社会問題から誕生した、新たな不動産ビジネスのチャンス4選

2017/06/26 | 不動産投資

空家の放置問題の解決に向けた「特別措置法」が施行されたことで年々空家に対して問題意識が高まっています。 空家が問題とされる理由はさまざまです。 ・空家には近づきたくないと考える人の意識と人

マンション購入の決め手となる「安全」「安心」「信頼」の見極め方

マンションの選択方法の基準はさまざまです。 一般的には立地・居住性・デザイン・環境など、マンションそのものの価値で選択するのは当然です。 しかしそれに加えて、人によって作られる価値も本来は

オーナーのサービスが、賃貸物件の価値を高める?

2017/06/25 | 不動産コラム

経済学者であるヴィルフレド・パレートにより発見された経済的法則「パレートの法則」と言うものがあります。 ・売上の8割は、全商品銘柄の2割により生み出される ・売上の8割は、全従業員の2割に

ロマンと豊かな生活を生み出す「ヴィンテージマンション」

都心を中心に不動産投資・マンションブームが到来。 1964年に開催された東京オリンピックを契機に訪れた第1次マンションブームに次ぐ規模の大きいマンションブームといえます。 ブームを受けマン

不動産投資の資金調達 ローンの特徴は日々変化する

2017/06/22 | 不動産投資

不動産投資ブームをもたらした要因には、アベノミクスによる市場回復、マイナス金利、観光客の増加、オリンピック特需などが挙げられます。 それらの恩恵を受け、首都圏を中心にハウスメーカーや不動産業者の

シェアハウスの成功は「コンセプト」設定にあり!

2017/06/21 | 不動産コラム

投資用不動産が増加すると共に、シェアハウスの戸数が全国的に拡大し戸数も20,000戸を超えています。 増加の背景には、シェアハウスが空き室対策として有効と考えられているためです。 かつて空

居住用物件を有効利用するために知っておきたい期間限定賃貸契約

2017/06/20 | 不動産コラム

近年増加傾向にある契約方法に「定期借家契約」というものがあります。 この契約に適応される借地借家法は、賃貸事業を行う際には必要な法律知識です。 賃貸契約に関わる法律は、一般的に借主に優位な

バブル景気を迎えた東京が不動産投資に相応しいとされる理由

2017/06/19 | 不動産投資

アベノミクスで行われた政策「3本の矢」を切掛けに東京を中心に不動産投資が増加しました。 一時は世界第3位まで上りつめ、2016年6月の発表では6位まで落ちたものの未だ高い投資率を保っています。

不動産投資を行うサラリーマンのための資金調達法

2017/06/18 | 不動産投資

生活を豊かにするために、副業を行うサラリーマンが増えています。 どの副業にもメリット・デメリットがあり、何が向いているかは個人により違ってきます。 金銭的なリスクを負う代わりに、時間・体力

ローンの相続は、物件の相続以上に難しい

2017/06/17 | 相続関係

定年退職を迎えた夫婦のセカンドライフにアパート経営を考える人も増えています。 定期的な収入を得ることで、精神的に安定するだけでなく年金だけに頼らない豊かな生活が保障されると考えられるからです。

仲介業者を味方につければ、仲介手数料以上の利益を勝ち取れる!

2017/06/16 | 不動産コラム

投資用不動産物件を購入するとき、気になる費用というと「売買価格」「仲介手数料」「登記料」「取得税」です。 その中でも、仲介手数料は物件紹介だけで、こんなに支払う必要があるのか?と考える人もいるで

不動産賃貸トラブル「家賃滞納」「入居者の行方不明」の対処法

2017/06/16 | 不動産トラブル

投資と名のつくもの全てにリスクがあるように、不動産投資にも多用なリスクがついて回ります。 その中でも最も身近なリスクとされるのが「家賃の滞納」です。 「事情があって数日遅れた」程度の滞納な

長く住みたいマンションを提供 投資用マンション3つの設備ポイント!

2012年のアベノミクスを起爆剤とした不動産市場への影響により、現在も首都圏を中心に不動産投資を増やし続けています。 それらは「人口流入」「単身世帯の増加」を要因とし、東京五輪終了後も続くと言わ

賃貸不動産用の個人投資、計上できる経費の範囲は?

2017/06/13 | 不動産コラム

不動産投資の目的の多くは「定期収入」と「節税」です。 節税には申告を行う不動産所得をいかに少なくするかが重要です。 その際に必要なのは「経費」としてどこまで含めるか?と言う事です。

理想の資産運用は、リスクコントロールにより生まれる

2017/06/12 | 不動産コラム

債券や株式のような金融資産は、国や企業の信頼・業績により価格が変動します。 しかし不動産物件の価格は変化するものの「土地」「建物」と言った現物が消える事はありません。 そのため価格の流動性

  • 住まいサーフィン

  • まだデータがありません。

PAGE TOP ↑