でリフォームするのが最適 マイホームを手に入れて住み始めていくとどうしても

記事を読む

家の外壁をある方法でリフォームしたら費用がこんなに安くなった!?

家の外壁は10年周期で行うのが最適 住宅の外壁は、砂埃にさらされ、酸性雨や紫外線を浴び続けてい

記事を読む

マンションの老朽化でダントツに犠牲になるのは「住民」ってどういうこと!?

社会問題化している老朽化マンションの実態 日本で初めてマンションが建設されてから50年が経ち、

記事を読む

マイホーム購入に年収は気にするな!?住宅ローンの返済がきつくて破綻した話

マイホーム購入に年収は気にするな!? 多くの人にとって「マイホーム」は人生最大の買い物だと思わ

記事を読む

住宅ローンの返済がきつい!競売・任意売却をせずに家を残す方法がある!?

住宅ローンの返済がきつい!家を手放すしかない? これは、過去に私が不動産の仕事(プロフィールは

記事を読む

住宅ローンが払えない人でも大丈夫!家を手放さなくても良い方法とは?

住宅ローンを滞納しても家を手放さなくて良いって本当? 夢のマイホームを購入し喜んでいたのもつか

記事を読む

家のリフォームでトラブルが続出!過去の失敗事例から回避方法を紹介!

家のリフォームでトラブル続出!? 木造の住宅では15年を経過すると、家のいたる箇所が腐敗してい

記事を読む

住宅ローンを滞納するとどうなる?家を売らずに済んだ人の体験談!

住宅ローンを滞納するとどうなる? 今これを読んでいる人は、「住宅ローンを滞納するとどうなるの?

記事を読む

不動産賃貸の敷金トラブルを回避する方法!敷金返還を求めて不動産屋と戦った2ヶ月

原則として敷金は全額返却できる あまり巷では知られていませんが、原則として「敷金は全額返却でき

記事を読む

人気記事一覧

 
PAGE TOP ↑