不透明な時代にマンション経営の選択肢を!

公開日: : マンション経営

Pocket

【不透明な時代にマンション経営の選択肢を】

少子高齢化が進み、現在年金を払っている世代が、

「もしかしたら年金を受け取れないのではないか」という不安の中、

自分自身で資産を形成する資産運用の重要性はますます高まっています。

資産運用というと株やFXといったものが真っ先に浮かぶかと思いますが、どちらも経済や世界情勢に大きく左右されるため、

突如として価値が暴落するかもしれないという不安定さは否めません。

そこで比較的リスクが少ないマンション経営に注目が集まっています。

マンション経営というと「潤沢な資産を持った人がやるもの」という

イメージが強いかもしれませんが、現在では一般のサラリーマンや

公務員の方の割合が多くなっています。

サラリーマンがマンション経営を行うことのメリットとしては

以下のようなものがあります。

  1. 将来に備えて資産形成ができる
  2. 税金の還付が受けられる
  3. 安定収入があるので融資を受けやすい
  4. 日常的な管理は管理会社に委託できるため、多忙でも取り組みやすい

サラリーマンは毎月安定した収入を見込めるので、

ローン返済にあたっての信用度は高くなります。

また購入物件による「担保価値」「家賃収入」などの要因が重なり、

サラリーマンは銀行からの融資を受けやすくなっています。

そして管理は管理会社が行ってくれるほか、費用が大きくなる

一棟買いの場合だと、本業の所得税が全額還付されることも多くなるのです。

しかしいざマンション経営を始めようと思っても、マンションの価値の相場価値を形成する要因など、何を基準にマンションを選べばいいのか見当もつかないと思います。

そこでマンションの相場を知ることができるオススメの会員制情報サイトがあるのでご紹介します。

年会費は無料なので、まずは情報収集をしてみたいという方にも

嬉しいサイトとなっています。
住まいサーフィン

【住まいサーフィンでマンションの相場を知ろう】

【住まいサーフィンでできること】

  1. マンションの適正価格を知ることができる
  2. 客観的な評価を知ることができる
  3. ポイントをもらうことも可能

「住まいサーフィン」会員数が20万人を超え、その膨大なビッグデータ

から新築・中古マンションの適正価格を知ることができます。

(新築は3,000棟超、中古は195万戸超)

マンション経営を行うにあたって、

まず知らなければならないのは中古マンションの相場です。

たとえ新築であっても1年経てば中古物件になるので、

中古マンションがどのくらいの価格で流通しているかを知ることは、

これから買うマンションが中古になった際に、

どのくらいで取引されるのかを知る目安になります。

そのためまずは「駅ごとの相場」を、

その後「駅の物件相場」を見ていく、という流れになります。

間取りや地域、日当たりなど条件が似通った物件がどのくらいの価格で

取引されているのかを把握できれば、検討中のマンションを買うべきか

避けるべきかを判断しやすくなります。

またアンケートに答えたり物件評価をすることで、

ポイントをもらうことができます。

ポイントは月に最大5,000ポイントまで貯めることができ、

1ポイント=1円でAmazonギフト券に交換することができるので、

非常に使い勝手がいいものだと言えます。
住まいサーフィン

【申し込み手順】

ここで会員登録の流れを見ておくことにしましょう。

まずはホームページにある「新規会員登録」とう項目から、

メールアドレスもしくはYahoo!やFacebookのアカウントを用意します。

今回はメールアドレスで進めることにします。

メールアドレスを入力できたら、簡単な会員情報を入力していきます。

入力できたら「次へ進む」をクリックします。

続いてマンション経営をするにあたっての方針や購入エリアの希望などを入力していきます。

入力できたら、利用規約をよく読み、「規約に同意し、ご要望登録に進む」をクリックします。

次の画面では、先ほど入力した条件から新着・資産性の高いマンション

提示してくれます。

ここに表示されている物件はすべて無料で資料請求をすることができます。

「沖式儲かる確率」(※)という独自の基準のもとはじき出された数字も

表示されているので、こちらも参考にしながら資料請求をしてみましょう。

(※住まいサーフィンの生みの親、沖有人が開発したロジックによるもの。

サイトでは他に「沖式時価」によって物件の価値を見ることができる。)

気になる物件にチェックをつけたら、

「個人情報の取り扱いに同意し次へ進む」をクリックします。

次の画面で、ここまで入力した内容の最終確認を行います。

特に問題がなければ、「この内容で確定して登録する」をクリックして

登録は完了です。

入力項目自体は少ないですが、要望を選択したり資料請求物件を選ぶことになるので、しっかり考えていると少し時間が必要かもしれません。

ですがここですべて決まるというわけではないので、

ひとまず大まかな内容を入力すれば大丈夫です。

【まずは情報収集からスタートしましょう!】

不安定な時代において、マンション経営の安定性は他の資産運用に比べて

魅力が大きいです。

しかしマンション選びは慎重に行う必要があります。

それは初期コストが大きいからだけではありません。

人に個性があるように、マンションにもそれぞれ個性があるからです。

その特徴を理解するためにも情報は不可欠で、

その情報源として「住まいサーフィン」は最適かと思います。

不透明な将来に向けた資産形成のために、

まずは情報収集から始めてみましょう!
住まいサーフィン

関連記事

記事はありませんでした

人気記事一覧

 
  • 住まいサーフィン

PAGE TOP ↑