ヒューマンパワーのシステム化が、高品質・低価格の不動産投資を実現させる

公開日: : 不動産コラム

Pocket

高い質を持つ建築業界に依頼するためには、建築業界の経営を知る事も一つの手段と言えます。

企業の質を上げる、顧客サービスを増やす、高品質・低価格を実現するために、各企業がどのような取り組みを行っているのか?

ということを知る必要があります。

企業改善を行うために、本来最も重要で手をつけやすいものが「ミスの削減」です。

それも重度なミスではなく、日頃当たり前のように行われる日常的なミス「低度なミス」です。

この「低度なミス」の対応を企業側がどのように行うかが重要となります。

 

顧客獲得を重視したシステム化は、顧客に利益を生み出さない

建築業界の行う業務は、建物を建てると言うだけではありません。

むしろ顧客の趣味、趣向、完成後どのように活用されるか?

さまざまな考慮を行い、専門的知識を提供し、顧客の要望引き出す事も重要です。

相手の希望を上手く聞きだし、正しく反映する事が重要となります。

この面に関しては、あらゆる建築業者が力を入れてIT化を進めています。

営業活動に利用できる図面・立面・外観図などの提供を行うためのシステム構築は何よりも早く手掛けられています。

顧客を得る事が出来なければ業務に繋がらないため重要視されるのは当然といえます。

しかしそれは企業側の思惑であり、顧客の目線は関係がありません。

顧客が知りたいのは「大きな資金を準備し建築を任せる価値のある企業か?」ということです。

それらの顧客満足度を高めるために、建築業界はIT化を進めています。

このIT化の多くは経営者を初めとする役員など日常の建築業務とは遠い人達によってすすめられます。

これにより改善されるのは、巨額な損失を生み出す可能性を無くすためのシステム構築です。

業界の殆どが取り入れているシステムであれば、差別化とはなりません。
不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

■顧客利益は、日常的な改善から生まれる

建築業者を選択する場合に、気を付けるポイントとなるのは「日常的なミス」への取り組みです。

建物の建築には多くの人が関わります。

業種ごとに複数社が関わるだけでなく、一つの工程に複数社関わる事もあります。

作業を行う企業や人の全てに直接指示を出すにも限界があります。

長い期間多くの人が建築業務に関わるのですから、日常的な小さなミスの積み重ねは膨大に膨れ上がります。

このミス自体も問題ですが、連絡が確実に伝達できていれば作業効率も上がります。

「伝達ミスをなくし、作業効率を上げるためのシステム化」が、重要なのです。

現状の「高度なミス」対策を進め終えた住宅業界で、更なる業務効率化・差別化を生み出すには重要なポイント言えるのです。

電話・FAXなどで起こす連絡ミス・確認ミス、これらは発注・作業のミスを生み出します。

簡単に訂正・修正が可能であっても、手直し・出戻り・材料の破棄を引き起こします。

また第三者により指摘を受けるまで気づかなければ、些細なミスも重大なクレームになりかねません。

小さなミスの積み重ねで完成が遅れれば、資金の運用にも影響が出てしまいます。

簡単に修正の効く低度のミスの減少は、それに連動する高度なミスも減少するのです。

 

■まとめ

低度なミスを改善することによって、仕入れミス、作業ミス、手直しを初めとする労働時間の改善、費用削減に繋がります。

建築業界における、多岐業種に渡る企業等の連携、それをまとめる監督、顧客の希望を伝える営業、これらの人々の繋がりがどのように効率化されているのか?

小さなミスも工程・費用に当初から含まれているのではなく、改善努力、システム化の構築を行っている事が重要です。

小さなことにも意識を向ける業者であれば、自然と高品質・低価格で他社との差別化を提供してくれるはずなのです。

関連記事

不動産投資用ワンルームで高いパフォーマンスを得る7つのポイント

不動産投資を行うには、まずは購入するマンションの種類を決める必要があります。 東京都の世帯数は

記事を読む

シェアハウスの成功は「コンセプト」設定にあり!

投資用不動産が増加すると共に、シェアハウスの戸数が全国的に拡大し戸数も20,000戸を超えています。

記事を読む

多忙な人が実行している賢く稼ぐための資産運用とは?

物価高や円安が進むと同じ金額の現金と言っても価値が下がります。 現金の価値が下がると、所持して

記事を読む

今がチャンス! 不動産投資に注目があつまる理由

不動産資産を持つことに注目が集まると同時に、都心部の不動産価格が高騰しています。 不動産物件は

記事を読む

自社オフィスの購入は企業の信頼性Upに繋がる

分譲マンションの営業マンは「家賃を払い続けるよりも、ローンで購入した方が得ですよ」と言うセールストー

記事を読む

中古ワンルームで成功は「長期保有」が大前提

ワンルームマンションに投資が集中する理由には、定期収入・年金・節税・相続対策などさまざまです。

記事を読む

入居率が高い不動産業者の秘密は「情報」「人」にある

少子高齢化・核家族化・都会への人口流入を原因とし、全国的に増加する空き家が問題となっています。

記事を読む

「築浅住宅」VS「築古住宅」購入してお得な物件はどっち?

近年リサイクルショップが急展開を見せています。 必要の無くなった物が必要としている人に安価で手

記事を読む

人気のワンルームマンションへの投資にも危険が沢山?

2030年まで増加する単身世帯への期待もあり、ワンルームマンションは不動産投資の要となっています。

記事を読む

不動産投資のリスクを減らし、利益を生みだす方法

不動産投資を行おうと考えた際に、注意が必要となるのは「投資ではなく不動産経営」として考える事です。

記事を読む

人気記事一覧

 
PAGE TOP ↑