「 | マンション投資 | 」 一覧

ロマンと豊かな生活を生み出す「ヴィンテージマンション」

都心を中心に不動産投資・マンションブームが到来。 1964年に開催された東京オリンピックを契機に訪れた第1次マンションブームに次ぐ規模の大きいマンションブームといえます。 ブームを受けマン

続きを見る

長く住みたいマンションを提供 投資用マンション3つの設備ポイント!

2012年のアベノミクスを起爆剤とした不動産市場への影響により、現在も首都圏を中心に不動産投資を増やし続けています。 それらは「人口流入」「単身世帯の増加」を要因とし、東京五輪終了後も続くと言わ

続きを見る

タワーマンションの「節税効果」と「相続税対策の危険性」

税制改正により相続税の課税が強化されました。 資産を相続する際には不動産であるなら、土地の場合時価の80%程度、建物の場合時価の40~80%となります。 その結果、資産は現金・預金・債券・

続きを見る

好調が続く都心部のタワーマンション市場は低層階がお得?

首都圏を中心としたタワーマンションの新築販売が続いています。 消費税増税も先延ばしとなり駆け込み需要はないものの、緩やかながらも好調が続いています。 住宅ローンの低金利・海外投資家の需要が

続きを見る

ペット共存賃貸マンションで差別化を狙え

不動産投資ブームの中入居率が高いと呼ばれる都会でも、建設が増加し続ければ入居率も下がる事が予測されます。 現在十分な入居率を保っているマンションであっても、今後さまざまな工夫が必要となってくるで

続きを見る

投資用のワンルームマンションは新築よりも中古に限る

ワンルームマンションへの投資が増え続けたなか、規制や条例の強化も行われています。 それにより東京23区では開発業者によるワンルームマンションの開発・供給は減少傾向を迎えました。 しかし東京

続きを見る

人気のワンルームマンションへの投資にも危険が沢山?

2030年まで増加する単身世帯への期待もあり、ワンルームマンションは不動産投資の要となっています。 新築でワンルームマンションを建設する場合、自己資金ゼロプランなどの融資プランもあります。

続きを見る

不動産投資用ワンルームで高いパフォーマンスを得る7つのポイント

不動産投資を行うには、まずは購入するマンションの種類を決める必要があります。 東京都の世帯数は、細分化が進み世帯数が増加すると予測されています。 高齢化による配偶者との死別、結婚に踏み切れ

続きを見る

マンションの資産価値は、管理会社で変化する

分譲マンションなどの集合住宅を購入した場合、共用部分に関してはマンションの全所有者で維持・管理を行う義務が発生します。 その義務を果たすため管理規約に基づき、管理組合はマンションの所有者

続きを見る

PAGE TOP ↑