マンションの賃貸経営のコツは、リスク軽減管理にあり

アパートやマンションを賃貸経営目的で所有している人が増えています。かつては富裕層、企業家、資産家により不動産投資としてマンション経営が行われていましたが、現在ではサラリーマンやOLの間でも、不動産投資

所有者を襲う空家問題と相続税問題には、深いかかわりがある

2017/08/06 | 不動産の税金

地方人口の減少・都市部への人口流出、これらと共に空家の増加が進んでいます。 現在の空家率は15%程度ですが、2033年には30%程度まで増加すると予測されます。 このように増加し続ける空家

マンション経営の成功には、質の高いマンション管理と出口戦略が重要

賃貸マンションの経営において、1棟マンションならではの重要となる要素があります。それは管理の品質です。管理のクオリティによって入居率や収益、資産価値、大規模修繕にかかる費用まで多くの影響を及ぼします。

投資用マンションの民泊活用!女性好みの改装しよう!

日本における人口減少が問題となっている中、現在は単身世帯の増加による世帯数増加によりマンションやアパートの空室問題は、深刻なレベルまでには至っていません。 今後、世帯数の増加が反転した時を見据え

1棟所有マンションの収益性が高い理由

将来的な収益増を狙って参入する投資には、株やFXのように「短期で大きな利益を得る」または「大きな損失を受ける」というギャンブル性の高いものだけでなく、利益は少ないものの安定して収入を長期にわたり得られ

入居率を決定づける「家賃相場」の設定方法

賃貸マンション経営において「立地」「建物」「設備」「管理」などから安定した入居率を得られる物件を選ぶことの他に「家賃相場」が重要となります。賃貸マンションにおける収益性は、一般的に利回り(年間家賃総額

賃貸マンション経営者の失敗に見られる法則

マンション・アパートを1棟単位で賃貸経営するということは、区分所有では得られない大きな利益を得ることができますが、大きなリスクを負うことになります。このリスクという落とし穴を回避するためには、信用でき

賃貸マンション経営を成功させるパートナーの存在とは?

賃貸マンション経営において、マンション選びと共に重要なのは、パートナーとなる管理業者の選び方です。特に1棟所有経営であれば、管理する範囲も広くなるため、区分所有マンションと比べ管理業者から受ける影響が

不動産投資だけが「副業」として認められる理由とは?

日本にある多くの企業では、副業が認められていません。 その理由には「本業に支障が出る」「企業に損失を及ぼす可能性」「情報漏えい」などが上げられています。しかし日本国憲法第22条「職業選択の自由」

賃貸マンションの経営戦略に不可欠な人口動態とは?

賃貸マンション経営を行う際に、知っておきたい知識にある「人口動態・静態」をご存知でしょうか?年間の出生、死亡、流入、流出、婚姻、離婚などの人口変動に関する統計を人口動態統計と呼びます。 また、特

賃貸マンションを購入失敗しないために、注目したい必要経費

賃貸用マンションを購入する際に、いくらで貸せるかの家賃価格も重要ですが、諸費用・税金も重要となります。賃貸マンション経営を行う際に重要となる利回り(物件購入額における年間収益)には2種類あります。

賃貸マンション経営の敵「家賃滞納」への予防と対策

マンション経営を行うオーナー全ての人が悩む内容に「空室」「家賃滞納」があります。 家賃回収は、賃貸管理会社に任せる事も多いため、これら両方を語る事は少なく、一般的には空室問題にのみ重点が置かれる

防犯対策から生まれるマンションの付加価値

住まいを決める際に、好ましいとされる「立地」「浅い築年数」は汎用性の高いアピールとして重要視されます。 汎用性の高い条件が満たされない場合であっても、コダワリの強い少数派をターゲットとすることで

難易度が高い中古マンションの入居率をためるアピール法

投資用マンションを購入するときに最も重要視されるのは、高利回りです。 投資用物件として宣伝広告される場合には「利回り=年間収益÷物件価格×100」で算出されます。 この利回りが高いほど利益

中古マンションが今後マンション市場の主流になる理由

かつての日本では、結婚をして子供を得て庭付きの一戸建てを手に入れるのがステータスでもあり、大きな幸福とされていました。 経済の退行・女性の社会進出・核家族化・少子高齢化などを経て、住まいのあり方

PAGE TOP ↑