「 | マンション投資 | 」 一覧

民泊ビジネスブーム到来と共に増えるマンションリフォーム

一般の住宅を旅行者に貸し出す民泊ビジネスが2018年1月に全国で解禁予定となっています。解禁に伴い民泊管理を行う専門業者は、近隣トラブルの対策におけるルール作りに試行錯誤している状態です。管理会社が民

続きを見る

賃貸マンション経営を始める前に知っておきたい確定申告の基礎知識

賃貸マンション経営を始めるなら、所得が発生するのですから確定申告は必要不可欠です。個人経営者などの事業主でなく、サラリーマンなどの副業であっても給与以外に年間20万円以上の所得があるなら、確定申告が必

続きを見る

公務員は、賃貸マンション経営を副業に選べるのか?

副業に専念することで、本業を疎かにする危険性があることから副業を禁止する民間企業は多いです。では公務員による副業はどうか考えたことはありませんか? 国家公務員(私企業からの隔離) 国家公務員は、営

続きを見る

マンションの大規模修繕、費用を抑え効果を高めるための方法

マンションの入居率を維持するためには、入居者から見て「住んでみたい」と考えさせることが大切です。住んでみたいと考えさせる要因の一つには美しい外観も一つの要素です。しかし、屋根や外壁は常に寒暖の気温差、

続きを見る

変化するマンションオーナーのビジネス手段

マンションの空室増加・家賃相場お低下に伴い、十分な収益を確保できなくなったオーナー達の対策として、賃貸マンション経営からのビジネス変更という人も少なくありません。 民泊ビジネスには、2種類の経営

続きを見る

マンションの空室を利用した民泊ビジネスの「ウリ」

不動産ビジネスとして新たな展開を見せている民泊事業も、顧客が他にないからという気持ちで宿泊先に選ばれる程度では、観光シーズン以外の客は期待することができません。ビジネスとして成功させるためには顧客に「

続きを見る

収益に影響を与える区分所有マンションのランニングコスト

賃貸マンション経営に必要な月々のランニングコストは2種類あり、固定費・流動費に分けられます。どちらも収益に大きく影響を与えるため賃貸マンション経営を行う際には注意を払う必要があります。例え、購入を考え

続きを見る

今後の賃貸マンションの入居率には、外国人を無視できない

日本の人口減少を受け、東京都では地域からの人口流入を促すための政策に重ねて外国人流入を促進するための政策を導入しています。東京オリンピックの建設促進をするための建設労働者の募集、高齢者の増加に伴う看護

続きを見る

マンションの賃貸経営と異なる民泊管理とランニングコスト

不動産投資の新しいビジネスモデルとして注目を浴びている民泊は、人口の集中する東京だけでなく観光施設のある地であればどこでも顧客が見込めるというメリットがあるため、幅広い地域でビジネス展開が可能というメ

続きを見る

単身用マンションで重要視されるポイントとは?

全国宅地建物取引業協会連合会で毎年実施されている「一人暮らしに関する意識調査」の2017年度調査結果では、2015、2016年と比較した際に、所得格差の広がりが感じられる結果となりました。 調査

続きを見る

マンションの資産価値を維持するために必要な5項目

不動産投資というと、賃貸マンションを購入し長期計画のもと家賃収入を得ることを目標とする人が殆どと考えられます。 しかし現在、高い入居率を保つ地域(東京都を中心とする首都圏・大阪市)のマンションは

続きを見る

民泊新制度の定義と民泊ビジネスのあり方

民泊の必要性にかられ厚生労働省から「民泊サービス」の制度の在り方が公表されました。 公表された中で最も重要とされるのが、既存の「旅館業法」「賃貸業法」から新たな枠組みを準備することと、日本の観光

続きを見る

民泊ビジネスを成功に導くために大切なこと

オリンピックを前に外国人観光客を誘致が増え、Airbnbを利用した民泊利用が増加しています。それと共に一般的な居住用賃貸マンションより収益率が高い、民泊に対して興味が集まっています。 民泊がビジ

続きを見る

オーナーの積極経営による経費をかけないマンション空室対策

賃貸マンション経営では管理の全てを管理会社に任せ、オーナーは「家賃が通帳に振り込まれて来るのを確認すればよい」という状況が一般的でした。不動産投資の参入者増加と共に賃貸経営の差別化が必要となったのです

続きを見る

マンション経営の関門「ローン審査」をクリアするために必要な条件

不動産投資用に賃貸用マンションを購入するとき「大きく稼ごう」「人気の物件」を、と考えたると、マンション購入資金として大きな金銭が必要となります。 そのような大きな資金を持っている人は少なく、ほと

続きを見る

PAGE TOP ↑