不動産投資は「東京都」が最適! 都心の不動産景気はいつまで続く?

公開日: : 不動産業界

Pocket

不動産投資が注目される理由には、首都圏における景気回復、人口流入、オリンピック特需などと言われています。

しかしそのほかにも老後に対する不安があります。

豊かな老後を送るためには、首都圏では夫婦で40万円近い生活費が必要と言われています。

将来を保証する年金制度に不安を感じる人も多く、将来を案じ不動産投資への参入増加へと繋がっているのです。

不動産投資では間違った目的意識を持つことで、大きな損失に繋がることもあるため注意が必要です。

不動産投資の目的は「長期的・安定的な家賃収入を得ること」です。

不動産物件の「値上がり」「節税」を目的とせず副産物程度に考え、長く先を見通す資産運用が大切なのです。

 

■東京が不動産投資に相応しい理由

小さなリスクで投資効率が良い不動産投資は、都市部の中古ワンルームマンションです。

マンション投資において重要なのは「立地」です。

自分が居住するので有れば「価格」「立地」「環境」などの面から、妥協案を出します。

その妥協は自分の価値でしかなく、大多数の人が行う判断基準とはいえません。

そのため、不動産投資を行う際にはまず「立地」「人口集中」が重要視されるため不動産投資は都心が好ましいとされるのです。

今後も日本で人が集まると言われているのが東京都のみと言われています。

首都圏の人口は経済成長とともに増加傾向にあります。

また人口流入がなければ、東京の経済は持たないとも言われ、さまざまな人口誘致が行われているのです。

・東京都をアジアの拠点とするためのアジアヘッドクォーター特区の制定

・JR東日本の新駅設置に伴う商業施設・オフィス外の建設

・首都圏の大学都心回帰(明治大・東京理科大・拓殖大・立正大・中央大などによるキャンパス移転)

・東京五輪

・地域の子育て世帯への住居費補助

東京都に対する人口流入と共に、ワンルームマンションの需要が高まっているのです。
不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

■中古物件が不動産投資に人気の理由

東京都のワンルームの需要に伴い新たな建築ラッシュが起こっていました。

各自治体は乱開発されるワンルームマンションの過剰供給を抑制するため、自治体は建築規制を開始したのです。

これにより既存のワンルームマンションの価格上昇が促進されると考えられています。

既にアベノミクス効果による経済成長で、都内のワンルームマンションは1割以上価格が上昇しています。

さらなる価格上昇と共に、優良物件は業者などに抱えこまれ情報を得にくくなる不安が懸念されています。

しかし不動産投資への参入は留まることはありません。

低金利に後押しされ、都内の中古ワンルームマンションは利回り4~5%が見込めるためです。

過去200年の経済データによると、資本収益率は平均4%となっています。

これを元に考えれば、地方に比べ利回りは低いが堅実な都内の中古ワンルームマンションへの投資は、妥当とされているのです。

2020年の東京五輪以降の経済情勢は不明です。

しかし晩婚化や単身高齢者が増加することで、ワンルームマンションの需要は伸び続けると言われており、ワンルームマンションへの投資は安泰と考えられています。

 

■まとめ

東京都への不動産投資は安泰と言われているものの、それらは賃貸経営のことを理解しているかどうかに左右されます。

賃貸経営における経験は、情報だけではありません。

「賃貸の入居時期・退去時期」「修繕が必要となる時期や修繕費用」「新築・中古の家賃差」「優先される設備・間取り」「年齢・性別・世帯ごとに好まれる立地」

これらを物件から判断するには20年以上の経験が必要と言われています。

資産計画・賃貸経営には、熟練のコンサルタントに頼る事が不動産投資を成功させるための秘訣と言えます。

関連記事

山手線で家賃が比較的安い駅はどこ?エリア別に紹介!

人気の渋谷・新宿・池袋エリアに住む!? 山手線沿線の家賃相場は、その他の路線と比較しても「高め

記事を読む

田園都市線の家賃相場とおすすめの街を駅別に紹介!実際に住んだ感想は?

田園都市線は魅力あふれる街が勢ぞろい 東急電鉄が運営している8つの東急線の中でも1、2位の人気

記事を読む

不動産会社が「おすすめ」と言っている物件ほど実はオススメではない!?

賃貸・売買に限らず「おすすめ物件」には手を出すな!? よく不動産の広告に「おすすめ物件はこちら

記事を読む

サービス付き高齢者賃貸住宅経営への参入が増加する理由

少子高齢化が進む中、高齢者向け賃貸住宅も注目を集めています。 高齢者向け賃貸住宅は投資用物件と

記事を読む

マンション価格の暴落が迫っている「2020年問題」とは!?東急沿線(二子玉川・武蔵小杉等)への影響は?

これから「マンションの暴落劇」が巻き起こる!? 昨年(2015年)、東京23区内の分譲マンショ

記事を読む

不動産会社が大手だから安心してはいけません!賢い不動産業者の選び方

大手の不動産業者だから安心!? 昨年2015年に不動産業界を含めて日本中で問題が浮き彫りとなっ

記事を読む

賃貸物件の家賃は収入から目安が判る!?あなたに合う街は?部屋は?

家賃は収入から目安を判断せよ! 一人暮らしの家賃の目安は、一般的に「月収の3分の1以下」にする

記事を読む

不動産の仲介手数料のカラクリを暴露!?賃貸における手数料の相場は?

不動産取引の「仲介手数料」ほど曖昧なものはない 家を買ったり借りたりした人は、少なからず不動産

記事を読む

失敗する前に必ず確認!今時のリフォーム業者の選び方とは?

今の時代に合ったリフォーム業者の選び方 リフォームしようと思っても、どの業者へ依頼すると「安く

記事を読む

リノベーションは大手の会社に任せれば大丈夫と安心してない!?業者選びのポイントとは?

中古住宅を蘇らせる「リノベーション」が注目される理由 不動産経済研究所の発表では、首都圏の20

記事を読む

人気記事一覧

まだデータがありません。

 
  • 住まいサーフィン

  • まだデータがありません。

PAGE TOP ↑