「 | マンション投資 | 」 一覧

デザイナーズマンションは投資効果を高めるのか?

賃貸マンション経営をはじめようと考えたなら、まずは収益を生み出すマンションを購入する必要があります。どのようなマンションを購入することができるのか?と考えたときに多くの人は、ポータルサイトを利用して情

続きを見る

賃貸マンション経営がサラリーマンに相応しい3つのポイント

年、本業を持ちながらも、副業としてマンション経営を行うサラリーマンオーナーが増加しています。増加の理由は賃貸マンション経営が、本業に忙しいサラリーマンにとって有利となる面を多く持つためです。 &

続きを見る

マンション管理を任せるなら? 知っておきたい管理業者の基礎知識

賃貸経営用にマンションを所有しているオーナーにとって、所有マンションの資産価値を決定するのは管理業者の良し悪しといっても過言ではありません。そのため管理業者の選択はオーナーにとってとても重要となります

続きを見る

新築マンション購入、売買契約で失敗しないための契約術

近年は不動産投資にもさまざまな種類が増え、同時に不動産投資参入者も増加しています。そんな中、投資用に新築マンションを選んで購入する人は少なくありません。投資用と設定されたマンションは、投資に必要な要素

続きを見る

マンションの民泊活用、清掃業者の選び方が差別化に繋がる?

投資用に購入したマンションを民泊として活用する方法が、不動産投資の一つとして取り入れる人が増えています。外国人観光客が増加する中で、民泊経営の可能性は幅広いもののやはり他との差別化は重要です。そのため

続きを見る

サラリーマンに優位な賃貸マンション経営への参入を考えてみよう!

株やFXなどの金融投資と比較してサラリーマン向けの資産形成方法と言われるのが不動産投資です。そのため「賃貸マンション経営」を行うサラリーマンが増加しています。不動産投資は経営開始までに必要となる費用は

続きを見る

OLが求める家賃が高くても住みたいマンション

高校、大学を卒業し初めての一人暮らし。希望にあふれる新社会人・大学デビューを迎えるにあたって住みたい理想のマンションというと「便利」「キレイ」「防犯対策が整っている」マンションと考えられています。

続きを見る

不動産投資と住まいの併用は、利益を与えてくれるのか?

賃貸経営と自己居住用物件これらを同時に所有することができるのが、賃貸併用住宅です。毎月家賃収入を得ることでローン返済の負担を軽減するできるため、自宅ローン返済の難易度が下がると注目を集めています。

続きを見る

サラリーマンに最適な賃貸マンション経営で不労所得を得よう

近年、不動産投資に参入した人の多くは、サラリーマンで本業を持つ人が多く、働きながらマンション経営を行っています。マンション経営を副業に持つサラリーマンには20代前半から50代まで幅広く、既に人生設計を

続きを見る

資産価値の維持につながる!今人気のデザイナーズマンション

デザイナーズマンションへのイメージは、建築家による工夫豊かなデザインを取り入れたマンションというイメージを持っている人が多いです。これは、「大改造!!劇的ビフォーアフター」と呼ばれる番組の影響が大きい

続きを見る

「古いが安い」「新しいが高い」どちらが有利? マンション需要の重要性

住まいを選ぶ基準には「交通利便」「周辺の環境」「間取り」「設備」「階数」「外観」「家賃」など色々ありますが、全て理想通りになるとはだれも思っていないものです。さまざまな条件の中で、入居希望者は優先順位

続きを見る

区分所有、1棟所有、賃貸マンション経営するならどちらがトク?

賃貸マンションの経営方法には「一棟所有」と「区分所有」の2つがあります。区分所有とはマンションやアパートの1部屋・1区分ごとに所有するのに対し、1棟所有は建物まるごとを所有し経営を行います。 い

続きを見る

資産価値を左右するビジネス向け不動産用地とは?

賃貸経営を行う際に「場所」や「建物」自体には注意を向けるものの、土地そのものの特徴・性質・リスクを理解し購入することは余りありません。しかし土地には土地特有のリスクが潜んでいるのです。特に建替えが必要

続きを見る

民泊ビジネスブーム到来と共に増えるマンションリフォーム

一般の住宅を旅行者に貸し出す民泊ビジネスが2018年1月に全国で解禁予定となっています。解禁に伴い民泊管理を行う専門業者は、近隣トラブルの対策におけるルール作りに試行錯誤している状態です。管理会社が民

続きを見る

賃貸マンション経営を始める前に知っておきたい確定申告の基礎知識

賃貸マンション経営を始めるなら、所得が発生するのですから確定申告は必要不可欠です。個人経営者などの事業主でなく、サラリーマンなどの副業であっても給与以外に年間20万円以上の所得があるなら、確定申告が必

続きを見る

  • 住まいサーフィン

PAGE TOP ↑