猫と暮らせる賃貸住宅はビジネス拡大のチャンス?

公開日: : 不動産コラム

Pocket

賃貸住宅の入居率を上げるために「ペット可賃貸」「ペット共存型賃貸」などペットを意識した賃貸住宅が増加しています。

しかし、実際にペットを飼っている或いは飼いたいと考えている人の数を考えた場合、まだまだペットと生活できる賃貸住宅は少ないと考えられています。

その中でも、猫の飼育を可能とする物件は特に少ないです。

 

■猫の飼育が敬遠されている理由と対策

猫の習性や飼育に多くの誤解があるからと考えられます。

そのため、ペットの種類が選択される賃貸住宅において猫が避けられる事が多いのです。

・爪とぎによるドア・壁・柱・床の損傷

・異臭問題

・発情期の鳴き声や、室内を走り回るなどの騒音問題

・放し飼いによる近隣トラブル

 

■猫の爪とぎへの誤解と対策

しかし賃貸住宅において、壁紙等は損傷がなくとも経年劣化と共に張り替えることが一般的となっています。

猫を飼ったことが無い人にとって「猫は引っ掻く」というイメージがあるかもしれません。

猫にとっての爪とぎは「爪の手入れ」「マーキング」の意味があります。

そのため、何処でも爪とぎをする訳ではなく、猫なりのルールが存在しているのです。

それらの習性を理解した上でさまざまな商品が販売されているのです。

最初からペット共生賃貸として、ひっかき傷がつきにくい「ペット共生用壁クロス」使用しておくのも手段と言えます。

これらの中には抗菌性が高く、汚れの落としやすいことを特徴としているものもあるため、入居者にとっても嬉しい対応となります。

 

■猫のトイレ問題と消臭対策

猫の尿の臭いは犬よりもキツイと言われています。

しかし、猫の体臭はほぼ存在せず、また綺麗好きでトイレの躾は容易です。

臭いの原因は、トイレ・エサ入れの始末の悪さに比例します。

シッカリすることで臭いの多くは対処できるのです。

夏場の暑い時期であっても、換気や消臭剤を活用すれば問題の多くは解決できるのです。

また不妊去勢手術が行われていれば、発情期のスプレー行為や鳴き声も抑制できます。
不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」
■猫だけが騒音トラブルの原因なのか?

古い賃貸住宅には、低コストで低品質のものがあります。

そのような賃貸住宅の壁は薄く、床も音が響き、窓にも防音性能はありません。

これではペットがいてもいなくても、生活していると言うだけで隣人・近隣住人との騒音トラブルは回避できません。

このような状態の場合

「お互いさま」と周囲が納得するか?

「私はペットによる騒音を出していないのだから、ペットを飼い私を不快にするのは身勝手だ」

と周囲が不満を吐き出すか?の違いであることも多いのです。

 

■ペット不可により回避できるトラブル

設計の段階でペット飼育が想定し、飼い主が少しばかり周辺に対する気配りを意識することで対処できるものが殆どです。

しかし、賃貸住宅において猫不可とする理由は別にあるのです。

猫よりも犬を飼う人が多く、猫への先入観が大きかったのは一昔前の理由です。

現代では、居住者同士のトラブルを回避するための理由が大きいとされます。

犬飼い・猫飼い・鳥類・爬虫類などのペットを飼う人が、全ての動物に対して寛容と言う訳ではありません。

・犬(猫)の声に猫(鳥)が怯える

・猫の声に犬が興奮する

・アレルギーがあるから毛のある生き物は苦手

殆どのペット飼いの人は、自分の飼っているペットが一番可愛いと考えるものです。

人は自身のペットに対するような、大きな寛容さを余所のペットに向けることは難しいのです。

その不満への対策を求められることを避けるためのペット不可なのです。

 

■猫可能の賃貸物件と賃貸ビジネスの可能性

しかしペット不可と苦手ばかりいられないのが現在の賃貸住宅経営です。

少子高齢化等や、人口の一極集中により賃貸住宅は入居者獲得のための競争が激しくなってきているのです。

そこで、猫が飼える賃貸住宅として付加価値をつけよう、他との差別化を図ろうと言う発想が生まれるのです。

特に現代では、ペットは「子供のもの」と言う意識から、ペットは「家族の一員」と変化しています。

また猫は、高齢化や単身化が進む中「癒し」として大きな意味を持っています。

これらのマーケット動向に関心を持ち、空き室の増えた賃貸住宅の募集条件・管理の在り方を変化させることが重要と言えるのです。

 

■まとめ

部屋の損傷などを理由に、ペットが問題とされているなら

・修繕費の預り金として敷金を多く設定する

・周辺に迷惑をかけないよう飼育条件を付ける

オーナーと入居者だけの問題であれば、それぞれの努力により改善できるものが多いのです。

入居率を高めたいと考えるオーナーは多く、いつまでもペットを無視することは出来ないでしょう。

ペットを飼いたい入居者は  「オーナーと条件を話あう」

入居者を増やしたいオーナーは「条件付けで、募集をかける」

などの対策も、今後ますます必要となっていくと言えるのです。

関連記事

賃貸不動産用の個人投資、計上できる経費の範囲は?

不動産投資の目的の多くは「定期収入」と「節税」です。 節税には申告を行う不動産所得をいかに少な

記事を読む

中古ワンルームで成功は「長期保有」が大前提

ワンルームマンションに投資が集中する理由には、定期収入・年金・節税・相続対策などさまざまです。

記事を読む

建物の評価基準の変化と共にオーナー・不動産業者に起こる変革とは?

2006年に施工された住生活基本法が実地されました。 豊かな住生活の実現のため住宅建設計画法に

記事を読む

区分所有物件は、不動産投資で稼ぐための最高の教材

マンションやオフィスビルなど、建物の中に独立した住居や店舗・事務所が複数存在します。 独立した

記事を読む

少額からの不動産投資「J-REIT」とは?

サラリーマンの副職が増えています。 サラリーマンの副職は、生活の困窮を原因とせず、生活を豊かに

記事を読む

不動産投資のリスクを減らし、利益を生みだす方法

不動産投資を行おうと考えた際に、注意が必要となるのは「投資ではなく不動産経営」として考える事です。

記事を読む

ポートフォリオを使い、快適・明快・便利な資産管理を!

不動産投資を行う際に、土地や現金など投資に利用できる資金を持ち合わせていると利益の増加に繋がります。

記事を読む

中古住宅取引市場を活性させる情報の力

不動産住宅の空き家率の上昇と共に、中古住宅市場の拡大のために宅建業者を中心に、事業者間連携を進める取

記事を読む

本当は保証されていない家賃保証契約

不動産投資への注目が続いているものの、国が中古住宅の流通促進を促しているため、新築の建築は縮小傾向に

記事を読む

理想の資産運用は、リスクコントロールにより生まれる

債券や株式のような金融資産は、国や企業の信頼・業績により価格が変動します。 しかし不動産物件の

記事を読む

人気記事一覧

 
PAGE TOP ↑