不動産投資用ワンルームで高いパフォーマンスを得る7つのポイント

公開日: : 不動産コラム

Pocket

不動産投資を行うには、まずは購入するマンションの種類を決める必要があります。

東京都の世帯数は、細分化が進み世帯数が増加すると予測されています。

高齢化による配偶者との死別、結婚に踏み切れない人達により一人暮らしが増加しているのです。

東京都の単独世帯は2035年までに全体の半数近くにまで及ぶと予測されているのです。

そのため投資用マンションにワンルームを選択すると言う人が少なくはないのです。
不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

 

1.共用部分の雰囲気とセキュリティ

マンションに入り最初に目にするのはマンションの顔とも言えるエントランスです。

目にした瞬間の雰囲気が良いと、そこでの生活を想像した際の安心感に繋がります。

チェックするポイントは、床・壁・天井、日頃の管理具合も良い印象を作るために重要です。

その他にも入退去時の鍵の扱い、オートロック物件など、セキュリティの面もチェックしておくと良いでしょう。

宅配ボックスを完備しているなどの細かな配慮がなされているマンションはポイントが高いと言えます。

2.バイク置き場

他のマンションと差をつける際のポイントとして、バイク置き場も重要です。

都会の単身世帯ではバイクを利用している人も多く、高いニーズがあります。

駐輪場は条例により設置が義務づけられていますが、バイク置き場はオーナーの配慮次第と言えます。

そのため、バイク置き場のある物件は限られているのです。

3.共用廊下

共用部分である廊下がキレイに清掃され、印象が良い場合、入居者の高いモラルを感じることが出来ます。

反面、空気がこもり壁・床が汚れ私物が廊下に積まれている場合は、管理の難易度が高いと言えます。

4.玄関

玄関はセキュリティ的にも重要なポイントと言えます。

・玄関がダブルロックである

・テレビドアフォンの有無

・下足入れ、傘立てがある

オートロックがある事で、セキュリティ的に安全と考える人もいます。

しかし、ワンルームでは鍵の持ち忘れによる締め出しも考えられ、一長一短と言えます。

オートロックは、入居者層を考えて有無をチェックすると良いです。

5.室内の形

ワンルームは一般的には面積が狭く、最低限の生活スペースと言えます。

部屋を有効利用するためには部屋の形も重要となります。

斜めの壁はオシャレに感じるものの、生活空間としては苦労を避ける事ができません。

そのため、部屋はスッキリとした形・間取りを選択するのが一般的です。

バス・トイレ・洗面所・脱衣所の空間はどうなっているのか?

洗濯機、冷蔵庫の設置スペースはどう考えられているか?

バス・トイレ・洗濯機以外の設置に関しては、考えられていない場合が多いです。

使い勝手の悪い部屋と言うものは、居住者が長く居住する事を考えられていないと言えます。

人の出入りが多くなると、その分空室の期間も多くなるため注意が必要となります。

6.収納スペース多いほど良い

室内で注目したいのは、収納スペースです。

ワンルームマンションでは、収納スペースは基本的に足りていません。

そのため、収納スペースが広い物件は使いやすい物件として高い評価を得る事ができます。

7.バルコニーの有無

ワンルームの専有部分は、生活するにあたって最低限の広さと言う場合が多いです。

室内の広さが他のワンルームマンションと変わらない場合に、比較として重要視されるのがバルコニーです。

バルコニーがあれば、洗濯物を干す、生ごみを置く、植物を育てるなどと有効的に利用できます。

 

まとめ

ワンルームでは、単身者の生活をいかに補助できるか?が重要となります。

上記の条件に合わない場合は、条件が満たない部分の値引きを行い対応すると良いでしょう。

改修を前提にすることで、入居者のターゲットを絞りこむこともできます。

学生・高齢者・男性・女性、ターゲットを絞った工夫をすることで、高いパフォーマンスを得る事が期待できます。

関連記事

少額からの不動産投資「J-REIT」とは?

サラリーマンの副職が増えています。 サラリーマンの副職は、生活の困窮を原因とせず、生活を豊かに

記事を読む

人気のワンルームマンションへの投資にも危険が沢山?

2030年まで増加する単身世帯への期待もあり、ワンルームマンションは不動産投資の要となっています。

記事を読む

不動産投資信託(REIT)で勝利をつかむためのタイミングとは?

オリンピック特需や金融のマイナス金利など、さまざまな要因から不動産投資に注目が集まっています。

記事を読む

不動産投資で利益を生むための3つの流れ

不動産投資は「購入」「経営」「売却」の流れを得て利益を得ます。 不動産投資が他の商売と

記事を読む

ペット共存賃貸マンションで差別化を狙え

不動産投資ブームの中入居率が高いと呼ばれる都会でも、建設が増加し続ければ入居率も下がる事が予測されま

記事を読む

シェアハウスの成功は「コンセプト」設定にあり!

投資用不動産が増加すると共に、シェアハウスの戸数が全国的に拡大し戸数も20,000戸を超えています。

記事を読む

入居率が高い不動産業者の秘密は「情報」「人」にある

少子高齢化・核家族化・都会への人口流入を原因とし、全国的に増加する空き家が問題となっています。

記事を読む

不動産投資のリスクを減らし、利益を生みだす方法

不動産投資を行おうと考えた際に、注意が必要となるのは「投資ではなく不動産経営」として考える事です。

記事を読む

「築浅住宅」VS「築古住宅」購入してお得な物件はどっち?

近年リサイクルショップが急展開を見せています。 必要の無くなった物が必要としている人に安価で手

記事を読む

本当は保証されていない家賃保証契約

不動産投資への注目が続いているものの、国が中古住宅の流通促進を促しているため、新築の建築は縮小傾向に

記事を読む

人気記事一覧

 
PAGE TOP ↑