マンションの資産価値は、管理会社で変化する

公開日: : 不動産コラム

Pocket

分譲マンションなどの集合住宅を購入した場合、共用部分に関してはマンションの全所有者で維持・管理を行う義務が発生します。

その義務を果たすため管理規約に基づき、管理組合はマンションの所有者の中から規模に応じた人数を理事として選出し組合運営を行います。

しかし近年この維持・管理を外部の管理会社に委託する事が一般的となっています。

それにより所有者の殆どが、自分の住むマンションの管理に関わる事が少なくなってきているのです。

 

■管理する事でマンションの資産価値は上がる

マンションの管理・維持は、快適な日常生活を送るためにも重要なポイントとなります。

また、管理の頻度・方法によっては、マンションの資産価値を左右する重要な要素と言えるのです。

このようにマンション管理のために必要な業務はとても多く、片手間に行えばマンションの質は直ぐに悪化してしまいます。

そのため、専門の管理業者に依頼するのです。

しかし、管理会社が清掃業務のみを行えばよい程度の考えでは、すぐにマンションは劣化してしまいます。

マンションを「綺麗」「安全」「安心」に保つ行為は、マンション住人全体の意識も高くするためにとても重要と言えるのです。

 

■管理会社の選択基準

マンション住民により管理組合が設置されている状態で、管理を管理会社に変更する場合は「なぜ管理会社に任せたいのか?」を明確にする必要があります。

任せたい理由によって業務内容が変化する事はありません。

しかし「不足している部分がある」「不満がある」そこを解消する事にポイントを置いて管理会社を選ぶことで、相応しい管理会社を選ぶことができるのです。

 

複数の管理会社に見積もり依頼を行う事が、最適な管理を任せるために重要なポイントとなります。

見積金額と提案内容を比較し、数社を絞りこんだ状態で管理内容の説明を求めます。

見積金額と提案内容で重要なのは、金額だけを重要視せず質の良い管理内容を提案している事が大切です。

管理費は安いが管理作業が適当では、マンションの売却を決定した際に十分な資産価値を認められず、最終的に損をしてしまうからです。

また、既に管理会社に任せている場合は、管理会社の管理が十分であるかをチェックする必要があります。
不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

〇良いフロントマンとは?

管理会社のサービスの品質は、現場担当者であるフロントマンの能力に左右されます。

マンションの維持・管理のためにも、フロントマンの業務内容をチェックする必要があります。

 

・社内に「管理業務主任者」の資格者が何名いるか?

80%以上が管理業務に対し意識の高い業者と言えます。

 

・現場担当者の経験年数が十分であるか?

十分でない場合は、シッカリとした教育・補助体制が出来ているかどうか?

いくらチェックをしても、異常に気付かなければ意味がありません。

経験を活かせる担当であることは、資格を持つ以上に重要なポイントといえます。

 

・1人の担当者で何件のマンションを管理しているのか?

少なすぎる場合は、管理を任せる企業として不安です。

多すぎても十分な管理を期待できないため、1人10~15件を目安としてください。

 

・担当者が、月に何度巡回し、巡回時にはどのようなチェックを行うか?

最低でも月1、月2以上であれば高評価といえます。

 

・マンションの維持・管理のための報告、連絡、相談が行えるか?

管理組合の希望を十分に理解し、不安に耳を傾けてくれるか?

フロントマンの働きが十分でなく日常生活の中で、共用部分が綺麗に保たれていない。

共用部分の照明等が切れているなど不自由を感じたなら、管理組合を通し管理会社に申し入れる必要があります。

管理員の変更や管理の向上が無い場合は、管理会社の質そのものに問題があると言えます。

 

■まとめ

専門の管理会社に任せたことで、信頼を寄せても大丈夫と安心しきってはいけません。

どんなに熟練の管理会社と言っても、長く管理を行えば作業として適当になることもあります。

十分に仕事をしているかどうか?それはマンションを所持する人の資産価値に大きく影響するのですから、プロに任せたから大丈夫で終わることなく積極的に管理に関わっていくことが大切なのです。

関連記事

猫と暮らせる賃貸住宅はビジネス拡大のチャンス?

賃貸住宅の入居率を上げるために「ペット可賃貸」「ペット共存型賃貸」などペットを意識した賃貸住宅が増加

記事を読む

好調が続く都心部のタワーマンション市場は低層階がお得?

首都圏を中心としたタワーマンションの新築販売が続いています。 消費税増税も先延ばしとなり駆け込

記事を読む

投資用のワンルームマンションは新築よりも中古に限る

ワンルームマンションへの投資が増え続けたなか、規制や条例の強化も行われています。 それにより東

記事を読む

ロマンと豊かな生活を生み出す「ヴィンテージマンション」

都心を中心に不動産投資・マンションブームが到来。 1964年に開催された東京オリンピックを契機

記事を読む

区分所有物件は、不動産投資で稼ぐための最高の教材

マンションやオフィスビルなど、建物の中に独立した住居や店舗・事務所が複数存在します。 独立した

記事を読む

不動産投資信託(REIT)で勝利をつかむためのタイミングとは?

オリンピック特需や金融のマイナス金利など、さまざまな要因から不動産投資に注目が集まっています。

記事を読む

「競売物件」で割安仕入れはリスクも多い

不動産投資を成功させる鍵には「物件の購入価格」があります。 賃貸に利用するにしても、中古を改装

記事を読む

仲介業者を味方につければ、仲介手数料以上の利益を勝ち取れる!

投資用不動産物件を購入するとき、気になる費用というと「売買価格」「仲介手数料」「登記料」「取得税」で

記事を読む

「築浅住宅」VS「築古住宅」購入してお得な物件はどっち?

近年リサイクルショップが急展開を見せています。 必要の無くなった物が必要としている人に安価で手

記事を読む

副業として不動産投資が魅力な理由は「損益通算」にあり!

副業を持つサラリーマンが増えています。 その理由の中には、生活を豊かにするためと言うものが多い

記事を読む

人気記事一覧

 
PAGE TOP ↑